デビスカップ1900

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

1900年8月8日-10日にかけて行われた、第1回 デビスカップ(当時の名称:International Lawn Tennis Challenge, 国際ローンテニス・チャレンジ)に関する記事。

デビスカップの始まり[編集]

「デビスカップ」という大会名称は、カップ寄贈者のドワイト・デービスにちなんでつけられたものである。第1回デビスカップは、アメリカマサチューセッツ州ボストン市内にある「ロングウッド・クリケット・クラブ」で、アメリカとイギリスの2か国によって行われ、最初の代表選手は3名ずつ選ばれた。最初期のイギリス・チームは「イギリス諸島」(British Isles) というチーム名であり、1912年までこの名称でデビスカップに出場した。

1901年のデビスカップは8月1日に予定されていたが、両国の都合がつかなかったため、第2回開催は1902年8月6日-8日に持ち越されることになる。

第1回大会の1900年から1939年までは、大会の正式名称は「インターナショナル・ローンテニス・チャレンジ」(International Lawn Tennis Challenge)であった。日本語版ウィキペディア記事では、すべてのイベントを「デビスカップxxxx」として記載する。

代表選手[編集]

試合結果[編集]


アメリカ合衆国
3
ロングウッド・クリケット・クラブ(マサチューセッツ州ボストン)
1900年8月8-10日

イギリス諸島
0
1 2 3 4 5
1 アメリカ合衆国
イギリス
ドワイト・デービス
アーネスト・ブラック
4
6
6
2
6
4
6
4
   
2 アメリカ合衆国
イギリス
6
1
6
3
6
2
     
3 アメリカ合衆国
イギリス
ドワイト・デービス / ホルコム・ウォード
アーネスト・ブラック / ハーバート・バレット
6
4
6
4
6
4
     
4 アメリカ合衆国
イギリス
ドワイト・デービス
アーサー・ゴア
9
7
9
9
      途中
終了
5 アメリカ合衆国
イギリス
マルコム・ホイットマン
アーネスト・ブラック
          開催
中止

(すでにアメリカが3試合先勝していたため、第4試合は第2セットの途中で打ち切った。したがって、公式記録は「アメリカの3勝0敗」となる)

参考資料[編集]

  • 公式サイト 参考資料はすべて公式サイトから引き出せるが、様々な種類の資料を見いだせることから、各記事中にも直接関連するリンクを掲載する。
  • 第1回試合結果
  • 1901年の予定 開催予定日だった「1901年8月1日」が分かる。
  • イギリス諸島 (1900年-1912年まで)