ディディ・グレゴリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ディディ・グレゴリアス
  • ディーディー・グレゴリアス
  • ディーディー・グレゴリウス
ディディ・グレゴリウス
Didi Gregorius
ニューヨーク・ヤンキース #18
Didi Gregorius in 2017 (36892247441).jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2017年9月4日)
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 北ホラント州アムステルダム
生年月日 (1990-02-18) 1990年2月18日(29歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてシンシナティ・レッズと契約
初出場 2012年9月5日 フィラデルフィア・フィリーズ
年俸 $11,750,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ代表
WBC 2017年

マリエクソン・ユリウス・グレゴリウスMariekson Julius Gregorius , 1990年2月18日 - )は、オランダ王国北ホラント州アムステルダム出身のプロ野球選手遊撃手)。右投左打。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。

グレゴリアス」と表記される事もある。「サー」の爵位を持っており、サー・ディディとも称される[2]

父親と8歳年上の兄は、オランダの野球リーグであるフーフトクラッセでプレーしていた[3]

現役唯一のオランダ本国出身のメジャーリーガーであり[4]、ヤンキースの遊撃手としての歴代最多シーズン本塁打記録を持つ[5]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

オランダのアムステルダムで生まれ、アムステルダムとオランダ領アンティルキュラソー島で育つ。父親はキュラソー島出身で、父がアムステルダムのセミプロ野球チームでプレーしていた時に生まれる。ユースチームでは、ケンリー・ジャンセンアンドレルトン・シモンズとチームメイトだった。その後オランダ野球リーグ・フーフトクラッセアムステルダム・パイレーツに加入。

レッズ時代[編集]

2007年8月6日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。

2008年、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッズでプロデビュー。31試合に出場し、打率.155・9打点・2盗塁だった。

2009年はA+級サラソタ・レッズで22試合に出場し、打率.254・2打点だった。7月からはルーキー級ビリングス・マスタングスでプレー。50試合に出場し、打率.314・1本塁打・16打点・8盗塁だった。オフの9月にイタリアネットゥーノで行われた第38回IBAFワールドカップオランダ代表として出場した。

2010年はA級デイトン・ドラゴンズで120試合に出場し、打率.273・5本塁打・41打点・16盗塁だった。8月31日にA+級リンチバーグ・ヒルキャッツへ昇格し、7試合に出場した。オフにオーストラリアン・ベースボールリーグに参加し、キャンベラ・キャバルリーに加入した。ここでは、36試合に出場し、打率.189・1本塁打・9打点・4盗塁だった。

2011年はA+級ベイカーズフィールド・ブレイズで46試合に出場し、打率.303・5本塁打・28打点・8盗塁だった。7月にAA級カロライナ・マドキャッツ(現:ペンサコーラ・ブルーワフーズ。現行の同球団とは別物)へ昇格。38試合に出場し、打率.270・2本塁打・16打点・3盗塁だった。9月20日に第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された[6]。同大会ではヨーロッパの代表としては、1938年大会のイギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[7]、グレゴリウスにも贈られた[2]。11月18日にレッズとメジャー契約を結び[8]40人枠入りを果たした。

2012年3月18日にAA級ペンサコーラへ配属され、開幕を迎えた。AA級ペンサコーラでは81試合に出場し、打率.278・1本塁打・31打点・3盗塁だった。7月にAAA級ルイビル・バッツへ昇格。同球団では48試合に出場し、打率.243・6本塁打・23打点だった。登録枠が拡大された9月1日にメジャーへ昇格し[9]、9月5日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。8番・遊撃として先発起用され、4打数無安打だった。この年は8試合に出場し、打率.300・2打点だった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2012年12月11日にクリーブランド・インディアンスを含めた三角トレードアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[10]

2013年3月2日にダイヤモンドバックスと1年契約に合意[11]。開幕直前の3月31日に右肘の故障で15日間の故障者リスト入りした[12]。4月16日に復帰[13]。復帰後は遊撃手として先発起用され、復帰から7試合連続安打を記録していたが、4月26日のコロラド・ロッキーズ戦でジョシュ・アウトマンから頭部死球を受け途中退場し、4月28日に故障者リスト入りした[14]。5月4日に復帰[15]後も正遊撃手として奮闘し、この年は103試合に出場。打率.252・7本塁打・28打点だった。

