ディオイラ圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディオイラ圏
Cercle de Dioïla
位置
Cercle of Kadiolo.png
マリ共和国におけるディオイラ圏(塗りつぶし部)。
管理
: マリ共和国の旗 マリ
: クリコロ州
圏都: ディエドゥーグー (ディオイラ圏)
コミューン: 23
面積: 12,794[1] km²
首長: -
人口統計
人口(2009年)
 • 人口密度:
249,403[2]
 • 19人/km²
テンプレートを表示

ディオイラ圏(ディオイラけん、フランス語:Cercle de Dioïla)は、マリ共和国地方行政区画クリコロ州を構成するのひとつ。行政の中心地はディエドゥーグー (ディオイラ圏)のディオイラ(fr:Dioïla)におかれる。下級単位のコミューンは23団体あり、2009年の統計で人口は249,403人を数える[2]

ディオイラ圏はクリコロ州の南東部に位置し、1977年以前まで複合圏である「バマコ圏」として首都を擁する地方自治体であったが、現在はそれぞれバマコ特別区カティ圏となっている。

ディオイラ圏は主にバンバラ族農家が居住しており、植民地時代以前はバンバラ王国(en:Bamana Empire)の一角を形成していた。この地方の特質の為、アニミズムは20世紀に入っても根強く信仰されている。ムスリムであるマルカ族(en:Marka people)やフラニ族に漁業を営むボゾ人(en:Bozo people)の集落もある。圏は主に湿潤な歴史上のスーダン地域に属し、サヘル乾燥地帯の南端にある。また、地元はバニ川(en:Bani River)の源流でもある。

コミューン[編集]

ディオイラ圏には以下のコミューンがある[2]

脚注[編集]