デビスカップドイツ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドイツ / 西ドイツ
Flag of Germany.svg
監督 Michael Kohlmann
ITFランク 14
カラー 白と黒
初出場 1913
通算参加年数 81
通算成績 220 (142-78)
ワールドグループ
出場年数
34(32-30)
デ杯優勝 3 (1988, 1989, 1993)
準優勝 2 (1970, 1985)
最多勝利 ゴットフリート・フォン・クラム (82–19)
シングルス最多勝利 ゴットフリート・フォン・クラム (58–10)
ダブルス最多勝利 ゴットフリート・フォン・クラム (24–9)
最多勝利ペア Hans-Jürgen Pohmann &
Jürgen Fassbender (13–3)
最多試合出場 Wilhelm Bungert (43)
最多年出場 Wilhelm Bungert (14)

デビスカップドイツ代表Germany Davis Cup team)はドイツテニス協会(Deutscher Tennis Bund)によって構成されるテニス国別対抗戦デビスカップドイツ代表チームである。当記事ではかつてのデビスカップ西ドイツ代表についても記載する。なお、東ドイツはデビスカップの代表を組んだことがない。

最近の代表選手[編集]

デビスカップ2017ベルギー戦出場選手

優勝成績[編集]

結果 選手 ラウンド/相手
優勝 1988年 ボリス・ベッカー
Eric Jelen
Carl-Uwe STEEB
Patrik Kühnen
決勝:4-1 スウェーデン
優勝 1989年 ボリス・ベッカー
Eric Jelen
Carl-Uwe STEEB
Patrik Kühnen
決勝:3-2 スウェーデン
優勝 1993年 Patrik Kühnen
ミヒャエル・シュティヒ
Marc-Kevin Goellner
Carl-Uwe STEEB
決勝:4-1 オーストラリア

年度別成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
1R SF QF QF 1R QF 1R 1R QF 1R 1R 1R

主な歴代選手[編集]

選手 勝利数 シングルス
勝利数
デビュー
ゴットフリート・フォン・クラム 82 58 1932
ヘンナー・ヘンケル 49 33 1935
Wilhelm Bungert 66 52 1958
Christian Kuhnke 51 35 1960
Inge Buding 36 26 1961
ボリス・ベッカー 54 38 1985
ミヒャエル・シュティヒ 35 21 1990
トミー・ハース 22 19 1998
ニコラス・キーファー 12 10 1998
ライナー・シュットラー 9 9 1999
フロリアン・マイヤー 9 9 2004


監督[編集]