ディクソン・エトゥフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディクソン・エトゥフ Football pictogram.svg
Dickson Etuhu a 26 3841.jpg
AIK時代(2014年)
名前
本名 ディクソン・ポール・エトゥフ
Dickson Paul Etuhu
ラテン文字 Dickson Etuhu
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1982-06-08) 1982年6月8日(36歳)
出身地 カノ
身長 188cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム スウェーデンの旗 IFKレスフェホルム
ポジション MF (DMF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2002 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 12 (0)
2002-2006 イングランドの旗 プレストン 134 (17)
2005-2006 イングランドの旗 ノリッジ (loan) 8 (0)
2006-2007 イングランドの旗 ノリッジ 54 (6)
2007-2008 イングランドの旗 サンダーランド 20 (1)
2008-2012 イングランドの旗 フラム 91 (3)
2012-2014 イングランドの旗 ブラックバーン 23 (1)
2014-2016 スウェーデンの旗 AIK 23 (2)
2017 スウェーデンの旗 レスフェホルム 2 (0)
代表歴2
2007-2011 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 33 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年2月22日現在。
2. 2019年2月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディクソン・ポール・エトゥフDickson Paul Etuhu, 1982年6月8日 - )は、ナイジェリアカノ出身の同国代表サッカー選手。現在は無所属。ポジションはMF

弟のケルヴィン・エトゥフ英語版もサッカー選手であり、カーライル・ユナイテッドFCに所属している。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

ナイジェリアのカノに生まれ、イングランドサザーク区ペカム英語版へ移住する。

2000年にマンチェスター・シティFCのユースチームから昇格し、同年プロデビュー。同クラブで約1年半プレーした後、2002年1月にチャンピオンシッププレストン・ノースエンドFCへと移籍した。2004-05シーズンにはクラブの昇格プレーオフ決勝進出に貢献。ウェストハム・ユナイテッドに敗れたが、自身はエヴァートンFCウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFCから関心を示された。プレストンではリーグ通算100試合以上に出場した。

ノリッジ[編集]

2005年11月よりノリッジ・シティFCへ2か月間の短期ローンで加入[1]。翌年1月には、3年半の契約で完全移籍となった[2]。移籍金は45万ポンドで、出場試合数に応じて最大10万ポンドが上乗せされる。2006年8月23日のリーグカップトーキー・ユナイテッドFC戦で移籍後初ゴールを挙げる[3]。リーグにおいてはサウスエンド・ユナイテッドFC戦で加入後初得点を記録した[4]。同月中のトレーニングでチームメートのユースフ・サフリと衝突するが、翌週には和解している[5]。10月21日のカーディフ・シティFC戦 (1-0) で決勝点を挙げ、監督交代後初のホームゲームでの勝利に貢献した[6]

サンダーランド[編集]

2006-07シーズン終了後、クラブによる契約延長オファーを拒否。翌シーズンよりプレミアリーグに復帰するサンダーランドAFCへ移籍金150万ポンドで加入した[7]。2008年2月9日のウィガン・アスレティックFCで、ディーン・ホワイトヘッドのフリーキックからゴールネットを揺らし移籍後初得点となった[8]

フラム[編集]

2008年8月29日、フラムFCに3年契約で移籍[9]。2009年4月12日の古巣マンチェスター・シティ戦 ( 3-1) で、59分に勝ち越しゴールを挙げた[10]。同年8月6日のUEFAヨーロッパリーグ FKヴェトラ戦で欧州の舞台及びクレイヴン・コテージで初得点を記録[11]。2010年8月28日のブラックプールFC戦では87分に同点弾を決め、2-2のドローに持ち込んだ[12]。9月7日には、契約を2014年まで延長した[13]。11月13日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦で、69分にゲラ・ゾルターンとの交代でピッチに立ちプレミアリーグ50試合出場を達成[14]。2011年1月8日に行われたFAカップ3回戦のピーターバラ・ユナイテッドFC (6-2) で、フラムでの5ゴール目を記録した[15]

