ディスクシステムのゲームタイトル一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ディスクシステムのゲームタイトル一覧(ディスクシステムのゲームタイトルいちらん)では、ファミリーコンピュータ ディスクシステム対応のゲームソフトを発売順に列記する(販売されたソフト全198タイトルと非売品4タイトル。ただしハッカーインターナショナルのものをはじめとする非公認ソフトや書き換え確認用のソフトは含まず)。ディスクライターでの書き換え料金は一律500円(一部例外あり)で、一部のソフトは説明書が別売りされていた。

なお、一部のタイトルはパッケージ版と書き換え専用版でゲーム内容が一部異なっていることがある。

記号凡例

1986年(全34タイトル)[編集]

2月21日にファミリーコンピュータ ディスクシステム発売。

1987年(全69タイトル)[編集]

1988年(全55タイトル)[編集]

1989年(全20タイトル)[編集]

1990年(全13タイトル)[編集]

1991年(全6タイトル)[編集]

1992年(全2タイトル)[編集]

非売品(全4タイトル)[編集]

  • 1986年(※) オールナイトニッポン スーパーマリオブラザーズ任天堂) - ※生産は1986年12月に行われているが、リスナーに実際に配布が開始された時期は不明。(NSM)
  • 1990年11月中旬 惑星アトン外伝(国税庁) - 非売品。「税金展」出展作品。エクラアニマルによるOVAも存在する[1]。(WAG)
  • 1987年 ゴルフJAPANコース オリジナルゴルフコース(賞品) - ゴールデンディスクカード。ゴルフJAPANコースの景品。上位100名に配布された「ゴルフ チャンピオンズコース」とその他5000名に配布された「ゴルフ プロフェッショナルコース」の2種類がある。どちらも同じラベルが貼られているが収録されているコースに違いがある。(GSJE)
  • 1987年 プライズカード/ゴルフスペシャルコース(賞品) - ゴールデンディスクカード。ゴルフUSコースなどの景品のひとつとされる。(GSUE)

発売中止ソフト[編集]

  • 『アーコン』(BPS)→カセットに移行したが中止。
  • 『アイランド・アドベンチャー』(ソフエル)→カセットに移行したが中止。
  • 『アレスの翼』(カプコン)
  • 『WINNERS』(カプコン)
  • 『うさぎ次元の盗難事件』(学習研究社)→タイトルを『ハイスクール・クエスト』に変更したが中止。
  • 『エアーフォートレス』(HAL研究所)→カセットに移行。
  • 『エイリアン2』(DOG)
  • 『エッガーランド入門編』(HAL研究所)
  • 『黄金バット 復活のレヂェンド』(学習研究社)
  • 『王子ビンビン物語』(イーストキューブ)
  • 『KKT 血に犯された女』(スコーピオンソフト)
  • 『Qバート』(コナミ)
  • 『恋のホットロック』(コナミ)
  • 『コズミックシステム』(イマジニア)
  • 『五目ならべ』(任天堂)
  • 『ザ・マネーゲーム』(ソフエル)→カセットに移行。
  • 『シカゴ・コネクション』(DOG)
  • 『上海』(サンソフト[サン電子])→カセットに移行。
  • 『SLIPPER』(スコーピオンソフト)
  • 『聖剣伝説 THE EMERGENCE OF EXCALIBUR』(DOG)
  • 『Dark Side of the moon』(DOG)
  • 『探偵神宮寺三郎・時の過ぎゆくままに…… 前編』(データイースト)
  • 『探偵神宮寺三郎・時の過ぎゆくままに…… 後編』(データイースト)
  • 『日本地理制覇大冒険』(スコーピオンソフト)
  • 『信長戦記』(※発売元不明、トーワチキ開発)
  • 『聖書(バイブル)1999 禁断の黙示録』(イマジニア)
  • 『バルーンファイト』(任天堂)
  • 『バルガス』(カプコン)
  • 『パルプス』(任天堂)
  • 『ヒスパーニ』(DOG)
  • 『ファンタビジョン』(イマジニア)
  • 『冒険浪漫』(イマジニア)→『ドタ君の冒険浪漫』としてカセットに移行したが中止。
  • 『ポケットザウルス クイズワールド』(バンダイ)
  • 『ホワイトペーパー』(スコーピオンソフト)
  • 『メタルクラッシャーアーディス』(アスク講談社)
  • 『メルヘンヴェールII』(サンソフト[サン電子])
  • 『ワールドラリー』(ビック東海)→タイトルを『ザ・スーパーラリー』に変更したが中止。

備考[編集]

  • 発売中止ソフト『信長戦記』というタイトルは正式なものかは不明である。2017年にサンプルがヤフオクに出品された時の商品名であり、出品者によるとソフトを譲った人物がこのタイトルを述べたという。

関連項目[編集]