デビルマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
デビルマン
DEVILMAN
監督 那須博之
脚本 那須真知子
製作 冨永理生子
松井俊之
北﨑広実
製作総指揮 泊懋
出演者 伊崎央登
伊崎右典
酒井彩名
宇崎竜童
阿木燿子
音楽 安川午朗
主題歌光の中でhiro
配給 東映
公開 日本の旗 2004年10月9日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 10億円[要出典]
興行収入 5.2億円[1]
テンプレートを表示

デビルマン』(DEVILMAN)は、2004年10月9日東映系公開の日本特撮映画永井豪漫画デビルマン』の実写映画化作品で、PG-12指定

概要[編集]

「原作漫画の完全実写映画化」というキャッチフレーズのもと、制作費10億円[2]をつぎ込みVFXをふんだんに用いて製作された。当初、公開は2004年5月頃を予定したが「驚異の映像をふんだんに駆使し、満足のいくクオリティーに仕上げる事」を確約するため10月に延期した。特撮映画・テレビを手掛ける東映と、アニメを手掛ける東映アニメーションがタッグを組んで特撮シーンが製作され、それを「T-Visual」と名づけて売り出した。先にアニメによる作画を行い、それにしたがってCGに動きをつけたり、CGカットの中に一瞬だけ手描きの絵が挿入されたりと「アニメと実写の融合」という新しい表現を試みている。

序盤(粗筋)[編集]

不動明飛鳥了は幼少からの親友。昔から共に海岸で砂山を作り、共に絵本を読み、二人は友で在り続けていた。了は昔から少々個性的で、神話の類の怪物を好み、「お前(明)も俺達の仲間になれ」と明によく話し掛けていた。その個性は暴力性も内包し、明を嗜虐的に扱った者には、指を切り落とす等の過激な報復を与えていた。

そんな了がある日、明に自身の父が死んだと伝え、明に父の最期の映像を見せる。するとその中で父はデーモンなる悪魔に研究施設の人間が取り憑かれ、次々に変貌していくというのだ。了の父もその一人だった。了は明を自宅に招き、変わり果てた父の姿を明に見せる。悲鳴を上げる明。畳み掛けるように了は自分も取り憑かれたと明に伝える。自分を殺して欲しいと了は明に伝えるが、明は友は殺せないと激昂する。その隙を突くかのように、精子の様な球体に変化した悪魔アモンが明に取り憑いてしまう。

凄まじい熱気で明の装いは破れ、煙の中から現れたのはアモンに酷似した悪魔の姿だった。そこに多重人格のデーモンが一体出現し、「勇者アモンが復活した」と喜びの旨を目の前のアモンと思しき生物に投げ掛ける。しかし、振り向いたその生物から、人間の存在をデーモンは感じとる。

不動明はアモンの精神に打ち勝ち、悪魔の体を支配したのだ。人間の心に悪魔の体を持つ、デビルマンの誕生である。了は親友・不動明に対し、祝福の言葉を投げる「ハーピーバースデー!デビルマン!!」と。

中盤[編集]

デビルマンとなった不動明は所以が不明の異常な闘争本能に身体を犯されていた。何故自身が此れ程迄に何者かとの戦闘を欲しているのか疑問に思う明。其様中、明の欲望をアモンの欲望と捉え、感知したシレーヌと呼ばれるデーモンが天空から月に照らされ舞い降りる。

明を嘗ての己の恋人、勇者・アモンとして扱うが、明はアモンの記憶が無い事をシレーヌに伝える。 明に手を差し伸べるシレーヌ。付いてくる様に明に対してシレーヌは要求する。明はシレーヌの手を取り、空に舞い上がる。直後、幼馴染みの牧村美樹が明を呼びに二回に上がるが、其処には月に照らされ輝いている羽跡が只有る丈であった。

シレーヌに同行し、自分がデビルマンとして新たに誕生した場所へ到着した明。既に人間から離れた形貌に変化している明だが、アモンの記憶は蘇らない。シレーヌは不動明が人間であると確信。態度を一転させ、明に襲い掛かる。シレーヌと明は戦闘を開始。暫くの後、シレーヌは飛行形態を採り、明も完全なデビルマンの姿となる。二体の怪物は屋根を破り、空高く舞い上がる。

月光が照らし出す中、空中で熾烈な闘いを繰り広げる両者。摩天楼を飛び交い、物体に衝突すれど闘いは終わらない。立体的な戦闘を展開する双方だが、シレーヌの鉤爪がデビルマン(不動明)の腹部を抉り取る。明は呻きながら墜ちて行く。デビルマンの力が抜け、人間の姿に戻った不動明は、シレーヌが己(明)の頭を潰そうとする素振りを見せる中、彼女を怒鳴り付ける声を聞き、其の声の主・飛鳥了を目視しながら眠り落ちて行った。