ブラックバーン[編集]

2012年8月3日、ブラックバーン・ローヴァーズFCと4年契約を締結[16]。先に加入していたフラム時代の同僚ダニー・マーフィーと再びチームメートとなる。9月29日のチャールトン・アスレティックFC戦で移籍後初得点を挙げた[17]。2013-14シーズン限りでクラブとの契約を解除した。

スウェーデン時代[編集]

2014年12月23日、アルスヴェンスカンAIKソルナへの加入が発表された[18]

2017年8月6日、スウェーデン5部に所属するIFKレスフェホルムへ加入した[19]

代表歴[編集]

ナイジェリア代表としては、2007年10月にデビュー。その後、2度のアフリカネイションズカップのメンバーに選ばれた。南アフリカW杯出場メンバーにも選出され、チームはグループステージで敗退したものの3試合全てでプレーした。

2011年8月に代替選手として招集されるがこれを拒否し、サムソン・シアシア英語版監督の下ではプレーしないことを表明[20]スティーヴン・ケシ英語版が新監督に就任すると、同年11月の代表招集に応じた。

脚注[編集]

  1. ^ Norwich seal Etuhu loan signing”. BBC Sport (2005年11月12日). 2019年2月22日閲覧。
  2. ^ Etuhu confirms Norwich transfer”. BBC Sport (2006年1月3日). 2019年2月22日閲覧。
  3. ^ Torquay 0-2 Norwich”. BBC Sport (2006年8月23日). 2019年2月17日閲覧。
  4. ^ Southend 3-3 Norwich”. BBC Sport (2006年9月12日). 2019年2月22日閲覧。
  5. ^ Norwich pair play down 'dust-up'”. BBC Sport (2006年9月29日). 2019年2月22日閲覧。
  6. ^ Norwich 1-0 Cardiff”. BBC Sport (2006年10月21日). 2019年2月22日閲覧。
  7. ^ Sunderland complete Etuhu signing”. BBC Sport (2007年7月17日). 2019年2月22日閲覧。
  8. ^ Sunderland 2-0 Wigan”. BBC Sport (2008年2月9日). 2019年2月22日閲覧。
  9. ^ Fulham sign Etuhu from Sunderland”. BBC Sport (2008年8月29日). 2019年2月22日閲覧。
  10. ^ Man City 1-3 Fulham”. BBC Sport (2009年4月12日). 2019年2月22日閲覧。
  11. ^ Fulham 3 - 0 FK Vetra (agg 6 - 0)”. BBC Sport (2009年8月6日). 2019年2月22日閲覧。
  12. ^ Blackpool 2 - 2 Fulham”. BBC Sport (2010年8月29日). 2019年2月22日閲覧。
  13. ^ Dickson Etuhu signs new deal with Fulham”. BBC Sport (2010年9月7日). 2019年2月22日閲覧。
  14. ^ Newcastle 0 - 0 Fulham”. BBC Sport (2010年11月13日). 2019年2月22日閲覧。
  15. ^ Fulham 6 - 2 Peterborough”. BBC Sport (2011年1月8日). 2019年2月22日閲覧。
  16. ^ Fulham's Dickson Etuhu joins Blackburn Rovers”. BBC Sport (2012年8月3日). 2019年2月22日閲覧。
  17. ^ Charlton 1-1 Blackburn”. 2012-09-29. 2019年2月22日閲覧。
  18. ^ Officiellt: AIK värvar Dickson Etuhu”. Fotbolltransfers.com (2014年12月23日). 2019年2月22日閲覧。
  19. ^ Officiellt: IFK Rössjöholm värvar Dickson Etuhu”. Fotbolltransfers.com (2017年8月6日). 2019年2月22日閲覧。
  20. ^ Dickson Etuhu turns down Nigeria’s last minute call up against Ghana”. Kick Off (2011年8月8日). 2019年2月22日閲覧。