ディアダニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ディアダニエル
DEAR DANIEL
名称 ディアダニエル
英語名称 DEAR DANIEL
モチーフ ネコ
発売年 1993年
デザイナー 山口裕子
キャラクター大賞順位 3位(第17回)[1]
愛称 ダニエル
関連キャラクター ハローキティ
出演 サンリオピューロランド
誕生日 5月3日
公式サイト ディアダニエルプロフィール
テンプレートを表示

ディアダニエル(:Dear Daniel)は、株式会社サンリオでデザインされたキャラクターグッズキャラクター群。

概要[編集]

1993年に開発されたキティの幼少期という設定のシリーズ「ベビーキティシリーズ」で、赤ちゃんの姿で初登場[2]

1999年ハローキティ(キティ・ホワイト)のボーイフレンドとして[3]、成長した姿が登場した。公式にはキャラクター開発年は1999年となっている[4][5]

デザイナーは、3代目ハローキティデザイナーの山口裕子である[6]

ダニエルという名は、『小さな恋のメロディ』の主人公の名前に由来する[7]

通称「ダニエル君[要出典]

キャラクター[編集]

ダニエル・スター(Daniel Star)

  • 誕生日は5月3日。ロンドン出身[8]。キティにそっくりな外見で、キティとミミィ(キティの妹)と同い年である男の子[9]。立った前髪がトレードマーク。性格はセンチメンタルでナイーブ[4]。パパのカメラマンの仕事の関係でアフリカや世界を回っていた。趣味は動物の写真を撮ること[9]。特技はダンスとピアノ[10]。好きなものはチーズケーキとヨーグルト[4]。将来の夢はカメラマン芸能人[8]。家族構成は父、母、弟の4人家族だが[9]、現時点ではダニエルの家族の公式イラストやプロフィールは存在しない。

ダニエルの声優[編集]

ダニエルの声は、作曲家のたかはしごうが演じている。

楽曲[編集]

  • 1999年11月12日サンリオピューロランドで枚数限定で販売された8cmCD「SANRIO PUROLAND ORIGINAL CD Vol.3 ロマンティック・クリスマス」に収録された「ホワイト・エンジェル」で、キティとダニエルがデュエット。これがダニエルの初CDである[11]
  • 一般のCDショップに流通するCDとしての初シングルは、2002年6月12日BMG JAPANから発売されたマキシシングル「恋しちゃいなタウン/もう泣かないよ」で、キティとダニエルがデュエットしている。

サンリオキャラクター大賞の順位[編集]

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」では第17回(2002年)の3位[1]が歴代最高である。 2013年サンリオキャラクター大賞20位[12]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「10位以内ならキティにプロポーズする」と宣言していたが[13]、ランクインを逃したため叶わなかった。

2020年は、コロナ関連によるサンリオショップの臨時休業が相次ぎ、思うようにサンリオショップ店頭からの投票(チップde投票)が出来なかったため、サンリオキャラクター大賞終了後の6月12日から30日にかけて、スピンアウト企画の 「チップde投票リターンズ」がサンリオショップ各店舗で開催され[14]、サンリオショップのひとつのハーモニーランドにおいての結果は「ディアダニエル」は14位であった[15](この回の票は、公式にはサンリオキャラクター大賞本戦の結果には反映されない)。

  • 2020年サンリオキャラクター大賞27位(いちご新聞ランキング14位[16])。
  • 2019年サンリオキャラクター大賞26位(いちご新聞ランキング8位[17])。
  • 2018年サンリオキャラクター大賞34位(いちご新聞ランキング11位[18])。
  • 2017年サンリオキャラクター大賞26位(いちご新聞ランキング12位[19])。
  • 2016年サンリオキャラクター大賞34位(いちご新聞ランキング16位[20]) / なでる投票29位[21]
  • 2015年サンリオキャラクター大賞31位(いちご新聞ランキング21位[22])。
  • 2014年サンリオキャラクター大賞20位圏外[23](Bグループ8位[注釈 1]、いちご新聞ランキング24位[25])。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞20位。
  • 2012年サンリオキャラクター大賞20位[26]
  • 2011年サンリオキャラクター大賞 - 出場なし[27]
  • 2010年サンリオキャラクター大賞20位圏外[28]
  • 2009年サンリオキャラクター大賞9位[1]
  • 2008年サンリオキャラクター大賞10位圏外。
  • 2007年サンリオキャラクター大賞10位圏外。
  • 2006年サンリオキャラクター大賞7位。
  • 2005年サンリオキャラクター大賞6位。
  • 2004年サンリオキャラクター大賞5位。
  • 2003年サンリオキャラクター大賞6位。
  • 2002年サンリオキャラクター大賞3位。
  • 2001年サンリオキャラクター大賞4位。
  • 2000年サンリオキャラクター大賞4位。
  • 1999年サンリオキャラクター大賞5位[1]

