ディエゴ・カスティーヨ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディエゴ・カスティーヨ
Diego Castillo
タンパベイ・レイズ #63
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 マリア・トリニダー・サンチェス州カブレラ英語版
生年月日 (1994-01-18) 1994年1月18日(25歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 アマチュアFA
初出場 2018年6月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ディエゴ・カスティーヨDiego Castillo, 1994年1月18日 - )は、ドミニカ共和国マリア・トリニダー・サンチェス州カブレラ英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBタンパベイ・レイズ所属。愛称はサマナSamana[1]

経歴[編集]

2014年3月にタンパベイ・レイズと契約してプロ入り。契約後、傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・レイズでプロデビュー。18試合に登板して3勝3敗2セーブ、防御率3.96、26奪三振を記録した。

2015年はA-級ハドソンバレー・レネゲーズとA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版でプレーし、2球団合計で18試合に登板して1勝2敗5セーブ、防御率3.03、28奪三振を記録した。

2016年はA級ボーリンググリーンとA+級シャーロット・ストーンクラブズでプレーし、2球団合計で38試合に登板して3勝6敗10セーブ、防御率2.98、67奪三振を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。

2017年はAA級モンゴメリー・ビスケッツとAAA級ダーラム・ブルズでプレーし、2球団合計で51試合(先発1試合)に登板して4勝5敗15セーブ、防御率2.76、90奪三振を記録した。オフの11月20日ルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[2]

2018年は開幕をAAA級ダーラムで迎えた。6月6日にメジャー初昇格を果たし、同日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビュー[3]。この年はリリーフとしてだけでなく、本来リリーフの投手が先発するいわゆるブルペン・デーの「オープナー」としても起用されている。最終的にメジャーでは43試合(先発11試合)に登板して4勝2敗、10ホールド、防御率3.18、65奪三振を記録した。

投球スタイル[編集]

カッターシンカーを中心としており、シンカーの平均球速は97.3mph(約156.6km/h)を計測する[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 TB 43 11 0 0 0 4 2 0 10 .667 222 56.2 36 6 18 0 2 65 5 1 21 20 3.18 0.95
MLB:1年 43 11 0 0 0 4 2 0 10 .667 222 56.2 36 6 18 0 2 65 5 1 21 20 3.18 0.95
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2018 TB 43 2 3 1 0 .833
通算 43 2 3 1 0 .833
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 63(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Bill Chastain (2018年8月9日). “Rays' nicknames for Players' Weekend” (英語). MLB.com. 2018年10月12日閲覧。
  2. ^ Bill Chastain (2017年11月20日). “Honeywell, Bauers added to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2018年10月12日閲覧。
  3. ^ Mister Lizzie (2018年6月6日). “Rays 2 Nationals 11: Diego Castillo makes major league debut” (英語). SB Nation. 2018年10月12日閲覧。
  4. ^ Diego Castillo Pitching Stat Details”. Baseball Cube. 2018年10月12日閲覧。

関連項目[編集]