デジモンストーリー 超クロスウォーズ レッド/ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
デジモンストーリー
超クロスウォーズ レッド/ブルー
ジャンル 育成RPG
対応機種 ニンテンドーDS
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1人
メディア 1GbitDSカード
発売日 日本:2011年3月3日
テンプレートを表示

デジモンストーリー 超クロスウォーズ レッド/ブルー』は2011年3月3日にバンダイナムコゲームスより発売されたニンテンドーDS用のゲームソフト。「デジモンストーリー」シリーズの第4作目となる作品。

概要[編集]

デジモンストーリー」シリーズの第4作目となる作品であり、アニメ「デジモンクロスウォーズ」のゲーム作品であり、アニメのキャラクターが多く登場。 基本的なシステムは過去のデジモンストーリーを継承しているものの、「デジモンクロスウォーズ」の世界観に合わせ、進化・退化システムが廃止。 代わりに、特定のデジモン同士を組み合わせる事で新たなデジモンが誕生する「デジフュージョン」や、戦闘中に特定のデジモン同士を組み合わせる事で強力な必殺技を放つ「デジクロス」といった新システムが搭載。

また、倒したデジモンが落とすデジメロディを再生する事で生まれたデジモンを仲間にする事ができる。 「リロードチャレンジ」では、公式サイトなどで配信されているデジメロディを利用して取得する事も可能。

レッド版とブルー版の2つのバージョンが存在し、登場するキャラやデジモン、サブクエストの内容などが一部異なっている。

システムボイスは工藤タイキ(声-高山みなみ)によるものとなっている。


ストーリー[編集]

デジタルワールドの平和のため戦い続けるチーム「クロスハート」のジェネラル・工藤タイキとシャウトモン、その仲間達。 ある日、不思議なメロディに導かれ、「エルエストウゾーン」へと飛ばされてしまう。 そこで、謎のデジモン・スパーダモンとの出会いをきっかけに、タイキ達は新たな戦いに巻き込まれていく。

登場人物[編集]

工藤タイキ
本作の主人公。中学1年生でクロスハートのジェネラルでもある。
困っている人やデジモンを見ると放ってはおけない性格。
シャウトモン
タイキのパートナーでデジモン側の主人公。
「デジモンキング」になる事が夢。
陽ノ本アカリ
タイキの一つ年下の幼馴染。よく無茶をするタイキのサポートなども行う。
剣ゼンジロウ
自称「タイキの永遠のライバル」。本作ではアカリと共にタイキのサポートに回る。
スパーダモン
エルエストウゾーンで出会ったデジモン。記憶を失っている。
甘い物が大好きで、プレッシャーに弱い。
アニメ版にも登場するが、設定は異なる。
天野ネネ
クロスハートに協力する美少女ジェネラルだが、本作では何故か記憶を失っており、敵対する。
 レッド版にのみ登場。
蒼沼キリハ
クロスハートに敵対するチーム「ブルーフレア」のジェネラル。目的は不明だが、スパーダモンを狙っている。
 ブルー版にのみ登場。