テ・キエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

テ・キエロ』は宝塚歌劇団ミュージカル作品。

花組 宝塚大劇場公演[編集]

正式名称はミュージカル・コメディ『テ・キエロ』-君を愛す-[1]。20場[1]

公演期間は1969年4月26日から5月29日まで[1]。新人公演は5月10日[2]

原作ベナベンテ「Los Interess Creados」より[1]

併演は『鐘つき与七』[1]

ストーリー[編集]

詐欺師のベルナルドとピサロは名家の若者と従者に紛れてひと稼ぎしようと目論んでいた。成金の娘・シルビアがベルナルドに一目惚れしたのを利用するつもりが、いつしか本当の恋になる。素性を知ってもシルビアの気持ちは揺らぐことなく、二人は駆け落ちする。

出典:『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』[3]

スタッフ[編集]

主な出演者[編集]

本公演(配役も含む)

新人公演

花組 東京宝塚劇場公演[編集]

主なスタッフに白井鐡造[4]がいる。

公演期間は1969年11月2日から11月26日まで[4]。新人公演は11月14日[5]

併演は『愛の交響曲[4]』。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.78(宝塚歌劇団)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.79(宝塚歌劇団)
  3. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』p.133(阪急コミュニケーションズ)
  4. ^ a b c 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』p.280(宝塚歌劇団)
  5. ^ 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.85(宝塚歌劇団)

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』(宝塚歌劇団)
  • 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』(宝塚歌劇団)
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。