デクセリアルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デクセリアルズ株式会社
Dexerials Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6746
1987年7月 - 1999年12月28日
東証1部 4980
2015年7月29日上場
本社所在地 日本の旗 日本
141-0032
東京都品川区大崎1-11-2
ゲートシティ大崎イーストタワー8F
設立 2012年(平成24年)6月20日
(株式会社VGケミカル)
業種 化学
法人番号 4010001147620
事業内容 電子部品、接合材料、光学材料などの製造・販売
代表者 一ノ瀬隆(代表取締役社長)
資本金 159億6300万円
発行済株式総数 6366万8000株
売上高 連結:700億7900万円
単体:629億9700万円
(2018年3月末日現在)
経常利益 連結:56億8200万円
単体:53億9000万円
(2018年3月末日現在)
純利益 連結:34億2600万円
単体:35億3300万円
(2018年3月末日現在)
純資産 連結:499億2100万円
単体:426億7700万円
(2018年3月末日現在)
総資産 連結:949億6900万円
単体:875億5700万円
(2018年3月末日現在)
従業員数 連結:1,981人,単体:1,585人
(2018年3月末日現在)
決算期 3月31日
会計監査人 PwCあらた有限責任監査法人
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(9.43%)
積水化学工業株式会社(7.92%)
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(6.56%)
主要子会社 Dexerials America Corporation
Dexerials Europe B.V.
外部リンク デクセリアルズ株式会社
特記事項:旧法人の設立は1962年(昭和37年)3月5日
テンプレートを表示

デクセリアルズ株式会社は、粘着テープ、接着剤などを製造する日本の企業である。かつてはソニーグループの一員であったが、2012年(平成24年)9月に日本政策投資銀行ユニゾン・キャピタルグループの投資ファンドとが出資する持株会社に売却された。2015年(平成27年)7月、東証1部に再上場を果たした。

概要[編集]

前身のソニーケミカルは東証2部に上場していたが、2000年1月に実施された株式交換によりソニーの完全子会社となり、上場廃止。2006年7月1日にソニーケミカルを存続会社としてソニー宮城と合併し、ソニーケミカル&インフォメーションデバイス株式会社へ社名変更した。ソニーグループからの離脱とともに、2012年9月に現社名に変更した。デクセリアルズとは、dexterousとmaterialsとを組み合わせた造語(かばん語)である[1]

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年)3月5日、ソニーケミカル設立。
  • 1987年(昭和62年)7月、東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 1990年(平成2年)11月、ソニー根上設立。
  • 1999年(平成11年)12月28日、ソニーケミカル上場廃止。
  • 2000年(平成12年)1月、株式交換により、ソニーケミカルはソニーの完全子会社となる。
  • 2000年(平成12年)4月、ソニー宮城設立。
  • 2002年(平成14年)4月、ソニー根上を吸収合併。ソニーケミカルの根上事業所に。
  • 2006年(平成18年)7月、ソニーケミカルがソニー宮城を吸収合併し、ソニーケミカル&インフォメーションデバイスに社名変更。
  • 2012年(平成24年)9月、ソニーケミカル&インフォメーションデバイスは、日本政策投資銀行とユニゾン・キャピタルグループの投資ファンドとが出資するファンド傘下の持株会社・VGケミカルの完全子会社となり、(旧)デクセリアルズに社名変更。
  • 2013年(平成25年)3月、VGケミカルが(旧)デクセリアルズを吸収合併し、デクセリアルズに社名変更。
  • 2015年(平成27年)7月29日、東京証券取引所市場第一部に再上場。

[編集]

  1. ^ デクセリアルズ株式会社 事業開始について(2012年10月1日付けニュースリリース)