ディオーネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘスティアー、ディオーネー、アプロディーテー

ディオーネー古希: Διώνη, Diōnē)は、ギリシア神話に登場する女神である。長母音を省略してディオネとも表記される。主に、

の2柱が知られている。ディオーネーという名前は明らかに印欧語に由来し、ゼウスの女性形であるため、古くは天空の女神であったと推測される。以下に説明する。

ティーターン神族の1柱[編集]

このディオーネーは、ウーラノスガイアの娘で、ティーターンの一柱である[1]。一説によるとティーターンは14人おり、ディオーネーはポルキュースとともにティーターンに加えられている[2]。しかしオーケアノスの娘とも[3]ネーレウスの娘ともいわれ[4]、ゼウスとの間にアプロディーテーをもうけたとされる[5][6][7]

神話によるとディオーネーはレアーテミスアムピトリーテーとともにレートーアポローン出産に立ち会った[8]。またトロイア戦争で娘のアプロディーテーがディオメーデースに傷つけられたとき、ディオーネーはアプロディーテーをなぐさめ、アレースアローアダイに苦しめられた話や、ヘーラーハーデースヘーラクレースに傷つけられた話を語った[9]

エーペイロスドードーナ神託所では、ディオーネーはゼウスとともに祭祀され、ディオーネーの女祭司たちとゼウスの祭司たちが神託を司った。ここにはゼウスに捧げられた1本の樫があり、ディオーネーの女祭司は樫の葉が揺れるのを見て神託を下したとされる。ちなみにドードーナの神託の記述はすでに『オデュッセイア』に見られる[10]。またドードーナの発掘によって人々がディオーネーとゼウスへの質問を片に刻んで神託を伺ったことも判明している。

アトラースの娘[編集]

このディオーネーは、アトラースの娘で[11]タンタロスとの間にペロプス[12][11]ニオベーを生んだという[13]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュリエウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
ニュクテウス
 
ポリュクソー
 
 
 
 
リュコス
 
ディルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
 
 
アンティオペー
 
ゼウス
 
 
 
 
タンタロス
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
ゼートス
 
テーベー
 
アムピーオーン
 
ニオベー
 
 
 
ペロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネーレウス
 
クローリス
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻1・3。
  2. ^ オルペウス教断片、114。
  3. ^ ヘーシオドス、353行。
  4. ^ アポロドーロス、1巻2・7。
  5. ^ 『イーリアス』5巻。
  6. ^ アポロドーロス、1巻3・1。
  7. ^ ヒュギーヌス、序文。
  8. ^ ホメーロス風讃歌』第3歌「アポローン讃歌」94行。
  9. ^ 『イーリアス』5巻。
  10. ^ 『オデュッセイア』14巻、19巻。
  11. ^ a b ヒュギーヌス、83話。
  12. ^ ヒュギーヌス、82話。
  13. ^ ヒュギーヌス、9話。

参考文献[編集]