ディルソン・ヘレーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヘレーラ第二姓(母方の)はガルシアです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ディルソン・エレーラ
ディルソン・ヘレーラ
Dilson Herrera
シンシナティ・レッズ #15
Dilson Herrera on September 10, 2014.jpg
メッツ時代(2014年9月10日)
基本情報
国籍  コロンビア
出身地 ボリーバル県カルタヘナ
生年月日 (1994-03-03) 1994年3月3日(24歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
150 lb =約68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 2010年 アマチュアFA
初出場 2014年8月29日 フィラデルフィア・フィリーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア
WBC 2013年2017年

ディルソン・ホセ・ヘレーラ・ガルシアDilson Jose Herrera Garcia1994年3月3日 - )は、コロンビアボリーバル県カルタヘナ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBシンシナティ・レッズ所属。

ニューヨーク・メッツ史上初のコロンビア出身の選手である[1]

経歴[編集]

プロ入りとパイレーツ傘下時代[編集]

2010年ピッツバーグ・パイレーツと契約を結び、プロ入りを果たした[2]

2011年に傘下のルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・パイレーツでプロデビュー。65試合に出場して打率.308・2本塁打・27打点・66安打を記録した[3]

2012年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・パイレーツでプレーし、53試合に出場して打率.281・7本塁打・27打点、56安打を記録した[3]。その後、A-級ステート・カレッジ・スパイクスへ昇格し、7試合に出場して打率.321・1本塁打・2打点・9安打を記録した[3]。オフの11月に第3回WBC予選のコロンビア代表に選出された[4]

2013年はA級ウェストバージニア・パワーで好成績を記録し、チームメイトのグレゴリー・ポランコと共にオールスター・フューチャーズゲームに選出された[5]。A級ウェストバージニアでは109試合に出場し、打率.265・11本塁打・56打点・112安打を記録した[3]

メッツ時代[編集]

2013年8月27日マーロン・バードジョン・バックとのトレードで、ニューヨーク・メッツへ移籍した(後日、ビック・ブラックがメッツへ移籍した[6]。)[7]。 移籍後はA級サバンナ・サンドナッツ英語版でプレーし、7試合に出場して打率.316・0本塁打・4打点・6安打を記録した[3]

2014年はA+級セントルーシー・メッツで開幕を迎え、67試合の出場で打率.307・3本塁打・23打点・87安打を記録した[3]。その後、AA級ビンガムトン・メッツへ昇格し、61試合の出場で打率.340・10本塁打・48打点・82安打を記録した[3]8月28日ダニエル・マーフィーの怪我に伴い、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8]。翌29日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で守備に就き、メジャーデビューを果たした[9][10]。さらに30日同カードで、ジェローム・ウィリアムズからメジャー初安打を記録した[11][12]9月1日マイアミ・マーリンズ戦でヘンダーソン・アルバレスからメジャー初本塁打を放った[13]。この年コロンビア人選手で唯一メジャーデビューを果たした選手となった。メジャーでは18試合に出場しただけで、打率も.220に留まって17三振を喫したが、13安打で3本の本塁打を放ち、11打点を叩き出した。二塁手の守備は、17試合で3つも失策を喫して守備率.963だった。

2015年は31試合に出場。打率が落ちて.211となったが、19安打で7本もの長打を放った。また、メジャー初盗塁を含む2盗塁を失敗なしで決めた。守備面では29試合で二塁を守り、失策は2つに減った。

2016年3月11日第4回WBC予選のコロンビア代表に選出されたことが発表され[14]、2大会連続2度目の選出となった。5月16日に右手中指の骨折で故障者リストに入って以降、メジャーでの出場はなく、6月30日にマイナー・オプションでAAA級ラスベガス・フィフティワンズに配属された[15]

2016年シーズンも開幕からマイナー・オプションでAAA級ラスベガスに配属された[15]

レッズ時代[編集]

