デセグノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デセグノ(Desegno、エスペラント語で「デザイン」の意味)とは、1936年に創刊された、多摩帝国美術学校(現在の多摩美術大学)図案科会の機関誌。1939年までに10号が刊行された。以降は、同年創刊の『多摩美術』に吸収された形になったと推測される。

その創刊には初代校長・杉浦非水のもと、図案科の教授であった新井泉(あらい・せん、1902年 - 1983年)がかかわっている。なお、新井泉は杉浦が設立した「七人社」(他のメンバーは、久保吉朗、須山浩、小池巌、原万助、岸秀雄、野村昇)にも参加している。

2015年、多摩美術大学の創立80周年記念事業の一環として復刻版が制作され、創立80周年記念展示にも出展された。 [1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多摩美術大学創立80周年記念事業”. www.tamabi.ac.jp. 2019年8月30日閲覧。

関連項目[編集]