目が覚めると、シレーヌは消え失せていた。明の親友・飛鳥了と会話する中、明は自身の存在について懊悩と葛藤を始める。最中、彼の瞳から涙が生まれる。了は其れを見た直後、デーモンは泣かない故に明はデビルマンであるとの励ましを明に送る。明の心理状態はその言葉で回復した。

その後日、暴行事件が発生。明は助けようとするが、了は被害者となりつつある人々を慢侮し、明へ不干渉を推奨する。しかし明はデビルマンの力を使い、其の暴力が吹き荒れる現場に乱入する。暴漢達は既にデーモン化し、其処には暴漢に死に物狂いで抵抗する人々が。その中には嘗て不動を蹂躙していた不良達も。明は身体を部分的に変化させながら各々の状況に応じて、柔軟に対応して行く。その場を完全制圧した明を凝視する不良達。彼らは漸く救済者の正体に気付いた。


終盤(結末)[編集]

評価とその背景[編集]

『デビルマン』が公開された2004年には他にも『CASSHERN』(4月)、『キューティーハニー』(5月)、『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』(8月)と往年の人気漫画・TVアニメをVFXを用いて実写化した映画が公開された。それらの評価はまちまちであるが『デビルマン』はその中でも特別に評価が低く、多くの酷評が寄せられた。

映画評論家の前田有一は本作を「ポスターだけはいい映画」として100点満点中2点と評し[3]、作家の山本弘も自身の公式ホームページで冗談めかしながらも「僕はこれから映画を作ろうという人間すべてにこの映画を観せるべきやと思う。だってこの映画を観たら、娯楽映画を作る際に、何をやったらあかんかがよく分かるやろ?それさえ守れば、駄作が作られる可能性が極端に減らせると思うねん。」と述べている[4]。また唐沢俊一もこの作品を「事故」にたとえ、野次馬気分で見に行く映画であると指摘した。第14回東京スポーツ映画大賞特別作品賞において、審査委員長の北野武は「映画『デビルマン』は『みんな〜やってるか!』『シベリア超特急』『北京原人 Who are you?』に続く映画史に残る四大おバカ映画。酔っ払って見たらこれ以上のものはない」と述べた[5]。その他にも各新聞・各種の映画サイトで酷評が寄せられ、最低映画を決定する「文春きいちご賞」(週刊文春主催)の2004年度で1位を獲得、同趣旨の第1回「蛇いちご賞」(スポーツ報知)でも作品賞に選ばれた。

これらの評者が挙げる批判点としては以下のものがある。

  • 主演の伊崎兄弟をはじめとしたメインキャストに演技経験が皆無か乏しいタレント[注 1]が大量に起用され、その様子は「学芸会」と評された[3][注 2]
  • 原作の話の筋を短い上映時間につめこんだ。
  • 登場人物たちの理解不能な行動がある。
  • 小林幸子[注 3]ボブ・サップ小錦などの有名人のカメオ出演に全く意味がなく話の緊張感を削ぐだけになっている。
  • CGしか迫力が無い。
  • 公開前のポスターと全く違うシレーヌのデザインは多くの批判を浴びた。

結局、製作費10億に対して興行収入は5.2億[1]と興行的にも大失敗に終わった。2005年4月にはDVDが発売された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

ソフト化[編集]

東映ビデオより発売。

  • DEVISUAL ver.0 デビルマン解体新書 -シレーヌ編-(DVD1枚組、2004年9月21日発売)
  • デビルマン 通常版(DVD1枚組、2005年4月21日発売)
  • デビルマン プレミアムセット(DVD2枚組、2005年4月21日発売・初回限定生産)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 多くがインタビューなどで「演技は初めて」と述べている。
  2. ^ ただし、川本巳依子(ミーコ)を演じた渋谷飛鳥だけは例外で、「原作を知らなかったから、ミーコになりきるために原作を読んで役に臨んだ」とコメントしたことが、「プロの鑑」などと好意的に受け止められた。
  3. ^ 小林は第14回東京スポーツ映画大賞特別作品賞の表彰式においてビデオレターを寄せた際に「突然呼び出されて何が何だかわからないうちに出演することになった」旨のコメントを残している[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社、2005年、 152頁。
  2. ^ サンケイスポーツ. (2003年10月31日). 
  3. ^ a b 『超映画批評』内のデビルマンのページ
  4. ^ 『山本弘のSF秘密基地』内の「『デビルマン』は映画ファン必見だ!」
  5. ^ a b 第14回東京スポーツ映画大賞 授賞式の模様”. 東京スポーツ新聞社 (2005年2月6日). 2005年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。