ディグ・イット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディグ・イット
ビートルズ楽曲
収録アルバム レット・イット・ビー
リリース 1970年5月8日
録音 アップル・スタジオ
1969年1月24日1月26日
ジャンル ロック
時間 0分51秒(Let It Be)
4分24秒(Get Back)
8分20秒(Full)
15:05(Jam)
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
リチャード・スターキー
ジョージ・ハリスン
プロデュース フィル・スペクター

レット・イット・ビー 収録曲
A面
  1. トゥ・オブ・アス
  2. ディグ・ア・ポニー
  3. アクロス・ザ・ユニヴァース
  4. アイ・ミー・マイン
  5. ディグ・イット
  6. レット・イット・ビー
  7. マギー・メイ
B面
  1. アイヴ・ガッタ・フィーリング
  2. ワン・アフター・909
  3. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
  4. フォー・ユー・ブルー
  5. ゲット・バック

ディグ・イット (Dig it) は、1970年に発表されたザ・ビートルズの最後のアルバム『レット・イット・ビー』に収録されたジャム・セッション・ナンバーである。

解説[編集]

作詞・作曲はメンバー全員の共同クレジット(レノン&マッカートニー&ハリスン&スターキー)である。4人名義としては初の歌詞入りの公式発表曲。

ゲット・バック・セッションが行われていた1969年1月24日[1]26日[2]27日[3]28日[4]29日[2][5]アップル・スタジオでレコーディングが行われた。原題は「Can You Dig It?」で、15分5秒に及ぶ長いジャム・セッションであった。プロデューサーのフィル・スペクターは、セッション中のジョンが歌う部分(51秒)をアルバム収録した。

アルバム収録部分は、ジョンが「ライク・ア・ローリング・ストーン(ボブ・ディランの曲名)」連呼中にフェード・インし、FBICIABBCB.B.キング、歌手のドリス・デイマット・バスビー(当時の英国プロサッカークラブマンチェスター・ユナイテッドFC監督)と歌い[2][6]、「Dig it!」を連呼する部分でフェード・アウトする。最後に"That was 'Can You Dig It?' by Georgie Wood, and now we'd like to do 'Hark, the Angels Come.'" (“ジョージ・ウッドの「キャン・ユー・ディグ・イット?」でした。次は『ほら、天使がやってきた』という曲をやります。”)というジョン・レノンの裏声による語りが繋げられた。なお、この語りの後、間を置かずに「レット・イット・ビー」が始まる。

ちなみに『レット・イット・ビー・ネイキッド』のボーナスCD『フライ・オン・ザ・ウォール』で聴かれる「Can You Dig It?」は、発表テイクの別テイクであり、そこでは演奏の後で、アルバムに収録されることになるジョンの声が収録されている[7]

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

  1. ^ a b c フル・バージョンのみ
  2. ^ 映画「レット・イット・ビー」でも確認できる。

出典[編集]

  1. ^ Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray (1997). Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles' Let It Be Disaster. New York: St. Martin's Griffin. p. 249-250. ISBN 0-312-19981-3. 
  2. ^ a b c Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray (1997). Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles' Let It Be Disaster. New York: St. Martin's Griffin. p. 276. ISBN 0-312-19981-3. 
  3. ^ Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray (1997). Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles' Let It Be Disaster. New York: St. Martin's Griffin. p. 285. ISBN 0-312-19981-3. 
  4. ^ Unterberger, Richie (2006). The Unreleased Beatles: Music & Film. San Francisco: Backbeat Books. p. 258. ISBN 0-87930-892-3. 
  5. ^ Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray (1997). Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles' Let It Be Disaster. New York: St. Martin's Griffin. p. 313-316. ISBN 0-312-19981-3. 
  6. ^ Dig It”. The Beatles Bible (2009年). 2009年10月13日閲覧。
  7. ^ Fly on the Wall”. Beatle Brunch (2009年). 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月21日閲覧。
  8. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 326. ISBN 1-84413-828-3.