デビスカップ2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2015 デビスカップ
概要
期間 3/6 – 12/29
第104回
優勝
優勝国  イギリス
2014
2016

デビスカップ2015は第104回のデビスカップであり、3月から11月にかけて世界各地で開催された男子テニスの大会である。

ワールドグループ[編集]

出場チーム

アルゼンチン

オーストラリア

ベルギー

ブラジル

カナダ

クロアチア

チェコ

フランス

ドイツ

イギリス

イタリア

日本

カザフスタン

セルビア

スイス

アメリカ合衆国

シード[編集]

  1.  フランス (準々決勝)
  2.  スイス (1回戦)
  3.  チェコ (1回戦)
  4.  セルビア (準々決勝)
  5.  アルゼンチン (準決勝)
  6.  イタリア (1回戦)
  7.  アメリカ合衆国 (1回戦)
  8.  カナダ (準々決勝)

ドロー[編集]

  1回戦
3月6日-8日
準々決勝
7月17-19日
準決勝
9月18-20日
決勝
11月27日-29日
                                     
1   フランス 3  
  ドイツ 2  
  1   フランス 1  
    イギリス 3  
7   アメリカ合衆国 2
  イギリス 3  
    イギリス 3  
    オーストラリア 2  
3   チェコ 2  
  オーストラリア 3  
    オーストラリア 3
    カザフスタン 2  
6   イタリア 2
  カザフスタン 3  
    イギリス 3
    ベルギー 1
  ブラジル 2  
5   アルゼンチン 3  
  5   アルゼンチン 4
  4   セルビア 1  
  クロアチア 0
4   セルビア 5  
  5   アルゼンチン 2
    ベルギー 3  
  日本 2  
8   カナダ 3  
  8   カナダ 0
    ベルギー 5  
  ベルギー 3
2   スイス 2  



決勝[編集]

決勝はパリ同時多発テロ事件以来、ベルギーでは最高の厳戒態勢の中ヘントで開催され、イギリスが1936年以来となる10度目の優勝を果たした。


ベルギー
1
ベルギー ヘント フランダース・エキスポ[1]
11月27–29日
屋内・クレー

イギリス
3
1 2 3 4 5
1 ベルギー
イギリス
3
6
1
6
6
2
6
1
6
0
 
2 ベルギー
イギリス
ルーベン・ベーメルマンス
アンディ・マレー
3
6
2
6
5
7
     
3 ベルギー
イギリス
4
6
6
4
3
6
2
6
   
4 ベルギー
イギリス
3
6
5
7
3
6
     
5 ベルギー
イギリス
ルーベン・ベーメルマンス
カイル・エドマンド
          開催
中止


ワールドグループプレーオフ[編集]

初戦敗退の8チームと地域グループ勝ち抜け8チームが9月18-20日まで実施。勝利国が翌年のワールドグループに昇格、または残留、敗戦国が地域グループ1に降格、または残留となる。ドローは7月21日にロンドンのITF本部で行われた。

ホーム Score ビジター 開催都市 会場 ドア サーフェス
 インド 1–3  チェコ ニューデリー R.K. Khanna Tennis Complex 屋外 ハード
 スイス 4–1  オランダ ジュネーヴ パルエキスポ 屋内 ハード
 ロシア 1–4  イタリア イルクーツク バイカル・アリーナ 屋内 ハード
 ウズベキスタン 1–3  アメリカ合衆国 タシュケント Olympic Tennis School 屋外 クレー
 コロンビア 2–3  日本 ペレイラ Club Campestre 屋外 クレー
 ドミニカ共和国 1–4  ドイツ サントドミンゴ Centro Nacional de Tenis del Parque del Este 屋外 ハード
 ブラジル 1–3  クロアチア フロリアノーポリス Costão do Santinho 屋外 クレー
 ポーランド 3–2  スロバキア グディニャ グディニャ・アリーナ 屋内 ハード
  •  ポーランドがワールドグループに昇格
  •  ブラジル がグループⅠに降格

脚注[編集]