テンダー・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

テンダー・グリーン』は、1985年9月20から11月5日[1][2](新人公演:10月15日[3])に宝塚大劇場東京宝塚劇場公演はない)で上演された舞台作品である。宝塚歌劇団花組[1][2]公演。

形式名は「ミュージカル・プレイ[1][2]」。13場[1][2]。併演作品は『アンドロジェニー』-麗しき乙女たち-[1][2]

正塚晴彦(作・演出を担当)の宝塚大劇場デビュー作となった[2]

主題歌「心の翼」が今も歌劇団のイベントなどで歌い継がれている[2]

ストーリー[編集]

※宝塚歌劇100年史の宝塚大劇場公演[2]を参考にした。

数100年後の地球、戦闘要員として感情を極力抑制するように訓練された新人類のソーンは、森に不時着して大怪我を負う。彼を助けてくれた青年カイトとその妹のメイらは、約200年前に都市文明を捨て、森に移住。人間らしい素朴な暮らしを営んできた一族であった。未来社会に生きる若者が、見知らぬ森に迷い込み、そこで住む人間性豊かな人々によって愛の尊さを知る物語。

スタッフ[編集]

  • 作・演出:正塚晴彦[1]
  • 作曲・編曲:寺田瀧雄[1]高橋城[1]
  • 音楽指揮:野村陽児[1]
  • 振付:司このみ[1]
  • 装置:大橋泰弘[1]
  • 衣装:任田幾英[1]
  • 照明:勝柴次朗[1]
  • 小道具:榎本満春[1]
  • 効果:林康彦[1]
  • 音響監督:松永浩志[1]
  • 演出助手:谷正純[1]
  • 舞台進行:馬場弘和[1]
  • 制作:田中拓助[1]

主な配役[編集]

※「()」は新人公演。不明点は省略。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae 80年史 1994, p. 312.
  2. ^ a b c d e f g h 100年史(舞台) 2014, p. 157.
  3. ^ a b c d e f g h i 80年史 1994, p. 314.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英 『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』 宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 編集:山本久美子・西村房代・須藤晃代、編集補助:松岡幸子・浜田聖子・松本恵美・加藤貴子、編集協力:坂島和歌子・松川咲絵・浜本ひろ美・浅野千佳子・川口桂、執筆:三宅顕人(小林一三、ならびに劇場解説)、監修・著作権者:小林公一 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。