ディミトリ・コラファス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月

ディミトリ・コラファス(Dimitri Chorafas, 1916年10月23日 - 2004年3月2日)は、ギリシャ出身の指揮者[1][2][3]。本名はディミトリス・コラファス(: Δημήτρης Χωραφάς)。

アテネ出身。地元の音楽院でヴァイオリンを専攻し、1936年から1939年までパリ音楽院に留学してアンドレ・トゥーレの下でヴァイオリンの腕を磨いた。1940年に祖国に戻って母校のヴァイオリン講師となったが、1940年代末にはパリ音楽院に戻り、アンドレ・クリュイタンスルイ・フレスティエに指揮法を学んで1951年にプルミエ・プリを取得した。以後、フランスベルギーの主要都市の歌劇場やオーケストラを中心に客演活動を通して名声を高め、1974年から1980年まで祖国のアテネ国立歌劇場の芸術監督を歴任した。

ヴェルサイユにて没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ディミトリ・コラファス - Discogs
  2. ^ Le Panthéon des musiciens”. 2018年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月18日閲覧。
  3. ^ Φτωχότερη η συμφωνική μουσική”. 2019年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月18日閲覧。