ディエゴ・ガブリエル・チャベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディエゴ・ガブリエル・チャベス
基本情報
本名 ディエゴ・ガブリエル・チャベス
通称 La Joya(宝石)
階級 ウェルター級
身長 171cm
リーチ 169cm
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1986-04-07) 1986年4月7日(32歳)
出身地 ブエノスアイレス州サン・ミゲル
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 26
KO勝ち 22
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

ディエゴ・ガブリエル・チャベスDiego Gabriel Chaves1986年4月7日 - )は、アルゼンチンプロボクサーブエノスアイレス州サン・ミゲル出身。元WBA世界ウェルター級暫定王者

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

2005年中華人民共和国綿陽市で開催された世界ボクシング選手権ウェルター級(69kg)で出場したが、1回戦で敗退した[1]

2007年パンアメリカン競技大会にウェルター級(69kg)で出場したが、デメトリアス・アンドラーデに敗れ、2回戦で敗退した[2]

プロ時代[編集]

2008年7月5日、ブエノスアイレス州カステリのクルブ・デポルティーボ・カステリでデビュー戦を行い、3回52秒KO勝ちを収めた。

2009年7月18日、ウイリラン・サンタナ・バラウナとWBOラテンアメリカスーパーウェルター級王座決定戦で対戦し、初回KO勝ちで王座獲得に成功。その後同王座は1度防衛した。

その後ウェルター級に転級。

2010年1月23日、ウェルター級テスト戦を空位の地域タイトルでもあるWBOラテンアメリカウェルター級王座決定戦でダニエル・サボイアと対戦し、4回TKO勝ちで王座獲得に成功した。その後同王座は5度防衛した。

2012年7月21日、ブエノスアイレス州ホセ・レオン・スアレスのソシエダ・アレマーナ・デ・ヒムナシア・デ・ビヤ・バエステルでWBA世界ウェルター級暫定王者イスマエル・エル・マスウーディと対戦し、2回にエル・マスウーディから2度ダウンを奪い、そのまま10カウント。2回1分15秒KO勝ちで、世界王座初挑戦にして無敗でWBA世界ウェルター級暫定王座を獲得した。試合後のインタビューで「正規王者ポール・マリナッジと統一戦をやりたい」と話し、王座統一を狙っていることを明かした。

2012年9月22日、ブエノスアイレスエスタディオ・ルナ・パルクにて、ホセ・ミランダと対戦し2回TKO勝ちで初防衛に成功した。

2013年7月27日、アメリカ合衆国テキサス州サンアントニオにあるAT&Tセンターキース・サーマンと対戦し、序盤は互角な打撃戦になったが、中盤以降はサーマンが、的確に強打を当ててペースをつかむと9回には左ボディフックでダウンを奪われた。10回には右フックでダウンを奪われるとレフェリーがカウントを途中でストップ。プロ初黒星となる10回28秒KO負けを喫し2度目の防衛に失敗、王座から陥落した[3]

2014年8月2日、アメリカ・ネバダ州ザ・コスモポリタンで元WBA世界ライト級王者ブランドン・リオスとウェルター級契約10回戦を行うが、荒れた試合展開となり、3回にホールディングでチャベスに減点、5回にテイクダウンをしたとしてリオスに減点、8回にはリオスの顔に酷くグローブを押し付けたとしてチャベスから2度目の減点、9回にはプロレス技のDDTのような状態で両者がマットへ倒れこみ、ここでの減点は無かったが、それまでにレフェリーがバッティングやエルボーなどで両者に再三注意を与えていたことで、再び両者がもみ合ったところでチャベスの反則負けを宣言し、すっきりしない終わり方ながらもチャベスは9回1分26秒失格負けを喫した[4]。試合終了時の採点は、75-74で2者がチャベス、75-74で1者がリオスと1ポイントながらチャベスがリードしていた。なお、システムの不調が原因で入国ビザの発給が遅れたことで、アルゼンチンから15時間のフライトを経て試合2日前にようやくチャベスがアメリカ入りをするなど、試合前からドタバタがみられた[5]

2014年12月13日、アメリカ・ネバダ州のザ・コスモポリタンでティモシー・ブラッドリーと対戦し、1-1(113-115、112-116、114-114)の判定で引き分けた[6]。この試合でチャベスは3万5千ドル(約350万円)、ブラッドリーは200万ドル(約2億円)のファイトマネーを獲得した[7]

2015年10月24日、シェフィールドのシェフィールド・アリーナでIBF世界ウェルター級王者ケル・ブルックと対戦しWBAに続く王座獲得を目指したが、同月15日のスパーリング中にブルックが肋骨を骨折した為延期になった[8][9]

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月7日閲覧。
  2. ^ 15.Panamerican Games - Rio de Janeiro, Brazil - July 20-28 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年8月12日閲覧。
  3. ^ サーマンがチャベスをKO ベルトは最終回ストップ負け ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月29日
  4. ^ リオス不満残る反則勝ち、バルガス初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月3日
  5. ^ Brandon Rios prevails by DQ”. ESPN.com (2014年8月3日). 2014年8月3日閲覧。
  6. ^ ブラッドリー引き分け、リーがWBOミドル級新王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月14日
  7. ^ Purses for the big fight weekend in Vegas”. ESPN.com (2014年12月11日). 2014年12月17日閲覧。
  8. ^ Kell Brook forced to postpone title defense after suffering rib injury ESPN.com(英語) 2015年10月17日
  9. ^ ブルックが肋骨負傷、チャベスとの防衛戦は延期に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年10月17日
WBA世界ウェルター級暫定王者
[表示]
在位期間
前暫定王者:イスマエル・エル・マスウーディ2012年7月21日 - 2013年7月27日次暫定王者:[[キース・サーマン]]