デビッド・オリバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デビッド・オリバー Portal:陸上競技
David Oliver.jpg
選手情報
フルネーム デビッド・オリバー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 110m障害走
生年月日 (1982-04-24) 1982年4月24日(37歳)
身長 188cm
体重 93kg
自己ベスト 110mH : 12秒89 (2010年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
2008 北京 110mハードル
世界陸上選手権
2013 モスクワ 110mハードル
世界室内陸上競技選手権大会
2010 カタール 60mハードル
編集 テンプレートのヘルプを表示する

デビッド・オリバー(David Oliver、1982年4月24日 - )は、アメリカ合衆国の陸上競技選手。2008年北京オリンピックの銅メダリストである。

経歴[編集]

オリバーは、110mハードルを専門とする選手である。2006年にIAAFゴールデンリーグベルリン大会で勝利し頭角を現すと、2007年には全米室内の60mハードルで2位、全米選手権で3位となり、大阪の世界陸上にコマを進める。しかし、大阪では準決勝敗退に終わった。

2008年はさらに力をつけ、全米室内60mハードルで優勝。5月にはカタールドーハで12秒95の自己ベストを達成。そして、7月にはオリンピック選考をかねた全米選手権でも12秒95(追風参考)でアメリカの1位でオリンピック出場を決めた。なお、このとき準決勝でも追風3.2mの中12秒89を記録している。

北京では、優勝候補の中国劉翔がリタイアし、金メダルの可能性も高まったが、13秒18で3位となり銅メダル獲得にとどまった。

自己ベスト[編集]

  • 110mハードル - 12秒89(2010年7月16日、世界歴代4位)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
2006 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 110mハードル 5位 13秒24
2007 世界陸上選手権 大阪(日本) 110mハードル 4位(sf) 13秒42
2008 世界室内選手権 バレンシア(スペイン) 60mハードル 4位(sf) 7秒65
2008 オリンピック 北京(中国) 110mハードル 3位 13秒18
2008 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 110mハードル 1位 13秒22
2010 世界室内選手権 ドーハ(カタール) 60mハードル 3位 7秒44
2011 世界陸上選手権 大邱韓国 110mハードル 4位 13秒44
2013 世界陸上選手権 モスクワロシア 110mハードル 1位 13秒00
2015 世界陸上選手権 北京中国 110mハードル 7位 13秒33
  • sfは準決勝