デイヴィッド・ベノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
デイヴィッド・ベノワ
David Benoit
David Benoit.jpg
デイヴィッド・ベノワ(2007年)
基本情報
出生名 David Bryan Benoit
生誕 (1953-08-18) 1953年8月18日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
ジャンル ジャズフュージョンスムーズジャズ
職業 ピアニスト/キーボーディスト作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1976年 -
レーベル AVI、GRPピークヘッズ・アップ
公式サイト www.benoit.com
ビル・エヴァンスラムゼイ・ルイス、ヴィンス・ガラルディ

デイヴィッド・ベノワ[1]David Benoit1953年8月18日 - )は、アメリカカリフォルニア州出身のジャズフュージョン界で活躍するピアニスト作曲家音楽プロデューサー

L.A.(西海岸)スタイル・フュージョンを代表するピアニストでもある。またグラミー賞ノミネート歴5回。

略歴[編集]

15歳の時にジャズ・ピアニスト、ラムゼイ・ルイスのアルバム『The in Crowd』(1965年、Chess)に感銘を覚え、音楽家への道を目指した。18歳の誕生日に、ポリネシアン・ルームという店でピアノを弾く仕事をもらったのがキャリアの始めだと彼はいう。1年後にはハリウッドに移り、雇われミュージシャンになって結婚式での演奏や譜面書きなどの様々な仕事をこなしていった。この時にサックス奏者ダグ・リチャードソンの推挙でAVIレコードとの契約に至る。そして1977年にアルバム『Heavier Than Yesterday』でデビュー。以降アルバムを定期的に発表。中でも1985年発表のアルバム『ジス・サイド・アップ』は『ビルボード』誌のコンテンポラリー・ジャズ・チャートで首位を取る(収録曲の「Linus and Lucy」「Beach Trails」はニッポン放送斉藤由貴 ネコの手も借りたい」のそれぞれOP・EDに使用され、局には曲名問い合わせが殺到したという)。同年には日本のキング・レコード傘下のレーベルであるエレクトリックバードの企画で、AVI期のセルフ・カバー・アルバム『サマー』を発表している。

1987年にGRPレコードに移籍、アルバム『フリーダム・アット・ミッドナイト』を発表し、タイトル曲が大ヒットとなる。彼の日本人の妻に捧げた曲「Kei's Song」を収録している。1989年には、個人名義ではないが、スヌーピーチャーリー・ブラウンでおなじみの漫画『ピーナッツ』の生誕40周年記念アルバムに寄せたコンピレーション・アルバム『ハッピー・アニヴァーサリー、チャーリー・ブラウン&スヌーピー!』に参加し、「Linus and Lucy」が大ヒットした。その縁あって1992年から2006年のTVスペシャルで劇伴を担当することになり、ガラルディの遺した楽曲を再アレンジする他に自作の曲も複数提供した。『ピーナッツ』の50周年目にあたる2000年と同年2月12日に死去した作者チャールズ・M・シュルツに対する追悼の意も込められた記念アルバム『ヒアズ・トゥ・ユー、チャーリー・ブラウン&スヌーピー〜50グレイト・イヤーズ!』を発表し、このアルバムにはコーラス・グループのTAKE 6やギタリストのマーク・アントワン、トランペッターのクリス・ボッティ等が参加している。また2008年には企画第3弾目となる『ジャズ・フォー・ピーナッツ〜チャーリー・ブラウン&スヌーピー・TVテーマ』を発表。ヴィンスの楽曲が3曲、ベノワのオリジナル楽曲が3曲、新録された。それ以外に、ウィントン・マルサリス・セプテットデイヴ・ブルーベックケニー・Gによる音源、ヴィンスによるオリジナル・ヴァージョンの「Linus and Lucy」も収録されている。

ジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスを敬愛しており、エヴァンスに捧げたアルバム『ビル・エヴァンスからの手紙』(1992年)も発表している。

フィル・ストリングスを取り入れた楽曲も多く、ロンドン交響楽団の参加による『アメリカン・ランドスケープ』(1997年)や、『オーケストラル・ストーリーズ』(2005年)ではシンフォニーが大々的にフィーチャーされている。ベノワ自身もシンフォニー・アルバムを出すのは夢だったという。

ザ・リッピントンズのリーダーでありギタリストのラス・フリーマンと親交が深く、お互いのアルバムで共演していることも多く、2人の合作によるアルバム『ミラージュ』(1994年)、『ストラッティン』(2004年)もザ・ベノワ・フリーマン・プロジェクト名義でリリースしている。この2作目の合作のアルバムよりフリーマンのレーベルピーク・レコードに移籍。このレーベルでの1枚目のソロ・アルバムは先に述べた『オーケストラル・ストーリーズ』であり、クラシック音楽をリスペクトしていることもうかがえる。このアルバムには阪神・淡路大震災の復興イベントに提供した組曲「Kobe (神戸)」を収録している。

