ディーク・リチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ディーク・リチャーズDeke Richards, 1944年4月8日 – 2013年3月24日)は出生名Dennis Lussier[1]Deke Lussierとしても知られるアメリカ合衆国のソングライター・プロデューサー。モータウンで活躍した。[2]

プロデューサー・チームThe Clanおよびザ・コーポレーションとして知られる。後者はジャクソン5の初期のヒット曲『帰ってほしいの』『ABC』『小さな経験』『ママの真珠英語版』『きっと明日は (ジャクソン5の曲)英語版』で知られる。

伝記[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ[3]。 父は脚本家デイン・ラッシャー。

1962年の映画『Eegah』でバンド・メンバーの一人を演じ、その後芸名Deke Richardsを使うようになった。

Debbie Deanのバック・シンガーをしているときに彼女に曲を書き、シュープリームスが1966年にハリウッド劇場で歌ったときにベリー・ゴーディーと出会う。

ゴーディーは感銘を受け、リチャーズとプロデューサー・ソングライターとして契約。[3]

Jacksonsの他、ボビー・ダーリンマーサ&ザ・ヴァンデラス、The Blackberries、Stacie Johnsonなどに曲を書いた。[4]

1968年にホーランド=ドジャー=ホーランドがモータウンを去ると、シュープリームスをプロデュースする。[3]

シュープリームスのno.1ヒット"Love Child"を共作し、イギリスでトップになったダイアナ・ロスの『I'm Still Waiting』を単独で作詞作曲した。同曲は1990年代にコートニー・パインがカバーした。[5]

食道がんで2013年に逝去。享年68。[5]

参照[編集]

  1. ^ BBC News, Jackson 5 producer Deke Richards dies aged 68, March 26, 2013. Retrieved March 26, 2013.
  2. ^ “From Motown to LA, Michael Jackson left a lasting mark”. Detroit News. (2009年6月26日). http://www.detnews.com/article/20090626/ENT04/906260392/-1/rss 
  3. ^ a b c Hollywood Reporter, Deke Richards, Motown Songwriter and Producer, Dies at 68, March 25, 2013. Retrieved March 26, 2013.
  4. ^ Weaver, Tom (2005). Earth vs. the sci-fi film makers. McFarland. p. 176. ISBN 0-7864-2210-6. http://books.google.co.uk/books?id=kGLtcc_pJxQC&pg=PT186&dq=%22deke+richards%22&as_brr=3&cd=4#v=onepage&q=%22deke%20richards%22&f=false. 
  5. ^ a b The Detroit News, Deke Richards, of Motown's The Corporation, dies Archived 2014年3月22日, at the Wayback Machine., March 25, 2013. Retrieved March 26, 2013.