ディセンダント (ディズニー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ディセンダント
Descendants
監督 ケニー・オルテガ
脚本 ジョーサン・マクギボン
サラ・パリオット
出演者 ダヴ・キャメロン
ソフィア・カーソン
キャメロン・ボイス
ブーブー・スチュワート
クリスティン・チェノウェス
主題歌 「ロッテン・トゥ・ザ・コア」
公開 2015年7月31日
上映時間 112分
製作国 アメリカ
言語 英語
次作 ディセンダント2
テンプレートを表示

ディセンダント』(原題:Descendants)は、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの映画。全米公開は2015年7月31日[1]。日本のディズニーチャンネルでは同年12月18日に初放送された[2]。監督は「ハイスクール・ミュージカル」を手掛けたケニー・オルテガ。2017年には続編の『ディセンダント2』も公開された[3]

ストーリー[編集]

ディズニー・ヴィランズ(悪役)に子供がいて、彼らがもし十代だったら…」という設定のもとストーリーが展開する。それ故に複数のディズニー作品の世界や人物が同一作品内に収まっており、英雄たちはアダム国王の統治するオラドン合衆国に、悪役たちはロスト島と呼ばれる場所に住んでいる。

島に隔離されて育ったマルたち四人はある日、本土にあるオラドン高校へ通うように言い渡される。直に王位を継ぐアダム国王の息子ベンが「悪役たちの子供にチャンスを」と彼らを招いたのだった。嫌がるマルだったが、彼女に「フェアリー・ゴッドマザーの魔法の杖」を手に入れさせようと企む母マレフィセントに諭され渋々了承する。

高校に通いながら杖を奪う機会を狙うマルはベンの戴冠式がそのチャンスであると知り、彼の恋人となって式に入り込むことを思いつく。惚れ薬を使い作戦は成功したものの今度はマル自身がベンの誠実さ、素直さに惹かれ始める。

キャスト[編集]