2006年6月に発売の『フル・サークル』は活動30年周年を迎えたアルバムとなる。「30年の間にストレート・アヘッド・ジャズ、フュージョン、交響楽R&Bと手を広げてきた。このアルバムは自分のルーツであるコンテンポラリー・ジャズに回帰したものだ」(編訳)とベノワがこのアルバムのノーツで言っている。30年を節目と捉え、また新たなステップへ進もうとしている意欲が見られ、旧知のジェフリー・ウェーバーに加えポール・ブラウンジェフ・ローバーをプロデューサーに迎えていることからもうかがえる。2006年5月に来日公演した時に「日本の漫画が好きだ」と語っており、このアルバム収録の「Yusuke the Ghost」は『幽☆遊☆白書』の主人公、浦飯幽助をモチーフにしたものであることからもその関心の深さを知ることができる。同年にトリオ編成でスタンダード・アルバム『Standards』を発表。2008年にはカバー・アルバムとなる『ヒーローズ』を発表した。マイケル・ジャクソンエルトン・ジョン等のポップな楽曲の他、デイヴ・グルーシンホレス・シルヴァーデイヴ・ブルーベック等のジャズの楽曲をカバーしている。

2009年にはヘッズ・アップに移籍、翌年に『アースグロウ』を発表する。

2011年よりカリフォルニア州ロングビーチのラジオ局「KJAZZ」の朝の番組のホストを務めている。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • Heavier Than Yesterday (1977年、Blue Moon)
  • Can You Imagine (1980年、Blue Moon)
  • Stages (1982年、Blue Moon)
  • Digits (1983年、Blue Moon)
  • Christmas Time (1983年、Blue Moon)
  • Waves of Raves (1984年、AVI, Blue Moon)
  • 『サマー』 - Summer (1986年、Electric Bird)
  • 『ジス・サイド・アップ』 - This Side Up (1986年、En Pointe/Spindletop)
  • フリーダム・アット・ミッドナイト』 - Freedom at Midnight (1987年、GRP)
  • 『エヴリ・ステップ・オブ・ザ・ウェイ』 - Every Step of the Way (1988年、GRP)
  • 『アーバン・デイドリームス』 - Urban Daydreams (1988年、GRP)
  • 『ビル・エヴァンスに捧ぐ』 - Waiting for Spring (1989年、GRP)
  • 『インナー・モーション』 - Inner Motion (1990年、GRP)
  • 『シャドウズ』 - Shadows (1991年、GRP)
  • 『ビル・エヴァンスからの手紙』 - Letter to Evan (1992年、GRP)
  • 『シェイクン、ノット・スタード』 - Shaken Not Stirred (1994年、GRP)
  • 『ミラージュ』 - The Benoit/Freeman Project (1994年、GRP) ※with ラス・フリーマン
  • The Stars Fell on Henrietta (1995年、Varèse Sarabande) ※サウンドトラック
  • 『リメンバリング・クリスマス』 - Remembering Christmas (1996年、GRP)
  • 『アメリカン・ランドスケープ』 - American Landscape (1997年、GRP)
  • 『プロフェッショナル・ドリーマー』 - Professional Dreamer (1999年、GRP)
  • Great Composers of Jazz (2000年、Vertical Jazz/Fine Tune)
  • 『ヒアズ・トゥ・ユー、チャーリー・ブラウン&スヌーピー〜50グレイト・イヤーズ!』 - Here's to You, Charlie Brown: 50 Great Years! (2000年、GRP)
  • 『ファジー・ロジック』 - Fuzzy Logic (2002年、GRP)
  • 『ライト・ヒア、ライト・ナウ』 - Right Here, Right Now (2003年、GRP/Universal/Verve)
  • 『ストラッティン』 - The Benoit/Freeman Project 2 (2004年、Peak) ※with ラス・フリーマン
  • 『オーケストラル・ストーリーズ』 - Orchestral Stories (2005年、Peak/Universal)
  • 『チャーリー・ブラウン・クリスマス〜40周年記念』 - 40 Years: A Charlie Brown Christmas (2005年、Concord/Peak)
  • 『フル・サークル』 - Full Circle (2006年、Concord/Peak)
  • Standards (2006年、Kind of Blue) ※with ブライアン・ブロンバーグ、グレッグ・ビソネット
  • 『ヒーローズ』 - Heroes (2008年、Concord/Peak)
  • 『ジャズ・フォー・ピーナッツ〜チャーリー・ブラウン&スヌーピー・TVテーマ』 - Jazz for Peanuts (2008年、Concord/Peak)
  • アースグロウ』 - Earthglow (2010年、Concord/Heads Up/Peak)
  • カンヴァセーション』 - Conversation (2012年、Heads Up)
  • 『2イン・ラヴ』 - 2 in Love (2015年、Concord) ※with ジェーン・モンハイト
  • Believe (2015年、Concord) ※デイヴィッド・ベノワ・トリオ名義
  • The Steinway Sessions (2017年、Steinway)
  • So Nice! (2017年、Shanachie) ※with マーク・アントワン
  • David Benoit and Friends (2019年、Shanachie)
  • It's a David Benoit Christmas! (2020年、Steinway)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デヴィッド・ベノワ」の表記もある。