デストロイ アンド レボリューション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デストロイ アンド レボリューション
ジャンル サイエンス・ファンタジー
青年漫画
漫画
作者 森恒二
出版社 集英社
掲載誌 週刊ヤングジャンプ
レーベル ヤングジャンプ・コミックス
発表号 2010年47号 - 2016年48号
発表期間 2010年10月21日 - 2016年10月27日
巻数 全9巻
話数 全76話
テンプレート - ノート

デストロイ アンド レボリューション』(Destroy and Revolution)は、森恒二による日本漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、2010年47号から2016年48号まで連載された。単行本は全9巻[1]。3巻までの累計発行部数は26万1千部[2]

ストーリー[編集]

この世界を恨んでいた田中マコトはひょんなことから「ワンネス」の能力者に目覚める。既存のシステムの破壊と再生を目論んでいたユウキがマコトの能力を見込んだことをきっかけに手を組み、テロ組織「問う者」を結成する。マコトは「革命」を掲げ日本国政府を相手にテロ活動を決行していく。

登場人物[編集]

田中マコト
18歳。高校を2年留年している。校内であまり目立たない存在。父親は経営していた工場が潰れその工場で首吊り自殺、母親は工場の借金に追われながら働いていたがマコトが中学になる前に失踪した。その後祖母とアパートで二人暮らしをしていたが、その祖母も他界し、天涯孤独の身となる。両親が残した数百万の借金がある。小中生の頃からいじめを受け続け、偏頭痛不登校になり、フリースクール精神科の病院を行き来する毎日を送った。その不登校時に診療所で出会った謎の男に接触した際に「ワンネス」の能力に目覚める。その後自身の能力についてユウキに打ち明ける。前述の過去によって、社会を憎んでいたことも相まって、ユウキの考えに同調し、共にテロ組織「問う者」を結成し、ワンネスの能力による破壊活動の役割を担う。生活費を稼ぐために同級生の小島ナオコの父親が経営している酒屋でアルバイトをしている。
ナオコと二人でいるところを不良グループに襲われ、ナオコを助ける為にワンネスの力を使ったことで、ユウキに腹の内を見透かされ、問う者のメンバーから外れる。
大槻が暴走した際には一時的に協力するが、その後のユウキの活動についていけなくなり、対立を深めていく。
ユウキ
マコトの友人で同級生。マコトと同じく高校を2年留年している。校内で知らない人間がいないほどの有名人で男女に関わらず友達も多い。校内全員の個人情報を把握している。留年した理由は色々な噂があるが詳細は不明。裕福な家に生まれ何不自由なく育っており、実家から離れたマンションで一人暮らしをしている。母親は他界しており、父親とはうまくいっていない。政治や経済等、世界が抱えている山積した問題に対して憂い、マコトにテロ思想を打ち明ける。マコトもまた能力について打ち明け、テロ組織「問う者」を結成する。マコトに頼みワンネスの能力を得ようと試みるも失敗し3日間の昏睡状態に陥るが、大槻との一件を機に、自身も気づきを経て能力を駆使するようになる。問う者の具体的な活動を決めるリーダー的役割を担っている。
小島ナオコ
マコトの同級生。父親が酒屋を経営している。「問う者」の活動を快く思っていない。母親は既に他界している。不幸ごとが重なっても明るく生きようとする姿勢はマコトの考えに影響を与えた。
工藤陽子
「問う者」の一員。
母親がヤクザの愛人であり、そのことがきっかけで周囲から蔑まれる。男に会った際に怒りをぶつけるつもりでいたが、普通の優しい中年の男性であったことから、怒りの矛先を失い、やがて自身の境遇は社会が悪いと考えるようになり、後にユウキと出会い、問う者の一員となった。
ワンネスの能力は持たず、補佐的な役割を担う。
大槻純一郎
「問う者」の一員。眼鏡をかけた理性的な青年。物理学を専攻している。マコトによる「気づき」の儀式によってワンネスの能力に目覚める。マコトが「問う者」のメンバーから離脱した後、破壊活動を担当していたが、ワンネスの万能感によって理性を保てなくなり、問う者の意思を無視して活動するようになりやがて暴走し、ユウキとも対立するようになる。陽子曰く優しく温厚だったのは弱かったからであって、ワンネスが表の顔を取り払ったという。
中村
警察官。国家公務員一種をトップの成績で通過し、他国で犯罪心理学の学位をいくつも修めているエリートキャリア。新人という理由で周りからは見下されているが、刑事部から出向してきた岩木からは一目置かれている
岩木
警察官。刑事部から出向している。中村に一目置き、彼女と行動を共にする良きパートナーとなる。

用語[編集]

ワンネス(気づき)
能力者の視界に入っている物を触れずに一掴みほど熱で収縮したような形にして能力者の手の中に転移させる超能力。見えているものならば、建物の鉄骨などの内部の物を抜き取れるので、何度も繰り返すことで建物を倒壊させることも出来る。逆に能力者の手の中にあるものを送り込んで遠くにある物質と融合させることも出来る。使用時には耳鳴りのような高い音が発生し、何度も使用すると能力者は疲弊する。能力者は「気づき」の儀式によって他人にワンネスを覚醒させることも出来る。その際には自我を捨てて精神を委ねなければならないため、強烈な自我を持つ者は能力者になりにくく、失敗すれば昏睡状態に陥るか、精神に破綻をきたしてしまう。またその能力は世界と1つになることによってもたらされているので能力者同士は他の能力者がワンネスを使う時にその使用意図や感情が通じ合い大凡の所在位置も感じ取れる。これはワンネスの覚醒に失敗して生還した者も同様である。
ワンネスの力を更に得ると、意識した場所に自分自身を転移させることができる。

書誌情報[編集]

  • 森恒二 『デストロイ アンド レボリューション』 集英社ヤングジャンプ・コミックス〉、全9巻
    1. 2011年4月30日第1刷発行(4月28日発売[集 1])、ISBN 978-4-088-79135-7
    2. 2011年12月24日第1刷発行(12月19日発売[集 2])、ISBN 978-4-088-79237-8
    3. 2012年9月30日第1刷発行(9月28日発売[集 3])、ISBN 978-4-088-79394-8
    4. 2013年5月31日第1刷発行(5月29日発売[集 4])、ISBN 978-4-088-79548-5
    5. 2013年12月24日第1刷発行(12月19日発売[集 5])、ISBN 978-4-08-879723-6
    6. 2014年7月23日第1刷発行(7月18日発売[集 6])、ISBN 978-4-08-879872-1
    7. 2015年7月22日第1刷発行(7月17日発売[集 7])、ISBN 978-4-08-890231-9
    8. 2016年6月22日第1刷発行(6月17日発売[集 8])、ISBN 978-4-08-890388-0
    9. 2017年1月24日第1刷発行(1月19日発売[集 9])、ISBN 978-4-08-890652-2

脚注[編集]

  1. ^ 集英社BOOKNAVI
  2. ^ デストロイ アンド レボリューション 作 森恒二BOOK.asahi.com 2013年3月31日

出典[編集]

以下の出典は『集英社BOOK NAVI』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。