デジタル・カーホンE401 HYPER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
NTTドコモ デジタル・カーホンE401 HYPER
キャリア NTTドコモ
製造 デンソー
発売日 1998年3月20日
概要
音声通信方式 mova
(800MHz)
形状 自動車電話
サイズ 184 × 67 × 62 mm
質量 450 g
連続通話時間 取付車両に依存
連続待受時間 取付車両に依存
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
なし
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
なし
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

デジタル・カーホンE401 HYPER(デジタル・カーホン イー にー まる はち ハイパー)は、デンソー製のNTTドコモ携帯電話(mova)回線を使う自動車電話端末である。

概要[編集]

基本的には、受話器及び受話器の置台で構成された電話機「E002」と、通信ユニットの「E401」で構成される。

本機には、ドコモの自動車電話で初めて「DoCoMoアプリケーションカード(ICカード)」が採用された。 また、後に販売されたE208ではICカードは採用されなかったので唯一の採用になった。 ICカードに、自分の電話番号・発着信履歴・電話帳などを保存する。 ICカードは置台に差し込んで使用する。 差し込まない場合には情報は表示されない。

E208が登場した後にも販売が継続され、2007年までは少数ながら製造を継続。 E208と共にNTTドコモから最後まで販売されていた自動車電話になった。

受話器「E002」仕様[編集]

括弧外は受話器及び置台、括弧内は受話器のみの仕様である。

  • 高さ - 62mm(38mm)
  • 長さ - 166mm(166mm)
  • 幅 - 67mm(67mm)
  • 質量 - 450g(260g)

歴史[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本ケータイ大図鑑 1979→2005』(ケータイBEST Vol.25 特別付録小冊子、ソフトバンク パブリッシング)