デビッド・アルダナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デビッド・アルダナDavid Aldana, 1949年11月26日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタアナ出身の元オートバイレーサーである。ダートトラックレースロードレースで活躍した。

経歴[編集]

アルダナはそのワイルドなライディングスタイルと奇抜なレーシングウェアによって、1970年代のAMAグランドナショナル選手権において最も華やかなレーサーの一人として記憶されている[1]モトクロスやスピードウェイレースを含む、ほとんどあらゆるカテゴリのレースに出場経験を持つライダーである[1]

1970年、BSAのマシンでAMAグランドナショナル選手権にデビューしたアルダナは、ルーキーでありながらタイトル争いに絡む活躍を見せた[1]サクラメントのマイルレースでのクラッシュによって3戦を残してタイトルの望みを絶たれてしまったものの、3勝を挙げてランキング3位に食い込んだのである[1]。優勝かリタイヤか、という派手なレース運びは多くのファンを獲得した。

また、自らデザインした、前面に骸骨をあしらったレザースーツでも有名である。このスーツは悪趣味であるとの物議を醸し、AMAのオフィシャルはアルダナがこのスーツを着用してレースに出場するのであれば1ポイントを剥奪するとの宣言まで出した[1]

1970年代後半になるとアルダナは活躍の場をロードレースに集中させるようになった。

1975年にはロードレースにおける米英対抗戦であるトランス・アトランティック・マッチレースにアメリカチームのエースとして出場し初勝利に貢献した[2]

1975年からスズキワークスライダーとして走った後、1980年には若きエディ・ローソンのチームメイトとしてカワサキAMAスーパーバイクチームに加わった。

また、ホンダ・ワークスの一員としてボルドール24時間を初めとするFIM世界耐久選手権にも出場した。1981年にはマイク・ボールドウィンとのペアで鈴鹿8時間耐久レースに優勝している[3]

8耐にはその後も出場しており、1982年の豪雨の中のレースではホームストレートで転倒、濡れた路面を滑走してメインスタンド前を駆け抜けるというシーンを演じた(転倒にもかかわらずレースは6位完走)[4]

アルダナはいくつかの大きな国際レースに出場するかたわらAMA選手権で通算4勝を挙げ、1999年にはAMAモーターサイクル殿堂入りを果たした[1]

戦績[編集]

鈴鹿8時間耐久ロードレース[編集]

車番 ペアライダー チーム マシン 予選順位 決勝順位 周回数
1979 5 ディル・シングルトン チームホンダ・アメリカ ホンダ・RS1000 5 Ret 138
1980 16 デビッド・エムディ モリワキ・レーシング カワサキ・Z1 2 Ret 74
1981 1 マイク・ボールドウィン ホンダ・フランス ホンダ・RS1000 6 1 199
1982 12 ウェス・クーリー ヨシムラ・テスタロッサ伊太利屋 ヨシムラ・テスタロッサ 4 6 116
1983 8 クリスチャン・ルリアール ホンダ・ELF 9 Ret 32
1984 10 ブルース・サス ホンダ・VF750F 61 Ret 34

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f David Aldana at the Motorcycle Hall of Fame
  2. ^ Classic Racer, September/October 2008, Issue 133, p. 36, William Gibbons & Son, Wolverhampton. ISSN 1470-4463
  3. ^ 鈴鹿サーキット#鈴鹿8耐#第4回大会1981年
  4. ^ ヨシムラジャパン#RACE#歴史1982

関連項目[編集]