マル・バーサ
演 - ダヴ・キャメロン、日本語吹替 - 近藤唯
本作の主人公。『眠れる森の美女』の悪役マレフィセントの一人娘。ロスト島に住んでいた。母から受け継いだ魔法の本を用いて呪文を使える。スプレーペイントによる絵が得意。ミドルネームは「バーサ」。激しい怒りや興奮状態に陥ると瞳が緑色になる。
ベンの政策によりオラドン高校へ転校してくる。母親の期待を背負い立派な悪人になろうと頑張ってはいるが、心の奥底では疑問を感じている。転校生組である四人の中ではリーダー的立ち位置にあるが、他三人を家族同然に思っており大切にしている。イヴィとは親友であり、カルロスやジェイには言っていないことも彼女には打ち明けているなど特別信頼している。
魔法の杖を奪うためにベンの戴冠式へ出席する必要があったため、惚れ魔法を使ってベンに自身を好きにさせる。しかしベンとデートや会話を重ねていくにつれその誠実な人柄や自身が抱いていた疑問を感じ取るようになり、最終的には魔法を解くことに決めた。魔法が解けてもベンが自分を好きでいてくれた事実に安心すると共に自分の中の思いに気がつき、「いい人になりたい」と宣言する。襲撃してきたマレフィセントを魔法で打ち破り、小さなトカゲにして飼育している。
2では正式にベンの恋人となるが国中の人々からの重圧に耐えきれず肉体的にも精神的にも多大な疲労を負っていた。そのことから魔法の本を博物館に預けずに私的利用を繰り返す。また、オラドンに馴染み変わっていくロスト島からの幼馴染たちの姿にも寂しさと不安を覚え、ベンとの喧嘩をきっかけに島へ戻ってしまう。
幼少期はウーマのことを「小エビちゃん」と呼び仲間外れにしていた。そのことから今でもウーマとは折り合いが悪い。ヴィランズの娘である自分がベンと不釣り合いなのではないかと言う不安がずっとわだかまりとして残っており、彼に好きだということもキスすることも出来ずにいた。しかし、ウーマの襲来がきっかけでベンが誰よりも大切だと気がつきその想いを口にする。また、ウーマとの戦いでサイズは小さいが母と同じようにドラゴンに変身できることが発覚。
3ではロスト島の希望の星として故郷の子供たちにもオラドンで学ぶ権利があるとして活動を起こし、島の子供ら数人を迎え入れる。その際にハデスの襲撃未遂が起き、彼の燃えさしで魔力を吸い取られてしまった。ベンからプロポーズを受けたことで正式に王女となり、オラドンを守るためにロスト島との行き来を永遠に禁ずることを提案。イヴィたちに自分でロスト島の封印を提案したことを言い出せず、守れない約束をしながら暫く過ごしていた。
燃えさしを借りに島へ向かった際ハデスが実の父だと発言。まだ幼い頃に自分を捨てた父を少なからず憎んでいたが、本編の事件を通して和解した様子。最終的にオラドンだけの王女にはなれないと決断し、「人には誰しもいい面と悪い面をもつ」とスピーチしロスト島のバリアを完全になくすことを決めた。
イヴィ
演 - ソフィア・カーソン、日本語吹替 - 森谷里美
白雪姫』に登場する悪の女王の娘(白雪姫の異母妹)。プリンセスに憧れており、裁縫や料理といった女の子らしい特技を持つ。
母親と同じように小さな魔法の手鏡を使う。高校の授業を受けるうちに自分の中に眠る知性に気付く。いつか王子様と結ばれお城に住むことを夢見ており、初めは王室育ちのチャドに夢中であった。しかし、魔法の手鏡を使った雑用など利用された挙句教師に不正行為をバラされるなど散々な目に合う。その時かばってくれたダグのおかげで実力で成績を上げることができ、彼に想いを寄せ始める。
初めはマルに合わせている部分もあったが、彼女のことを家族同然に思っており唯一無二の親友だと考えている。洋服を作る際はデザインから始め、これまでもマルのドレスなど自分の分以外にも様々なものを自作している。
2では自分で作ったドレスを販売しており、デザイナーとして人気を博している。経営をダグに任せ、貯まったお金で一戸建てを買う気でいるらしい。重圧に耐えきれなくなっているマルに気が付けなかったことを激しく悔やむが、ロスト島に戻ろうとする彼女に離れても親友だと固く誓う。
魔法の鏡は博物館に預けており、島に残っている子供たちをもっと迎え入れたいと両国の進展に向け真剣に考えている様子。
3ではロスト島の子供たちを迎え入れるために動いており、行き来を禁じられそうな状態でマルが王女になったことを心から安堵していた。しかしマルが自らロスト島の行き来を禁じたことを知り、彼女の決断よりも自分たちに嘘をついていたという事実に悲しみ腹を立てていた。ダグとは未だにお互い想いを伝えていないらしいが、ダグが魔法で眠ってしまったことを期に恋人同士となった。
カルロス
演 - キャメロン・ボイス、日本語吹替 - 下田レイ
101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ビルの息子。子供っぽいところがあるが無邪気で皆から可愛がられる。
母親から恐ろしい生き物であると聞かされていたため犬を怖がっていたが、オラドンでは犬と触れ合い仲良くなる。
メカマニアでパソコンなどを扱うのが得意。チョコレートが好き。運動は特別得意ではないが足が速く、ジェイと共にトーニーに参加する。
感情的でジェイとたびたび言い争いになることもあったが、次第に兄弟のようにじゃれ合えるようになる。母を恐れているがマルのいい人になりたいという思いを聞き自分もオラドンに残ることを決意。
