デイヴ・パーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイヴ・パーナー
Dave Pirner
Dave Pirner 2.jpg
デイヴ・パーナー(2010年)
基本情報
出生名 David Pirner
生誕 (1964-04-16) 1964年4月16日(53歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州グリーンベイ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
職業 ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルギタートランペットドラムス
活動期間 1981年 - 現在
共同作業者 ソウル・アサイラム

デイヴ・パーナーDave Pirner、1964年4月16日 - )は、アメリカ合衆国ソングライター歌手音楽プロデューサーで、オルタナティヴ・ロックソウル・アサイラムリード・ボーカルである[1]

初期の活動[編集]

パーナーはウィスコンシン州グリーンベイで生まれた[1]。17歳のときにミネソタ州ミネアポリスへ移り、ドラムスの演奏を独学で学んだ[1]。20歳のときに、ラウド・ファースト・ルールズという名のミネアポリスのパンク・ロック・バンドにドラマーとして加入し、カール・ミュラー(ベース)、ダン・マーフィー(ギター)と一緒に演奏した。パーナーはリズムギターとボーカル担当へ転向し、代わりにパット・モーリーがドラマーとして加入した[1]。モーリーは後にグランド・ヤングに交代し、バンドの名前はソウル・アサイラムへ変更した[1]。何年間か合衆国内をツアーで回って一部の熱心なファンを獲得したが、商業的にはあまり成功しなかった。パーナーはバンドのソングライターを担当し、1990年にはミネアポリスのメタル・バンドの Cope de Grace のアルバム『Cope De Grace』のプロデュースを務めた。

成功期[編集]

ソウル・アサイラムは、1992年にシングル「Runaway Train」を発表して劇的か成功を遂げ、続いてシングル「Black Gold」とアルバム『Grave Dancers Union』もヒットした。バンドの知名度が向上したため、パーナーはポール・ウェスターバーグ(リプレイスメンツ)、ジェイソン・カラバン、マイク・ワット、ジ・オータム・ディフェンス[1]、ヴィクトリア・ウィリアムスなど様々なジャンルのアーティストのアルバムにゲスト出演するようになった。また、ブロンドのぼさぼさのドレッドヘアであるパーナーが多く出演することで、ファンや評論家はグランジ・ロック・シーンと結びつけた。

1999年までにソウル・アサイラムは 3作のアルバムを発表して活動を休止した。しかし、4年後にバンドは再結成し、曲の制作を始めた[1]。ベーシストのカール・ミュラーは、2005年6月17日に食道癌により42歳で死去した。ミュラーの死の翌年、ソウル・アサイラムはミュラーに捧げられたアルバム『The Silver Lining』を発表した。このアルバムに収録された曲のおよそ半分は、ミュラーの演奏が使用された。ソウル・アサイラムは、パーナー(ギターとボーカル)、ダン・マーフィー(ギター)、マイケル・ブランド(ドラムス)、そしてミュラーに代わって加入したトミー・スティンソン(ベース)という新しいラインアップでツアーを行った。2012年7月17日にはアルバム『Delayed Reaction』を発表した。

パーナーは1994年の映画『バック・ビート』のサウンドトラックのために結成されたオールスターバンドのメンバーでもあった[2]。また、ケヴィン・スミス監督の1997年の映画『チェイシング・エイミー』の音楽をパーナーは担当した[3]

2002年にはパーナーは最初のソロ・アルバム『Faces & Names』を発表した[1]。さらに、ザ・ホールド・ステディが2006年に発表したアルバム『Boys and Girls in America』の収録曲「Chillout Tent」に、パーナーはゲスト・ボーカルとして参加した[4]

パーナーはルイジアナ州ニューオーリンズバイウォーターで暮らしていて、ニューオリンズにレコーディング・スタジオを保有している。

ディスコグラフィ(ソロ)[編集]

  • Faces & Names (2002年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Deming, Mark. “Dave Pirner > Biography”. allmusic. 2013年2月8日閲覧。
  2. ^ Hodgkins, Charles. “Backbeat Band > Biography”. allmusic. 2013年2月8日閲覧。
  3. ^ 映画 チェイシング・エイミー”. allcinema. 2013年2月8日閲覧。
  4. ^ Jurek, Thom. “Boys and Girls in America - The Hold Steady > Review”. allmusic. 2013年2月8日閲覧。