その他[編集]

Miracle Gift Parade
  • 現在のところ、『いちご新聞』で未だに表紙を大きく飾ったことはない[29]
  • サンリオピューロランドのライブショーや舞台作品にライブキャラクター(着ぐるみ)として出演しており、2020年現在も主に「Miracle Gift Parade」や「KAWAII KABUKI 〜ハローキティ一座の桃太郎〜」に出演している。また、当園のキャラクターグリーティングにも不定期に登場する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この回は全100種のキャラクターをA〜Eグループの5グループに分けて1stステージ(予選)が行われ、各グループの上位4種、全20種のキャラクターからファイナルステージ(決戦)が行われ順位が決定されたため、21位以下が存在しない。「ディアダニエル」はBグループ(1stステージ8位、1stステージ敗退)にノミネートしていた[24]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  2. ^ HELLO KITTY スイート・メモリアルALBUM 1990”. サンリオ (2000年). 2001年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月13日閲覧。
  3. ^ 小学館『ディア ダニエル』 - コトバンク
  4. ^ a b c SANRIO MEMORIES184頁。
  5. ^ 『サンリオキャラクター大図鑑』株式会社ポプラ社、2010年11月、13頁。ISBN 978-4-591-12108-5。
  6. ^ ハローキティアート展 関連イベント&ワークショップ”. 愛媛県歴史文化博物館. 2016年9月7日閲覧。
  7. ^ 山口裕子『キティの涙』集英社、2009年、p.168。ISBN 978-4-087-80544-4
  8. ^ a b 『サンリオキャラクター大図鑑』株式会社ポプラ社、2010年11月、111頁。ISBN 978-4-591-12108-5。
  9. ^ a b c ディア ダニエル”. サンリオ (1998年). 2000年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月21日閲覧。
  10. ^ 『サンリオキャラクター大図鑑』株式会社ポプラ社、2010年11月、26頁。ISBN 978-4-591-12108-5。
  11. ^ ハローキティ検定実行委員会『ハローキティ検定』ISBN 978-4-387-09056-4。
  12. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月13日閲覧。
  13. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月13日閲覧。
  14. ^ 2020年サンリオキャラクター大賞スピンアウト企画 チップde投票リターンズ開催☆”. サンリオ (2020年6月9日). 2020年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月25日閲覧。
  15. ^ キャラクター大賞スピンアウト企画 チップで投票リターンズ 結果発表!!”. ハーモニーランド. 2020年11月25日閲覧。
  16. ^ 『いちご新聞』2020年8月号(630号) 8-25頁。
  17. ^ 『いちご新聞』2019年8月号(618号) 8-19頁。
  18. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) 8-19頁。
  19. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) 8-19頁。
  20. ^ 『いちご新聞』2016年9月号(583号) 10頁。
  21. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 なで時間ランキング”. 株式会社サンリオ (2016年). 2020年10月15日閲覧。
  22. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) 24頁。
  23. ^ かわいい戦いが、いま、はじまる。 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月15日閲覧。
  24. ^ 1stステージ結果発表!”. サンリオ. 2014年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月15日閲覧。
  25. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) pp.26-34。
  26. ^ 2012サンリオキャラクター大賞結果発表(1位〜100位) サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月15日閲覧。
  27. ^ サンリオキャラクターからみんなへ「ありがとう」 第26回 輝け!! 2011年SANRIO キャラクター大賞 結果大発表”. サンリオ. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月15日閲覧。
  28. ^ 輝け!! 2010年サンリオキャラクター大賞 結果発表”. サンリオ. 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月28日閲覧。
  29. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 108-113)

参考文献[編集]

  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。

関連項目[編集]