ディエゴ・デ・アラーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ディエゴ・デ・アラーナ
本名 Diego de Arana
生誕 1468年
スペイン アラナ/バリェ・デ・アラーナ
死没 1493年
イスパニョーラ島 ラ・ナビダッド
国籍 スペイン
宗教 ローマ・カトリック
親戚 ベアトリス・エンリケス・デ・アラーナ

ディエゴ・デ・アラーナ(Diego de Arana、1468年 - 1493年)は、コロンブスの最初の新大陸探検に同行した人物。

探検の際にサンタ・マリア号が沈没してしまったため、船員39名が現在のハイチ"La villa de la Navidad"(クリスマス村)をつくって残ることになったが、その際に彼らを統率する役割をコロンブスから命じられた。

コロンブスは11ヶ月後に戻って来たが、そのときには、残ったスペイン人は、既に殺されていた。