2016年8月1日ジェイ・ブルースとのトレードで、マックス・ウテル英語版と共にシンシナティ・レッズへ移籍した[15]8月2日にマイナー・オプションでAAA級ルイビル・バッツに配属された[15]。この年はメジャーでの出場はなく、マイナーのみでプレー。メッツ傘下時代と合算で110試合に出場し、打率.274・15本塁打・64打点・7盗塁という成績を残したが、盗塁死が9と成功数を上回った。守備では、合算で二塁手として91試合で守りに就き、6失策守備率.986を記録した。

2017年シーズンもメジャーでの出場は無く、マイナーではAAA級ルイビルでプレーし、68試合に出場して打率.264・7本塁打・42打点・2盗塁の成績を残した。また、8月には右肩を手術している。

2018年3月13日に40人枠外となり、マイナー契約に切り替わってAAA級ルイビルへ配属された[16]。シーズンでは開幕からA+級デイトナ・トーテュガスとAAA級ルイビルでプレーし、7月6日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[17]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 NYM 18 66 59 6 13 0 1 3 24 11 0 0 0 0 7 0 0 17 3 .220 .303 .407 .710
2015 31 103 90 7 19 3 1 3 33 6 2 0 0 0 11 1 2 23 2 .211 .311 .367 .677
2018 CIN 53 97 87 11 16 5 0 5 36 11 0 0 0 0 8 0 2 39 0 .184 .268 .414 .682
MLB:3年 102 266 236 24 48 8 2 11 93 28 2 0 0 0 26 1 4 79 5 .203 .293 .394 .687
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁(2B)












2014 NYM 17 29 49 3 16 .963
2015 29 53 85 2 19 .986
MLB 46 82 134 5 35 .977
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 2(2014年 - 2015年途中)
  • 16(2015年途中 - 同年終了)
  • 15(2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スラッガー編集部 『2016 MLB選手名鑑 (NSK MOOK)』 日本スポーツ企画出版社2016年2月24日。ISBN 978-4905411376。
  2. ^ Dilson Herrera firmó con Piratas El Universal CARLOS CABALLERO VILLA (2010年6月30日) 2015年2月17日閲覧
  3. ^ a b c d e f g Baseball Reference
  4. ^ 2012 Qualifier Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月24日閲覧。
  5. ^ Steven Petrella (2013年6月28日). “Polanco, Herrera on World roster for Futures Game”. MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  6. ^ Anthony DiComo; Chris Iseman (2013年8月30日). “Mets get prospect Black to complete Bucs trade”. MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  7. ^ “Pirates acquire Byrd and Buck in deal with Mets” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Pittsburg Pirates), (2013年8月23日), http://m.pirates.mlb.com/news/article/58624204/pirates-acquire-byrd-and-buck-in-deal-with-mets 
  8. ^ Anthony DiComo; Tim Healey (2014年8月29日). “Murphy's DL stint opens door for Herrera's callup” (英語). MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  9. ^ Anthony DiComo (2014年8月30日). “Herrera makes Major League debut for Mets” (英語). MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  10. ^ Saturday, August 30, 2014 Phillies 7, Mets 2” (英語). MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  11. ^ Anthony DiComo; Tim Healey (2014年8月31日). “Mets prospect Herrera collects first MLB hit” (英語). MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  12. ^ Saturday, August 30, 2014 Phillies 7, Mets 2” (英語). MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  13. ^ Monday, September 1, 2014 Marlins 9, Mets 6” (英語). MLB.com. 2015年2月17日閲覧。
  14. ^ “Managers, rosters and game schedules announced for the Mexicali and Panama City WBC Qualifiers” (英語) (プレスリリース), MLB.com, (2016年3月11日), http://m.mlb.com/news/article/167057772 2016年6月1日閲覧。 
  15. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2016年8月8日閲覧。
  16. ^ Matt Kelly (2018年3月13日). “Reds outright hobbled Herrera to Triple-A” (英語). MLB.com. 2018年3月14日閲覧。
  17. ^ Mark Sheldon (2018年7月6日). “Herrera returns to Majors for first time since '15” (英語). MLB.com. 2018年7月8日閲覧。

関連項目[編集]