ディズニー・オン・クラシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ディズニー・オン・クラシック(DISNEY ON CLASSIC)とはウォルト・ディズニー・カンパニーアニメーション映画テーマパークの曲を演目としたクラシックコンサートである。主催は公演場所により異なる。主管はBuena Vista Concerts / The Walt Disney Company (Japan) Ltd. 制作:ハーモニージャパン

概要[編集]

ウォルト・ディズニーの生誕100周年を記念して2002年から始まり、2004年以降は毎年全国各地で開催される。こういったツアー形式のディズニーのクラシックコンサートは世界初である。最終日にミッキーマウスが登場する時がある。毎回のテーマは基本的にディズニー映画の曲目からとる。

指揮者は初回からブラッド・ケリー。

演奏は、2014年まで東京フィルハーモニー交響楽団がブラッド・ケリーと共に結成した「ネバーランド・オーケストラ」を中心に行われた(地方公演の場合は他の楽団のメンバーが主流となる場合があった)。2015年より、同年4月に新たに設立されたオーケストラ、THE ORCHESTRA JAPANの全公演での演奏に変わる。

毎回ディズニー映画の1つをテーマとしていたが、2007年プリンセスと呼ばれる「白雪姫」、「シンデレラ」、「眠れる森の美女」、「美女と野獣」の4作品からの曲目が演奏された(「アラジン」や「リトル・マーメイド」は昨年、一昨年前のテーマだったため入っていない)。

また、2008年は、東京ディズニーリゾートの25周年を記念して、第一部でパーク音楽を特集。第二部ではディズニーの音楽を語る上でかかせない、アラン・メンケンの楽曲を、リトル・マーメイド魔法にかけられてアラジンヘラクレスポカホンタス等から数多く演奏。

テーマ[編集]

関連項目[編集]