2ではジェーンに好意があり、舞踏会に彼女をパートナーとして誘おうと奮闘している。鈍感な彼女に想いを気づいてもらえずマルに相談した結果、真実を話すようになるグミをもらう。しかしそれを誤って飼い犬のデュードが食べてしまい、それからはデュードと人語を介して会話をする。粘り強くアタックした結果想いを伝えることに成功し、舞踏会には彼女のパートナーとして参加する。
3ではロスト島の子供たちを迎え入れる準備をすると共にジェーンの誕生日にも入念な準備を見せ、自身のカルロスという名前をジェーンの名前を合わせ「ジャルロス」と書かれたハンドメイドのネックレスをプレゼントした。
ジェイ
演 - ブーブー・スチュワート、日本語吹替 - 瀧村直樹
アラジン』の悪役ジャファーの息子。盗みが得意で手癖が悪い。
身体能力が高く、そのためオラドン合衆国で行われている競技「トーニー」の選手にスカウトされ、盗み以上のやりがいを見出す。
一番最初にオラドンに馴染み始めた人物であり、トーニーでの活躍を通して女子生徒からの莫大な人気も得た。
2ではトーニーのキャプテンに上り詰めていたが、王室の仕事で抜けたベンの代わりに入りたいというロニーの願いをかなえるため彼女にキャプテンの座を引き渡した。
3ではトーニーの活躍っぷりを視野に入れ大学を選ぶなど、真剣にスポーツに向き合っている様子。初期と比べてだいぶ温和な兄貴分のような性格になったが、ウーマの一味とはたびたび衝突を見せる。しかし、何処までも真っすぐで素直なギルにあてられ彼らとも親交を深めるようになり、最終的にはギルと世界中を旅する約束を交わした。
マレフィセント
演 - クリスティン・チェノウェス、日本語吹替 - 唐沢潤
『眠れる森の美女』でおなじみの、オーロラ姫に呪いをかけた悪役。悪役たちのリーダー的存在。オラドン高校に招かれた娘マルを使って復讐を企む。
魔法の杖でバリアを破りオラドンへ襲撃するが、魔法を取得したマルに返り討ちにされ小さなトカゲ姿になってしまう。
イーヴィル・クイーン
演 - キャシー・ナジミー、日本語吹替 - 宮沢きよこ
白雪姫の継母であり彼女を殺そうとした悪の女王。本名はグリムヒルド。
クルエラ・ド・ヴィル
演 - ウェンディ・ラクエル・ロビンソン英語版、日本語吹替 - 伊沢磨紀
『101匹わんちゃん』にて子犬を盗み毛皮のコートを作ろうと企んだ残酷な悪女。
犬たちの返り討ちにあって以来、息子のカルロスに犬は獰猛で恐ろしい生き物と教え込んでいる。
ジャファー
演 - マズ・ジョブラニ英語版、日本語吹替 - こねり翔
『アラジン』に登場する悪の大臣。ロスト島では息子ジェイが盗んできた品を売っている。
ベンジャミン
演 - ミッチェル・ホープ、日本語吹替 - 黒岩拓朗
オラドン合衆国の王アダムの息子。「新しい世代に学ぶ機会を」と考えロスト島に住む自分と同世代のマル達を本土に招待する。
初めはオラドンに馴染めていない四人を気に掛ける延長戦でマルと話していたが、彼女にかけられた惚れ魔法の影響でトーニーの試合後大胆に公開告白をする。魔法の湖で泳いだ際に魔法は解けたが、かかったフリをしてマルと関わっていくうちに本心で彼女に惹かれていく。
2では魔法の乱用を叱ったことで島へ戻ってしまったマルを迎えに行くため島へ向かうが拒絶された挙句ウーマの一味に捕まってしまうという失態を犯してしまう。マルが自分への気持ちを言葉にしてくれないことに密かに不安を抱いており、その弱みにつけ込んだウーマにマルの時と同じように惚れ魔法をかけられてしまう。最後はマルの瞳とキスで魔法が解けた。
3ではマルにプロポーズをして無事OKをもらう。彼女が下したロスト島との行き来の禁止には始めは反対していたが、国王として国を守るため渋々決断する。オードリーによってビーストに姿を変えられてしまい、一時は棘が刺さった痛みでジェイやカルロスたちに襲い掛かったが、ジェーンが汲んできた魔法の湖の水によって元の姿を取り戻す。変身が解けてからも経緯の説明を後回しにされるなど、王のわりには情けない扱いを受けることが多い。
ビースト
演 - ダン・ペイン英語版、日本語吹替 - 高瀬右光
美女と野獣』で醜い野獣に変えられた王子。現在では、様々な国をまとめオラドン合衆国をつくりあげた国王。
ベル
演 - キーガン・コナー・トレイシー、日本語吹替 - 槇原千夏
『美女と野獣』で野獣の呪いを解いた村娘のベル。オラドン合衆国の王妃で、ベンの母親。
フェアリー・ゴッドマザー
演 - メラニー・パクストン英語版、日本語吹替 - 玉川砂記子
シンデレラを助けた魔法使い。オラドン高校の校長。
ジェーン
演 - ブレンナ・ダミーコ、日本語吹替 - 田毎なつみ
フェアリー・ゴッドマザーの娘。自分に自信が持てず厳しい母親の言う通りにしているものの、今時の女の子らしいファッションに憧れている。
チャド
演 - ジェデダイア・グッドエイカー、日本語吹替 - ランズベリー・アーサー
シンデレラとチャーミング王子の息子。いかにも王子様らしいハンサムな容姿だが、プリンセスに憧れるイヴィを利用するなど腹黒い一面を持つ。頭はお花畑。
オードリー
演 - サラ・ジェフェリー英語版、日本語吹替 - IMALU / 種市桃子
『眠れる森の美女』のオーロラ姫とフィリップ王子の娘。マルが現れるまではベンのガールフレンドだった。
母親のオーロラ姫がマレフィセントのせいで両親と暮らせなかったこともあり、ベンと違ってマルたちを受け入れていない。
ロニー
演 - ダイアン・ドーン、日本語吹替 - 渡辺広子
ムーランの娘。優しい性格でマルたちにも分け隔てなく接する。
ダグ
演 - ザッカリー・ギブソン、日本語吹替 - 水中雅章
『白雪姫』に登場する七人の小人の一人、おとぼけの息子。イヴィの聡明さを逸早く見ぬき彼女に惹かれる。

