ディエゴ・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ディエゴ・コスタ
生誕 天正4年(1576年
ポルトガル王国
死没 寛永10年(1633年
日本江戸幕府下)、長崎

ディエゴ・コスタポルトガル語:Diego Costa)は、16世紀後期から17世紀前半にかけてのイエズス会宣教師

コスタ神父とも呼ばれる[1]

概要[編集]

天正4年(1576年)に生まれたとされる[1]

のちにイエズス会に属して宣教師となり、慶長14年(1609年)には来日してキリスト教布教を始めたという[1]

しかし、慶長19年(1614年)の慶長の大追放中国マカオへ一時的に逃走した[1]

翌年にはマニラを経由して長崎から再入国し、中国地方を中心に活動したが、周防国で捕えられて長崎へ送られ、寛永10年(1633年)に長崎で斬首された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『戦国人名事典 コンパクト版』、332 - 333ページ