ディエゴ・オリヴェイラ・デ・ケイロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はオリヴェイラ第二姓(父方の)はデ・ケイロスです。
ディエゴ・オリヴェイラ Football pictogram.svg
名前
本名 ディエゴ・オリヴェイラ・デ・ケイロス
Diego Oliveira De Queiroz
愛称 ア・レンダ・ビーバ
ラテン文字 DIEGO OLIVEIRA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1990-06-22) 1990年6月22日(29歳)
出身地 クリチバ
身長 179cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション FW(CF / LWG / RWG)
背番号 9
利き足 右足
ユース
ブラジルの旗 パラナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 ブラジルの旗 パラナ
2009-2010 カタールの旗 アル・ミサイマー
2010-2013 ブラジルの旗 ノロエスチ
2011 大韓民国の旗 水原三星 (loan) 3 (0)
2012 ブラジルの旗 バイーア (loan) 2 (0)
2013-2014 ブラジルの旗 アウダックス
2014-2015 ブラジルの旗 ノヴォリゾンチーノ 0 (0)
2014 ブラジルの旗 ボア (loan) 24 (5)
2015 ブラジルの旗 リネンセ (loan) 15 (5)
2015 ブラジルの旗 ポンチ・プレッタ (loan) 31 (3)
2016-2018 日本の旗 柏レイソル 57 (17)
2018 日本の旗 FC東京 (loan) 32 (13)
2019- 日本の旗 FC東京 33 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年12月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディエゴ・オリヴェイラ・デ・ケイロス(Diego Oliveira De Queiroz、1990年10月4日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身のサッカー選手J1リーグFC東京所属。ポジションはフォワード

来歴[編集]

2016年1月、柏レイソルに加入[1]。背番号は11を背負う。加入当初はチームにフィット出来ず、なかなか得点を挙げることが出来ていなかったが、1stステージ第7節ガンバ大阪戦で来日初得点を記録。その後は驚異的なフィジカルの強さと得点感覚で柏の攻撃の中心となり、シーズン合計12ゴールを挙げ、チーム得点王となった[2]

2018年よりFC東京に期限付き移籍で加入[3]。背番号は9を背負うことになった。第4節の湘南ベルマーレ戦で移籍後初得点を決めると[4]、第6節V・ファーレン長崎戦ではハットトリックを決めて勝利に貢献した[5]。12月6日、FC東京への完全移籍が発表された[6]

2019年4月6日、第6節の清水エスパルス戦では1得点1アシストの活躍で勝利に貢献した[7]。4月28日、第9節の松本山雅FC戦でも得点をきめて5試合連続得点を決めた[8]。同年にはJリーグベストイレブンに選出された[9][10]

エピソード・人物[編集]

  • 柏レイソル所属時、FC東京所属時のいずれも公式戦でのハットトリックを記録しているが、その試合で使用されていたボールを記念に持ち帰り自宅に飾っている。本人曰く「ハットトリックは成し遂げた人にしかわからない喜びがある」と語る[11]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 全国リーグ 地域リーグ リーグ杯 オープン杯 期間通算
カテゴリー 出場 得点 カテゴリー 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル 全国選手権 州選手権 ブラジル杯 - 期間通算
2008 パラナ セリエB PR州1部 -
2009 -
カタール リーグ戦 - リーグ杯 - 期間通算
2009-10 アル・ミサイマー QGL - -
ブラジル 全国選手権 州選手権 ブラジル杯 - 期間通算
2010 ノロエスチ - - SP州2部 - -
2011 - SP州1部 14 3 - - 14 3
韓国 リーグ戦 - - FA杯 期間通算
2011 水原 7 Kクラシック 3 0 - - 0 0 3 0
ブラジル 全国選手権 州選手権 ブラジル杯 - 期間通算
2012 ノロエスチ - - SP州1部 13 2 - - 13 2
バイーア セリエA 2 0 BA州1部 - 0 0 - 2 0
2013 ノロエスチ - - SP州1部 17 2 - - 17 2
2014 アウダックス - 8 1 - - 8 1
ボア セリエB 24 5 MG州1部 - - - 24 5
2015 リネンセ - - SP州1部 15 5 - - 15 5
ポンチ・プレッタ セリエA 31 3 - 2 1 - 33 4
日本 リーグ戦 - ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2016 11 J1 30 12 - 3 2 1 0 34 14
2017 27 5 - 6 1 2 1 35 7
2018 FC東京 9 32 13 - 1 0 3 5 36 18
2019 33 14 - 6 2 0 0 39 16
2020 -
通算 ブラジル セリエA 33 3 - -
セリエB - -
カタール QGL - -
韓国 Kクラシック 3 0 - - 0 0 3 0
日本 J1 122 44 - 16 5 6 6 144 55
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2011 水原 7 1 0
2020 FC東京 9
通算 AFC 1 0

出場歴[編集]

タイトル[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ディエゴ オリヴェイラ選手が移籍加入”. 柏レイソル (2016年1月12日). 2016年1月16日閲覧。
  2. ^ クリスティアーノはシーズン16ゴールだが、1stステージの甲府在籍時との合計であり柏では9ゴール。
  3. ^ 柏FWディエゴ・オリヴェイラがFC東京に期限付き移籍「ユニフォームに恥じることなく」 ゲキサカ(2017年12月29日)
  4. ^ FC東京が“不名誉な記録”をストップ! オリヴェイラの移籍後初ゴールで湘南下し今季初勝利 ゲキサカ(2018年3月18日)
  5. ^ FC東京 助っ人ハットで3連勝「いい練習によっていい試合ができる スポーツニッポン(2018年4月8日)
  6. ^ “ディエゴ オリヴェイラ選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2018年12月1日), https://www.fctokyo.co.jp/news/9592 2018年12月7日閲覧。 
  7. ^ FC東京、D・オリヴェイラの1G1Aで逆転勝ち!! 清水は北川の先制弾も及ばず今季初勝利はお預けに…サッカーダイジェスト(2019年4月6日)
  8. ^ 5戦連発のFC東京ディエゴ、得点ランク首位タイ守る「続けていきたい」ゲキサカ(2019年4月28日)
  9. ^ “2019Jリーグ 各賞発表のお知らせ 最優秀選手賞は仲川 輝人選手(横浜F・マリノス)が初受賞~横浜F・マリノスからの受賞は3人目、得点王とダブル受賞~” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2019年12月8日), https://www.jleague.jp/release/post-62206/ 2019年12月8日閲覧。 
  10. ^ “「2019Jリーグベストイレブン」を6選手が受賞!” (プレスリリース), FC東京, (2019年12月8日), https://www.fctokyo.co.jp/news/10831 2019年12月8日閲覧。 
  11. ^ FC東京大量5発で3連勝 ディエゴ・オリヴェイラがハット スポーツニッポン 2018年4月8日

関連項目[編集]