デビー・ムーア (1933年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビー・ムーア
基本情報
本名 David Schultz Moore
通称 Springfield Rifle
階級 フェザー級
身長 159cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1933-11-01) 1933年11月1日
出身地 ケンタッキー州レキシントン
死没日 (1963-03-23) 1963年3月23日(29歳没)
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 68
勝ち 59
KO勝ち 30
敗け 7
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示

デビー・ムーアDavey Moore1933年11月1日 - 1963年3月23日)は、アメリカ合衆国男性プロボクサーケンタッキー州レキシントン出身。元世界フェザー級王者。

来歴[編集]

1953年5月11日、プロデビューし、6回判定勝ち。

1959年3月18日、43戦目で世界王座初挑戦。世界フェザー級王者ホーガン・バッセイに挑戦し、13回終了時TKO勝ちで世界王座を獲得した。同年8月19日にはバッセイと再戦し、11回終了時TKO勝ちで初防衛に成功した。

1960年8月29日、防衛戦で高山一夫と対戦し、15回判定勝ちで2度目の防衛に成功した[1]

1961年11月13日、防衛戦で高山一夫と再戦し、13回にダウンを奪うなどして判定勝ちを収め4度目の防衛に成功した[1]

1963年3月21日、ドジャー・スタジアムで行われた6度目の防衛戦でシュガー・ラモスと対戦し、10回終了時TKO負けで王座から陥落。この試合でのダメージが原因で2日後の3月23日に死亡した。29歳没。その死亡の状況は後に漫画「あしたのジョー」でも登場人物の力石徹が死亡するシーンで引用されている。また、ボブ・ディランはこの試合を題材とした「Who Killed Davey Moore?」という曲を同年に発表している。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年、186頁

関連項目[編集]

前王者
ホーガン・バッセイ
WBA世界フェザー級王者

1959年3月18日 - 1963年3月21日

次王者
シュガー・ラモス
前王者
 
WBC世界フェザー級王者

1963年2月14日 - 1963年3月21日

次王者
シュガー・ラモス