ディアーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディアーガン
TYT1-T-F2-H.jpg
ディアーガン、側面
種類 単発式拳銃
原開発国 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1964年
配備先 ベトナム共和国
アメリカ合衆国
関連戦争・紛争 ベトナム戦争
開発史
開発者 中央情報局
開発期間 1964年
製造業者 アメリカン・マシン・アンド・ファウンドリー
製造期間 1964年
製造数 1,000丁生産
諸元
重量 340g
全長 127mm
銃身 48mm

弾丸 9x19mmパラベラム弾
作動方式 単発式
初速 320m/s
照準 プラスチッククリップ
テンプレートを表示

ディアーガンとは中央情報局によって開発された、FP-45の後継作となる拳銃である。単発式のディアーガンには、ベトナム民主共和国兵士に対抗する、ベトナム共和国のゲリラへ供給する兵器としての意図があった[1]

設計[編集]

ディアーガンはアルミニウムの鋳造品に機関部を設けて作られた。機関部は、この兵器の頂部にシリンダーを成形して作られている。撃針は機関部後方から突き出ており、射撃するにはコックした。またプラスチック製のクリップが暴発防止のために置かれていたが、ディアーガンは他に機械的な安全装置を装備していない。中空のグリップにはチェッカー模様が浮き彫りになっており、ここに3発の9x19mmパラベラム弾を収容するほか、銃身から使用済みの薬莢を片づけるロッドも付属していた。兵器の追跡捜査を妨げる命令により、ディアーガンには生産工場や使用者を特定できるようなマーキングは何も無く、全ての銃がマークの無いポリスチレン製の箱に3発の9mm弾とともに収められ、銃の操作説明書にはイラストが一通り描かれていた。照準用として頂部に溝が刻まれていた。装填と空薬莢の除去のため、銃身はネジ込み式になっていた。撃発可能にするにはコッキング・ノブをコック完了まで引く。アルミニウム製のトリガーにはトリガーガードがついていない[1]

運用[編集]

ディアーガンを装填するには銃身を除去し、薬室に9mm弾を込めた。撃針がコックされ、小型のプラスチック製クリップが撃針を取巻いて置かれることで、撃針の前進を妨げ、暴発を防止した。それから銃身が再び機関部にねじ込まれた。プラスチック製クリップを除去して銃身の上部に付けると照準装置になり、トリガーを引くことで銃が発射される。この時点でもし機会があれば、銃の使用者は犠牲者から装備品を奪い、それから逃走する。この後、使用者は銃身を回して外し、空薬莢をロッドで抜き出して銃を再装填し、所定の手順に従う[1][2]

経歴[編集]

1964年、1回の量産実行によって1,000丁のディアーガンが生産された。最終的な費用は1丁あたり3.95ドルと計画された。ベトナム戦争は小さな内密の戦争になるよりもむしろ全面戦争にまで移行したため、ディアーガンは予期されたような役には立たなくなった。幾つかの個体はベトナムで評価を受けたが、残余の運命は知られていない。多くの資料では全てが破壊されたとしている[1][2][3]

参考文献[編集]