ディセンダント キケンな世界[編集]

本作のスピンオフアニメとして、3DCGによる短編アニメシリーズ『ディセンダント キケンな世界』(原題:Descendants: Wicked World)も制作されている[4]
このシリーズには本編に出てこないキャラクター(アリスの娘やドクター・ファシリエの娘、ジーニーの娘)も登場している[5][6]

サウンドトラック[編集]

ディセンダント サウンドトラック
多数のアーティストサウンドトラック
リリース
録音 2014年-2015年
ジャンル ポップティーン・ポップダンス・ポップEDMダンス・ポップポップ・ロックミュージカル
時間
レーベル ウォルト・ディズニー
『ディセンダント』収録のシングル
  1. 「ビリーヴ」
    リリース: 2015年6月26日
テンプレートを表示

『ディセンダント サウンドトラック』(Descendants (Original TV Movie Soundtrack))はディズニー・チャンネルで放送されたオリジナル・ムービー『ディセンダント』のサウンドトラックである。米国で2015年7月31日に発売され[7]、日本で2015年11月18日に発売された[8][9]

概要[編集]

本作品はディズニー・ヴィランズの子孫たちを描いたミュージカル作品、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『ディセンダント』のオリジナル・サウンドトラックである。

2015年8月22日付け全米アルバムチャートビルボード200で初登場1位を記録している[10]

ダヴ・キャメロン(マル役)、キャメロン・ボイス(カルロス役)、ブーブー・スチュワート(ジェイ役)、ソフィア・カーソン(イヴィ役)によって歌われた「ロッテン・トゥ・ザ・コア」はシングルチャートビルボードホット100で最高38位となる[11]。 日本盤ボーナストラックはカラオケバージョン5曲が追加された全18曲収録[8][9]

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
1.「ロッテン・トゥ・ザ・コア」
  • Joacim Persson
  • Shelly Peiken
  • Johann Alkenas
  • Joacim Persson
  • Shelly Peiken
  • Johann Alkenas
ダヴ・キャメロンキャメロン・ボイスブーブー・スチュワートソフィア・カーソン
2.「イーヴィル・ライク・ミー」Andrew LippaAndrew Lippaクリスティン・チェノウェス、ダヴ・キャメロン
3.「ディッド・アイ・メンション」Adam SchlesingerAdam Schlesingerジェフ・ルイス、ミッシェル・ホープ
4.「イフ・オンリー」
  • Adam Anders
  • Nikki Hassman
  • Peer Astrom
  • Adam Anders
  • Nikki Hassman
  • Peer Astrom
ダヴ・キャメロン
5.「ひとりぼっちの晩餐会」
  • Alan Menken
  • Howard Ashman
  • Alan Menken
  • Howard Ashman
ミッチェル・ホープ、スペンサー・リー、カーラ・バルチ、マルコ・マリナンジェリ
6.「イフ・オンリー(リプライズ)」
  • Adam Anders
  • Nikki Hassman
  • Peer Astrom
  • Adam Anders
  • Nikki Hassman
  • Peer Astrom
ダヴ・キャメロン
7.「セット・イット・オフ」
  • Sam Hollander
  • Josh Edmondson
  • Grant Michaels
  • Craig Lashley
  • Charity Daw
  • Sam Hollander
  • Josh Edmondson
  • Grant Michaels
  • Craig Lashley
  • Charity Daw
ダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソン、キャメロン・ボイス、ブーブー・スチュワート、ミッチェル・ ホープ、サラ・ジェフェリー、ジェフ・ルイス
8.「ビリーヴ」
  • Shawn Mendes
  • Geoffrey Warburton
  • Glen Scott
  • Martin Terefe
  • Shawn Mendes
  • Geoffrey Warburton
  • Glen Scott
  • Martin Terefe
ショーン・メンデス
9.「ロッテン・トゥ・ザ・コア」
  • Joacim Persson
  • Shelly Peiken
  • Johann Alkenas
  • Joacim Persson
  • Shelly Peiken
  • Johann Alkenas
ソフィア・カーソン
10.「ナイト・イズ・ヤング」
  • Augie Ray
  • Jintae Ko
  • Lindy Robbins
  • Augie Ray
  • Jintae Ko
  • Lindy Robbins
チャイナ・アン・マクレーン
11.「グッド・イズ・ザ・ニュー・バッド」  ダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソン、チャイナ・アン・マクレーン
12.「アイム・ユア・ガール」
  • Dustin Burnett
  • Stephanie Lewis
  • Paula Winger
  • Dustin Burnett
  • Stephanie Lewis
  • Paula Winger
フェリシア・バートン
13.「ディセンダンツ・スコア・スイート」デイヴィッド・ローレンスデイヴィッド・ローレンスデイヴィッド・ローレンス
合計時間:
日本盤ボーナストラック[8]
#タイトル作詞作曲・編曲
14.「ロッテン・トゥ・ザ・コア(カラオケ・バージョン)」  
15.「イーヴィル・ライク・ミー(カラオケ・バージョン)」  
16.「ディッド・アイ・メンション(カラオケ・バージョン)」  
17.「イフ・オンリー(カラオケ・バージョン)」  
18.「セット・イット・オフ(カラオケ・バージョン)」  