2014年3月3日にダイヤモンドバックスと1年契約に合意した[16]。3月30日にAAA級リノ・エーシズへ配属され[17]、アメリカで開幕を迎えた。開幕後は前年AAA級リノでMVPや新人王を獲得したクリス・オーウィングスに遊撃の定位置を奪われ、6月3日にメジャーへ昇格[18]後は主にオーウィングスのバックアップや二塁の守備に就いていたが、6月29日にオーウィングスが故障者リスト入りしたため、遊撃の定位置を奪取。9月にオーウィングスが復帰したがグレゴリウスは遊撃に固定され、オーウィングスは二塁に回った。この年は80試合に出場し、打率.226・6本塁打・27打点・3盗塁だった。

ヤンキース時代[編集]

2014年12月5日にデトロイト・タイガースを含んだ三角トレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[19]

2015年は、前年に引退したスター遊撃手デレク・ジーターの後継者としてレギュラーの座に入り、155試合に出場。打撃面では打率.265・9本塁打・56打点・5盗塁だった。

2016年は153試合に出場して打率.276・20本塁打・70打点という成績を記録。ホームランは自己最多だった。

2017年開幕前の1月24日に第4回WBCオランダ代表に選出された[20]。3月20日に右肩を負傷したため代表を離脱した[21]。シーズンでは9月4日のオリオールズ戦でディラン・バンディから球団遊撃手初となる2年連続シーズン20号本塁打を記録した[22]。9月20日のツインズ戦でシーズン25号本塁打を記録し、1999年のデレク・ジーターが記録した24本を越えて、球団遊撃手のシーズン本塁打記録を更新した[5]

2018年4月3日のホーム開幕戦となるタンパベイ・レイズ戦で4安打・2本塁打・8打点でチームも11-8で勝利した[23]。5月1日には10本塁打を達成し、1908年からの遊撃手でもっとも速いペースで10本塁打を達成した選手だった[24]。また、同日にアメリカンリーグの週間MVP英語版にも選出され、5月3日には4月の月間MVPに選出された[25]。レギュラーシーズンでは、シーズンで20本塁打を超える27本塁打を打ち、ヤンキースの遊撃手の連続20本塁打超えの記録を3年に伸ばした[26]。シーズン終了後の10月13日に右尺骨側靭帯損傷と診断され、同月17日にトミー・ジョン手術を受けた[27]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 CIN 8 21 20 1 6 0 0 0 6 2 0 0 1 0 0 0 0 5 0 .300 .300 .300 .600
2013 ARI 103 404 357 47 90 16 3 7 133 28 0 2 2 1 37 5 6 65 4 .252 .332 .373 .704
2014 80 299 270 35 61 9 5 6 98 27 3 0 2 2 22 3 3 52 1 .226 .290 .363 .653
2015 NYY 155 578 525 57 139 24 2 9 194 56 5 3 3 6 33 0 11 85 4 .265 .318 .370 .688
2016 153 597 562 68 155 32 2 20 251 70 7 1 5 5 19 2 6 82 9 .276 .304 .447 .751
2017 136 570 534 73 153 27 0 25 255 87 3 1 0 7 25 1 3 70 7 .287 .318 .478 .796
2018 134 569 504 89 135 23 5 27 249 86 10 6 1 9 48 3 7 69 8 .268 .335 .494 .829
MLB:7年 769 3038 2772 370 739 131 17 94 1186 356 28 13 14 30 184 14 36 428 33 .267 .317 .428 .745
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



遊撃(SS) 二塁(2B) 三塁(3B)




































