ディディエ・ロックウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ディディエ・ロックウッド
Didier Lockwood
Didier Lockwood 2014.jpg
ディディエ・ロックウッド(2014年10月)
基本情報
生誕 (1956-02-11) 1956年2月11日
出身地 フランスの旗 フランス カレー
死没 (2018-02-18) 2018年2月18日(62歳没)
ジャンル ジャズプログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ヴァイオリン
レーベル JMS、Gramavision、Dreyfus
共同作業者 アルド・ロマーノ
ダニエル・ユメール
スルヤ
公式サイト www.didierlockwood.com

ディディエ・ロックウッドDidier Lockwood1956年2月11日 - 2018年2月18日)は、フランスのジャズヴァイオリニストである。1970年代にプログレッシブ・ロックフュージョンのバンドであるマグマで演奏し、電気増幅してさまざまな音を実験的に使用したエレクトリック・ヴァイオリンで知られていた[1][2][3]

略歴[編集]

1979年、ロックウッドは、リーダーとして最初のアルバム『ニュー・ワールド』をリリースし[4]、その後、20枚以上のアルバムをレコーディングした[5]。1994年からは、2年間にわたってニューヨークへと拠点を移した。その間に、『New York Rendez-Vous』『ストーリーボード』という2枚のアルバムを録音した[6]

ロックウッドに影響を与えた人物には、フュージョン・ヴァイオリニストのジャン=リュック・ポンティがいる。彼はアルバム『キング・コング』(フランク・ザッパの音楽を演奏している)でのポンティの演奏を聞いた後、エレクトリック・ヴァイオリンを手に取った[1]。もう1人の重要な影響を与えた人物は、同郷のフランス人、ステファン・グラッペリである。2000年、ロックウッドはグラッペリのトリビュート・アルバムを録音している[7]

2018年2月18日、パリにて心臓発作で急死。享年62歳[8]

ギャラリー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • Thank you friends (1978年) ※フランソワ・カーンと連名[9]
  • Surya (1978年)
  • 『ニュー・ワールド』 - New World (1979年) ※with ゴードン・ベックニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセントニー・ウィリアムス
  • You Better Fly Away (1979年)
  • Swing strings system (1979年)
  • Live in Montreux (1980年)
  • Fusion (1981年) ※クリスチャン・ヴァンデ、ヤニック・トップ、ブノワ・ヴィドゥマン連名
  • One World In Eight (1981年) ※The String Summit名義
  • Fasten Seat Belts (1982年)
  • The Kid (1983年)
  • Trio (1983年) ※フィリップ・カテリーン、クリスチャン・エスクーデ連名
  • Didier Lockwood Group (1984年) ※Didier Lockwood Group名義
  • Out Of The Blue (1985年)
  • 『ヴァイオリン・サミット』 - Rhythm & BLU (1985年) ※ジョン・ブレイク、マイケル・ウルバニアク連名
  • Absolutely Live (1986年、Paroles & Musique) ※UZEB / Didier Lockwood名義
  • 『1.2.3.4』 - 1.2.3.4 (1987年)
  • Phoenix 90 (1990年) ※Didier Lockwood Group名義
  • Lune froide (1991年) ※映画『Lune froide』サウンドトラック
  • Caron - Écay - Lockwood (1992年) ※Alain Caron、Jean-Marie Ecay連名
  • DLG (1993年) ※Didier Lockwood Group名義
  • Solal - Lockwood (1994年) ※マーシャル・ソラール連名
  • Le onztet de violon jazz (1994年)
  • New York Rendez-Vous (1995年)
  • Chansons pour les enfants (1995年)
  • 『ストーリーボード』 - Storyboard (1996年)
  • 『ラウンド・アバウト・サイレンス』 - Round About Silence (1998年)
  • Best of Didier Lockwood (1999年) ※コンピレーション
  • 『トリビュート・トゥ・ステファン・グラッペリ』 - Tribute to Stéphane Grappelli (2000年)
  • Omkara (2001年) ※ラグナート・マネ連名
  • Les Enfants de la pluie (2003年) ※映画『Les Enfants de la pluie』サウンドトラック
  • Globe-Trotter (2003年)
  • Hypnoses (2004年) ※コンピレーション
  • Concerto pour violon et piano (2005年)
  • Concerto pour violon, Les Mouettes (2005年)
  • Concerto pour piano (2005年)
  • For Stéphane (2008年)
  • À la récré (2009年)
  • Lockwood Brothers (2009年) ※フランシス・ロックウッドとのデュオ
  • L'Orchestre des aveugles (2015年)
  • Apesantar (2016年)
  • Open Doors (2017年)

参加アルバム[編集]

マグマ
  • 『ライヴ!』 - Live / Hhaï (1975年)
  • 『幻の音像』 - Inédits (1977年)
  • 『レトロスペクティヴI & II』 - Retrospektïẁ I-II (1981年)
  • 『レトロスペクティヴIII』 - Retrospektïẁ III (1981年)
  • 『トゥールーズ1975』 - Theatre Du Taur Toulouse 1975 (1994年、AKT4)
  • 『コンサート1976 - オペラ・ド・ランス』 - Reims 1976 (1996年、AKT9)[10]
ピエール・ムーランズ・ゴング
  • 『ダウンウインド』- Downwind (1979年)
ザオ
  • 『カワナ』 - Kawana (1976年)[11]
  • 『ライヴ 1976』 - Live! (1976年)[12]
ヤレク・スメタナ (Jarek Śmietana)
  • A Tribute To Zbigniew Seifert - Jarek Śmietana Band (2009年)
ビリー・ハート
  • 『オシュマレ』 - Oshumare (1985年、Gramavision)
アラン・サイモン
  • Excalibur (Le Concert Mythique) (1999年)
ロジャー・ホジソン
  • Open the Door (2000年)
Nougarologie
  • Et me voici (2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Didier Lockwood at All About Jazz”. 2010年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月9日閲覧。
  2. ^ Didier Lockwood”. Europejazz.net. 2011年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月9日閲覧。
  3. ^ Haigh, Chris. “Jazz violin”. Fiddlingaroundtheworld.co.uk. 2010年4月9日閲覧。
  4. ^ New World review at Allmusic
  5. ^ Discography at Allmusic
  6. ^ Lockwood moved to NY”. Didier Lockwood Biography. 2016年8月19日閲覧。
  7. ^ Knudsen, Benji. “Jazz and the French Violinist: Stephane Grappelli and Didier Lockwood”. The Vermont Review. 2010年4月9日閲覧。
  8. ^ Région - Le musicien Didier Lockwood est décédé - Delta FM” (フランス語) (2018年2月18日). 2018年2月18日閲覧。
  9. ^ Voir Atlantic 50489.
  10. ^ Concert 1976 Opéra de Reims at Discogs
  11. ^ Didier Lockwood > Credits at Allmusic
  12. ^ ZAO: Live! review at Allmusic