チャート[編集]

チャート (2015年) 最高順位
オーストラリア (ARIA)[12] 57
ベルギー (ウルトラトップ・フランダース)[13] 179
ベルギー (ウルトラトップ・ワロン)[14] 177
ドイツ (MegaCharts)[15] 50
フランス (SNEP)[16] 102
イタリア (FIMI)[17] 19
スペイン (プロムシカエ)[18] 36
アメリカ (ビルボード200)[19] 1
アメリカ Kid Albums (ビルボード)[20] 1
アメリカ・サウンドトラック (ビルボード)[21] 1

発売日[編集]

国/地域 発売日 フォーマット レーベル
アメリカ 2015年7月31日[7] CD、デジタル・ダウンロード ウォルト・ディズニー
日本 2015年11月18日[8] エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ

脚注[編集]

  1. ^ Daley, Megan (2015年6月1日). “Disney Channel sets premiere date for Descendants”. エンターテインメント・ウィークリー. 2016年1月26日閲覧。
  2. ^ ディズニーの悪役の子孫を描く『ディセンダント』、本日12月18日(金)日本初放送!”. 海外ドラマNAVI (2015年12月18日). 2016年1月26日閲覧。
  3. ^ ディズニー映画の子孫を描いた話題作「ディセンダント」、早くも続編計画を発表”. PR TIMS (2015年10月26日). 2016年1月26日閲覧。
  4. ^ 「ディセンダント」の短編CGアニメ・シリーズ「Descendants Wicked World」”. http://cue.ms/+(2015年11月12日).+2016年1月26日閲覧。
  5. ^ JENNIFER VEAL JOINS DISNEY'S 'DESCENDANTS: WICKED WORLD'”. m-magazine.com (2015年11月19日). 2016年1月26日閲覧。
  6. ^ 'Descendants: Wicked World' Sneak Peek: Meet Mean Girls Jordan and Freddie”. Yahoo! (2015年10月8日). 2016年1月26日閲覧。
  7. ^ a b c Descendants [Original TV Movie Soundtrack]”. オールミュージック. 2015年10月24日閲覧。
  8. ^ a b c d ディセンダント サウンドトラック”. ディズニー. 2015年10月18日閲覧。
  9. ^ a b ディセンダント サウンドトラック”. Billboard Japan (2015年). 2015年12月21日閲覧。
  10. ^ Caulfield, Keith (2015年8月9日). “'Descendants' Soundtrack Debuts at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. ビルボード. 2015年8月26日閲覧。
  11. ^ Billboard Hot 100 August 22, 2015”. Billboard (2015年). 2015年11月2日閲覧。
  12. ^ Rya n, Gavin (August 8, 2015 2015). “ARIA Albums: Meghan Trainor 'Title' Is No 1”. Noise11. 2015年8月8日閲覧。
  13. ^ Soundtrack - Descendants”. ultratop.be/nl (2015年). 2015年10月24日閲覧。
  14. ^ Soundtrack - Descendants”. ultratop.be/fr (2015年). 2015年10月24日閲覧。
  15. ^ Soundtrack - Descendants”. dutchcharts.nl (2015年). 2015年10月24日閲覧。
  16. ^ SOUNDTRACK - DESCENDANTS (ALBUM)”. lescharts.com (2015年). 2015年10月25日閲覧。
  17. ^ FIMI Compilation Albums - WK 40” (2015年). 2015年10月9日閲覧。
  18. ^ SOUNDTRACK - LOS DESCENDIENTES (ALBUM)” (2015年). 2015年11月2日閲覧。
  19. ^ Billboard 200 - August 22, 2015”. ビルボード (2015年). 2015年8月26日閲覧。
  20. ^ Various Artists - Chart History - Kid Albums”. ビルボード (2015年). 2015年8月13日閲覧。
  21. ^ Various Artists - Chart History - Soundtracks”. ビルボード (2015年). 2015年10月24日閲覧。