ディスタントヴュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディスタントヴュー
Owner Mr K Abdulla.svg
ハーリド・ビン・アブドゥッラーの勝負服
欧字表記 Distant View
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1991年5月9日
Mr. Prospector
Seven Springs
母の父 Irish River
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 ジュドモントファーム
馬主 ハーリド・ビン・アブドゥッラー
調教師 ヘンリー・セシル(イギリス)
競走成績
生涯成績 7戦2勝(総合)
6戦2勝(イギリス)
1戦0勝(アメリカ)
獲得賞金 15万5932UKポンド(イギリス)
0USドル(アメリカ)
テンプレートを表示

ディスタントヴュー (Distant View) はアメリカ合衆国で生産された競走馬および種牡馬である。競走馬時代の主戦騎手パット・エデリーが務め、全7戦中6戦で騎乗した。ディスタントビューと表記される場合もある。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

1994年(3歳時)4月にニューマーケット競馬場で競走馬デビュー戦を迎え、デビュー戦は2着だった。未勝利馬ながら次走は重賞及びG1競走初挑戦となる2000ギニーにライアンに乗り替わって出走し、9番人気ながら5着となった。そして鞍上がエデリーに戻り、5月のメイドン競走を制して初勝利を挙げた。初勝利後はG1戦線を走り、6月のセントジェームズパレスステークスではグランドロッジアタマ差で敗れて2着だったが、7月にサセックスステークスでは2着となったバラシアを半馬身差で抑えてG1競走初勝利を挙げた。この時のタイムはレコードとなる1分35秒71を記録した。その後9月のクイーンエリザベス2世ステークスでは1番人気で5着となり、10月にはアメリカ合衆国に遠征し、ブリーダーズカップ・マイルでバラシアに敗れて7着という結果に終わり、この競走を最後に競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

4歳となった1995年より生まれ故郷でもあるケンタッキー州ジュドモントファームで種牡馬入りし、15歳となった2006年に種牡馬を引退した。

産駒は主にアメリカ合衆国で走り、多くのG1馬を輩出した。さらにヨーロッパにも産駒が輸出され、ヨーロッパでもG1馬を輩出している。それらの馬の中には後継馬として種牡馬入りした馬もおり父系を残すことに成功している。

日本には、数は少ないが競走馬としての産駒が数頭輸入されており、2001年キーンランドスワン中央競馬で産駒の初勝利を記録している。キーンランドスワンはその後重賞競走を2勝するなどの活躍をみせ、日本におけるディスタントヴューの代表産駒として挙げられるが、同馬は種牡馬入りできず日本には後継種牡馬はいない。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ディスタントヴュー血統ミスタープロスペクター系 / Nasrullah 4×5=9.38% (血統表の出典)

Mr. Prospector
1970 鹿毛
父の父
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
父の母
Gold Digger
1962 鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Sequence Count Fleet
Miss Dogwood

Seven Springs
1982 栗毛
Irish River
1976 栗毛
Riverman Never Bend
River Lady
Irish Star Klairon
Botany Bay
母の母
La Trinite
1976 栗毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Promessa Darius
Peseta F-No.6-d

血統背景[編集]