2012 CIN 6 8 10 0 4 1.000 - -
2013 ARI 100 152 279 13 51 .971 - -
2014 67 98 189 5 39 .983 11 13 26 1 3 .975 2 2 1 0 0 1.000
2015 NYY 155 177 430 13 77 .979 - -
2016 153 180 380 15 68 .974 - -
2017 135 144 360 9 47 .982 - -
2018 132 160 309 6 54 .987 - -
通算 748 919 1957 61 340 .979 11 13 26 1 3 .975 2 2 1 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 25 (2012年)
  • 1 (2013年 - 2014年)
  • 18 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Didi Gregorius Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2019年2月25日閲覧。
  2. ^ a b Yanks Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  3. ^ ワールドシリーズ優勝監督にジーターの後釜も ヨーロッパからメジャーに羽ばたいた選手たち ベースボールチャンネル (2015年3月8日) 2015年6月21日閲覧
  4. ^ Players by birthplace: Netherlands Baseball Stats and Info Baseball Reference (英語) 2017年6月25日閲覧
  5. ^ a b Judge hits HR No. 45 as young Yanks rake MLB.com (英語) (2017年9月20日) 2017年9月24日閲覧
  6. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup Archived 2015年2月27日, at the Wayback Machine. - IBAF
  7. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  8. ^ Mark Sheldon (2011年11月19日). “Reds add six players to 40-man roster”. MLB.com. 2014年12月13日閲覧。
  9. ^ Baker to use September callups cautiously”. MLB.com (2012年9月2日). 2014年12月13日閲覧。
  10. ^ D-backs acquire Didi Gregorius, Tony Sipp and Lars Anderson from Indians as part of three-team trade”. MLB.com D-backs Press Release (2012年12月12日). 2014年12月13日閲覧。
  11. ^ D-backs sign 20 players; renew contract for Miley”. MLB.com D-backs Press Release (2013年3月3日). 2014年12月13日閲覧。
  12. ^ D-backs announce 2013 Opening Day Roster”. MLB.com D-backs Press Release (2013年4月1日). 2014年12月13日閲覧。
  13. ^ D-backs place Aaron Hill on 15-day disabled list”. MLB.com D-backs Press Release (2013年4月17日). 2014年12月13日閲覧。
  14. ^ D-backs Reinstate Kubel, Place Gregorius on 7-day disabled list”. MLB.com D-backs Press Release (2013年4月28日). 2014年12月13日閲覧。
  15. ^ D-backs resinstate Gregorius from 7-day Disabled List; Option Marte to Reno”. MLB.com D-backs Press Release (2013年5月5日). 2014年12月13日閲覧。
  16. ^ D-backs agree to terms with 22 players”. MLB.com D-backs Press Release (2014年3月3日). 2014年3月4日閲覧。
  17. ^ D-backs announce 2014 Opening Day roster”. MLB.com D-backs Press Release (2014年3月31日). 2014年3月4日閲覧。
  18. ^ D-backs Recall Didi Gregorius From Reno; Place Cliff Pennington On Disabled List”. MLB.com D-backs Press Release (2014年6月4日). 2014年3月4日閲覧。
  19. ^ Yankees Acquire Shortstop Didi Gregorius from Arizona in Three-Team Trade”. MLB.com Yankees Press Release (2014年12月5日). 2014年12月13日閲覧。
  20. ^ Gregorius en Profar met Team Kingdom of the Netherlands naar WBC Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年1月24日) 2017年3月3日閲覧
  21. ^ Koninkrijksteam zonder Didi Gregorius in halve finale Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2017年3月20日) 2017年3月21日閲覧
  22. ^ Partners in prime: Didi, Starlin at heart of win MLB.com (英語) (2017年9月4日) 2017年9月6日閲覧
  23. ^ Didi Gregorius' 8-RBI game leads Yankees to home opener win over Rays”. MLB. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  24. ^ Didi, Votto garner Player of Week honors Retrieved May 2, 2018
  25. ^ “Didi Gregorius Captures AL Player of the Month Award”. New York Post. (2018年5月3日). https://nypost.com/2018/05/03/didi-gregorius-captures-al-player-of-the-month-award/ 2018年7月11日閲覧。 
  26. ^ http://m.mlb.com/player/544369/didi-gregorius
  27. ^ ヤンキース・グレゴリウスが右肘トミー・ジョン手術”. nikkansports.com. 2019年5月26日閲覧。

関連項目[編集]