デオキシグアノシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デオキシグアノシン
IUPAC名 2-アミノ-9-[4-ヒドロキシ-5-(ヒドロキシメチル)オキソラン-2-イル]-3H-プリン-6-オン
別名 dG
識別情報
CAS 638
PubChem 638
MeSH Deoxyguanosine
SMILES NC1=Nc2[n](cnc2C(=O)N1)
[C@H]3CC(O)[C@@H](CO)O3
特性
分子式 C10H13N5O4
モル質量 267.242
特記なき場合、データは常温(25 °C)・常圧(100 kPa)におけるものである。

デオキシグアノシン(Deoxyguanosine、dG)は、ヌクレオシドの一つ。グアノシンに構造が似ているが、リボースの2'位の酸素原子が除去されてデオキシリボースになっている。5'位にリン酸が結合した場合、デオキシグアノシン一リン酸(Deoxyguanosine monophosphate)となる。

関連項目

  • デオキシアデノシン
  • チミジン
  • デオキシウリジン
  • デオキシシチジン

今日は何の日(2月17日

もっと見る