デインヒルダンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デインヒルダンサー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1993年1月30日
死没 2017年3月12日
Danehill
Mira Adonde
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 L.K.and K.McCreery
馬主 Michael Tabor
調教師 Neville Callaghan(
競走成績
生涯成績 11戦4勝
獲得賞金 212,559ポンド
テンプレートを表示

デインヒルダンサーDanehill Dancer)はアイルランドで生産され、調教を受けた元競走馬。引退後は種牡馬として活躍している。主な勝ち鞍は、フェニックスステークスナショナルステークス

現役時代[編集]

1995年の7月のデビュー戦を勝利すると、わずかデビュー2戦目で1ヶ月後のフェニックスステークスに勝利。続くナショナルステークスにも勝利し、アイルランドの牡馬2歳G1を総なめにする。続いてイギリスにわたり、デューハーストステークスに出走するもアルハースに2馬身差以上つけられて完敗する。

年が明けて1996年。G3グリーナムステークスを勝利し、2000ギニーに駒を進めるも6着と惨敗し、プール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)でも9着と惨敗。以後精彩を欠き、そのまま勝利を上げられずに1997年のG3デュークオブヨークステークスの7着を最後に引退した。

種牡馬時代[編集]

引退後の1998年クールモアスタッドで種牡馬入り。初年度の種付料は4000ギニー[1]とそれほど大きな期待はされていなかった。しかし、2001年に初年度産駒がデビューすると、のスプリントG1を制したChoisirなど、シャトル先のオーストラリアを中心に活躍馬を送り出し、脚光を浴びるようになる。

初年度産駒の活躍に父デインヒルの死が重なり、2003年からは父の後継として多数の有力繁殖牝馬と配合されるようになる。その結果、産駒成績はさらに向上し、英愛G1を4勝のマスタークラフツマンなど多数のG1勝ち馬を輩出。2009年には英愛リーディングサイアーにまで上り詰めた。種付料も最高で2007年2008年の11万5000ユーロ[2]と、初年度の20倍以上に上昇していた。

2014年に受胎率低下のため種牡馬引退。 2017年の3月11日~12日、老衰のため安楽死措置が取られ24歳で死亡。

産駒は短距離からマイル前後を得意とするものが目立つが、配合次第で2400メートル前後をこなすタイプも出る。

主な産駒[編集]

※G1競走(斜体はローカルグレード)の勝ち馬を生年ごとにアルファベット順で記載。

1999年産
2003年産
2004年産
2005年産
2006年産
2007年産
2008年産
2010年産
2012年産

血統表[編集]

デインヒルダンサー血統デインヒル系ダンジグ系)/Native Dancer5×5×4×5=15.63%、Natalma4×4=12.50% (血統表の出典)

*Danehill
1986 鹿毛
父の父
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
父の母
Razyana
1981 鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Spring Adieu Buckpasser
Natalma

Mira Adonde
1986 鹿毛
Sharpen Up
1969 栗毛
*Atan Native Dancer
Mixed Marriage
Rocchetta Rockefella
Chambiges
母の母
Lettre d'Amour
1979 芦毛
Caro *Fortino
Chambord
Lianga *Dancer's Image
Leven Ones b-No.22


脚注[編集]

  1. ^ ユーロ換算で約5080ユーロ。
  2. ^ ただし、2009年と2010年はプライベート(非公表)で、実際の価格は11万5000ユーロを超えていたと推測される。

参考[編集]