ディスクロージャー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ディスクロージャー
Disclosure
Disclosure 2013.jpg
2013年
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス サリー
ジャンル ハウス
ディープ・ハウス
シンセ・ポップ
UKガラージ
フューチャー・ガラージ
2ステップ
活動期間 2010年 -
レーベル モシモシ・レコーズ
公式サイト disclosureofficial.com
メンバー ガイ・ローレンス
ハワード・ローレンス

ディスクロージャー(Disclosure)は、ガイ・ローレンス(Guy Lawrence、1991年5月25日 - )とハワード・ローレンス(Howard Lawrence、1994年5月11日 - )の兄弟によって結成された、イングランドサリー出身のダンス・ミュージックデュオである。

来歴[編集]

ライブでのDisclosure(2016年)

2010年にロンドンの名門インディーレーベルであるモシモシ・レコーズからシングル「Office Dexterity」でデビュー。サム・スミスをボーカルに迎えた2012年リリースのシングル「Latch」が話題となり、全英シングルチャートで最高11位を記録[1]したほか、2013年に入ってからも「White Noise」(同2位[2])、「You & Me」(同10位[3])とヒットシングルを連発する。

2013年5月に満を持してリリースしたデビュー・アルバム『セトル(Settle)は全英チャートで初登場1位となった[4]。また、本作は批評家筋から軒並み高い評価を獲得し、ピッチフォーク・メディアはこの年のベスト・アルバムランキングにおいて3位に[5]スピンは同4位に[6]ビルボードは同3位に[7]ステレオガムは同4位に[8]選出した。2014年に入ると「Latch」が全米チャート最高位7位にランクインする[9]などアメリカでも火がついた。

2013年9月には、恵比寿LIQUIDROOMにて、アルーナジョージとともに、初の来日公演を行った。2014年5月14日に大阪 BIG CATで、5月15日に新木場スタジオコーストで単独公演を開催。同年7月、フジロック・フェスティバル2014に初出演。

2015年9月、2ndアルバムとなる『カラカル(Caracal)』を発表。今作は前作にも参加したサム・スミスに加えてザ・ウィークエンドロードミゲルといった豪華な顔ぶれがゲストボーカルとして参加している。チャート成績としては前作に次いで全英チャート1位[10]、全米チャートでも9位を記録した[11]

2016年7月に開催されたフジロック・フェスティバル'16にて再来日。初日のホワイトステージのトリを飾った。

2020年8月28日、3作目のアルバム『エナジー(Energy)』をリリースした。ゲストヴォーカルに、Kelis、Channel Tres、AminéSlowthai、Mick Jenkins、Fatoumata Diawara、Blick Bassy、KehlaniSydCommonなどが参加した[12]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Settle (2013年)
  • Caracal (2015年)
  • Energy (2020年)

EP[編集]

  • Carnival (2011年)
  • The Face (2012年)
  • The Face (The Remixes) (2012年)
  • Latch (The Remixes) (2012年)
  • Control (2013年)
  • The Singles (2013年)
  • Caracal (2015年)
  • Moog for Love (2016年)
  • Moonlight (2018年)
  • Ecstasy (2020年)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]