ディアーヌ・ベルトラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ディアーヌ・ベルトランDiane Bertrand, 1951年11月20日 - )はフランス映画監督である。

エクス=アン=プロヴァンス大学で民族学、社会学、経済学を学び、1986年から数々の短編映画、ドキュメンタリー、音楽ビデオを撮り続けている。

「25Décembre58,10h36」(1991年)では、セザール賞を受賞。 最初の長編「Un Samedi di sur la terre」は1996年カンヌ国際映画祭で、ある視点部門に出品された。また、『アメリ』(2001年)の原型となった短編コメディ「Foutaises」(ジャン・ピエール・ジュネ監督)では助監督を務めた。

2005年には、小川洋子の小説「薬指の標本」を、フランスを舞台に映画化した。

主な監督作品

今日は何の日(10月22日

もっと見る