ディズニー・キャラクター・ボイス・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ディズニー・キャラクター・ボイス・インターナショナル株式会社
Disney Character Voices International, Inc.
種類 子会社
略称 DCVI
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク
設立 1988年
事業内容 吹き替え
所有者 ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
テンプレートを表示

ディズニー・キャラクター・ボイス・インターナショナル(Disney Character Voices International, Inc.)とは、アメリカウォルト・ディズニー・カンパニーが製作する映像作品の吹き替えを行うウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルの主要部門である。

概要[編集]

1988年設立。アメリカ合衆国に本社を置くウォルト・ディズニー・カンパニー内の4大部門の1つウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルの主要部門である。

ウォルト・ディズニー・スタジオ子会社にあたるウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズディズニー・ミュージック・グループ、およびディズニー・メディア・ディストリビューションによるものを含むすべてのディズニー作品、ディズニー関連作品(ディズニーキャラクター)の翻訳および吹き替えサービスの監修と提供を世界中に展開している。

吹替版製作の際には「その国の観客に受け入れてもらえるか」を一番大切にしており、長年世界各国の吹替版の監修をしてきたリック・デンプシーは日本のインタビューで「アニメーションの場合、字幕版の声優ではなく素晴らしい日本人声優の声が残る。観客が、この作品は私たちのために作られたんだと感じる作品にすることが最終ゴールだね。アニメーションの吹き替えは、実写の要素に取り組む必要がない点が独特なんだ。字幕版の声優を各国の声優と完全に置き換えることができる。見たものと聞いたものをそのまま受け取るというのは、アニメーションだからこそできること」と語っている[1]

日本での活動[編集]

日本では本部門設立以前である1954年の『ダンボ』初公開時から、一部を除き[2]ウォルト・ディズニー・カンパニーの海外製作部長が来日しての吹替版制作およびキャスティングは行われていた。

現在の日本語吹替版の制作は、本国の監修の下でウォルト・ディズニー・ジャパン(日本法人)内の同部門が行なっている。録音制作はトランスグローバル東北新社スタジオ・エコーHALF H・P STUDIOグロービジョンなどで行なわれている。

作品の制作が開始すると、本社から声優の承認が必要になるキャラクターの指示が送られ、台詞と歌のオーディションで「年齢感」「声の高さ」「声の質感」「演技力」「歌唱力」などがチェックされる。そして、日本側の審査である程度候補を絞った上で本社に音声を送り、承認をもらいキャストが決定されるという[3]。キャスティングの過程では「オリジナル版と変わらない日本語版を作る」ということを大切にしており、これについて担当者は「言語は変わってもキャラクターの声は変わりません。そして声だけでなく、表現も変わらないように気を付けていきます。日本語版を見ていただく方々に、オリジナル版と同じ体験をしてもらえるように心掛けているんです」と述べている[3]

一方、過去には一つの作品に複数のバージョンの吹き替えが制作されることが多く[4]、それらを現在"オフィシャル版"一本に統一し、他のバージョンの吹き替えを原則非公開としているが、ソフト版とは異なるテレビ放送版の吹き替えで放送される事もある。多くのソフトメーカーがテレビ版吹き替えを収録したブルーレイを積極的に発売している中、ディズニー関連作品は未だにテレビ版吹き替えを収録したブルーレイが発売されていない。それについては「日本独特の複数の吹替版を楽しんだり評価するというベースがなかなか理解してもらえない」「せめて過去に流通していた音源は大事にしてほしいものです」と苦言を呈されることがある[5][6]。2012年公開の『アベンジャーズ』以降のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の配給を引き継いだ当初は、以前の作品で担当していた声優が芸能人に変更されたのを巡って多くの批判が殺到していたが[7]、ディズニーの方針の関係でソフト版でも劇場公開版のみの吹き替えが採用され、変更後の声優陣が以後のMCU作品でも続投するようになった。その後、2020年20世紀スタジオの制作作品のソフト販売をウォルト・ディズニー・ジャパンが引き継いだが、発売済の作品に関してはブルーレイやDVDにテレビ版吹き替えが引き続き収録されている。

収録される主な言語[編集]

本国のアメリカ英語に続いて、公式に以下の言語で制作・収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ ディズニー声優監修者が語る、吹き替え声優抜てきの“条件” 山寺宏一の場合は?” (日本語). 映画.com. 2020年3月25日閲覧。
  2. ^ テレビ放送時に制作していた吹き替えなど
  3. ^ a b ディズニーで吹き替え声優はどうやって決めている?担当者が明かす” (日本語). シネマトゥデイ. 2019年9月11日閲覧。
  4. ^ 2000年代までに公開された実写作品、本部門設立までのアニメ作品など。出典元では『クール・ランニング』が挙げられている。
  5. ^ ダークボのふきカエ偏愛録 #57 令和最初のほっこり。” (日本語). 2020年5月7日閲覧。
  6. ^ 【吹替パラダイス】第7回:「スター・ウォーズ」テレビ版吹替の収録を阻む意外なものとは?” (日本語). Stereo Sound ONLINE. 2020年3月25日閲覧。
  7. ^ 【大炎上】『アベンジャーズ』ブルーレイ吹替版にファン激怒「購買者をバカにしてる」「予約キャンセルした」「消費者をなめるなよ」”. ロケットニュース24 (2012年12月5日). 2013年2月1日閲覧。