デフヘヴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デフヘヴン
Deafheaven
Deafheaven - Live 2013.jpg
2013年8月
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ブラックメタル
ポストメタル
シューゲイザー
スクリーモ
活動期間 2010年 -
レーベル アンタイ・レコード
デスウィッシュ
共同作業者 Rise of Caligula
Whirr
公式サイト http://deafheaven.com/
メンバー George Clarke (ボーカル)
Kerry McCoy (ギター)
Shiv Mehra (ギター)
Stephen Clark (ベース
Daniel Tracy (ドラムス)
旧メンバー Nick Bassett (ギター)
Trevor Deschryver (ドラムス)
Derek Prine (ベース

デフヘヴン(: Deafheaven)は、2010年に結成されたアメリカ合衆国ブラックメタル/ポストメタルバンドである。サンフランシスコを拠点にジョージ・クラークとケリー・マッコイの二人組で活動を開始し、自主制作アルバム『デモ (アルバム)英語版』を共に制作した。デフヘヴンは三人の新しいメンバーを加入させてツアーを開始した。2010年が終わる前には、バンドはデスウィッシュ英語版というレーベルと契約を結び、2011年4月にデビューアルバム『ローズ・トゥ・ユダ英語版』を発売。続いて2013年に発売された2ndアルバム『サンベイザー』は各メディアから絶賛され、バンドの地位を確固たるものにした。最新作の3rd『ニュー・バミューダ英語版』はアンタイ・レコードよりリリースされている。

デフヘヴンの音楽スタイルはブラックメタルポストメタルシューゲイザーからの影響を混ぜたものであると認識されている。

歴史[編集]

結成と『デモ』(2010年)[編集]

デフヘヴンは2010年2月に[1]ヴォーカリストのジョージ・クラークとギタリストのケリー・マッコイによってカリフォルニア州サンフランシスコで結成された。マッコイは以前はライズ・オブ・カリギュラというグラインドコアバンドで活動していた[2][3]ウィリアム・シェイクスピアソネット集29番に出てくる単語である事は分かっているにも拘わらず、クラークはどうやってデフヘヴンというバンド名に辿り着いたのかよく覚えていないという。「deaf」と「heaven」という二つの単語はスロウダイヴに対するオマージュとして使われたという[4]

バンドはその時には金銭的余裕が無かったにも拘わらず、ジャック・シャーリーに500ドルを支払って、クラークとマッコイはアトミック・ガーデン・スタジオで2010年4月に題名の無いアルバムを収録した[5]。この時二人はエレキギターを持っておらず、『デモ (アルバム)英語版』はアコースティック・ギターで作られ、スタジオに備えられていた機材を借りて収録した[5]。無題の『デモ』はデジタル・ダウンロードとカセットテープで限定数のみ発売され、伝統的なスクリーモブラックメタルポストパンクを混ぜた4曲を入れた[6]。本来は、デフヘヴンは自分達の楽曲を発表する意志は無かったが、彼らは幾つかのお気に入りのブログに送った[2][6]。『デモ』が前向きに受け容れられた後に、クラークとマッコイはベーシストのデレク・プライン、シューゲイザー・バンドの元Whirlでワー英語版のギタリストのニック・バセット[7]、そしてドラマーのトレヴァー・ディシュライヴァーという三人の追加ミュージシャンを集めて、トレヴァーはクレイグスリストに広告を出し、五人編成のバンドとなり、2010年7月に最初のライヴを始めると表明した[2][6]

デスウィッシュとの契約と『ローズ・トゥ・ユダ』(2010年–2012年)[編集]

デフヘヴンはコンヴァージのヴォーカリストジェイコブ・バノン英語版が設立したレーベル、デスウィッシュ英語版と2010年12月に契約したと発表した[8]。デスウィッシュ側からデフヘヴンに接触し、本来は『デモ』をより広い範囲でCDを発売するつもりであった。この時までには、デフヘヴンは新曲を書き終えており、デスウィッシュが『デモ』と新しい楽曲の両方をリリースするのかを尋ねた[6]。デフヘヴンがデスウィッシュから発売した最初の作品は「リバタイン・ディスソルヴズ」と「デラルス」を含んだ7インチのシングルで、この二曲はデフヘヴンの『デモ』から採用された。このシングルは限定生産され、デスウィッシュのサイトから購入した人々にランダムに贈呈された[9]

彼らのデビューアルバム、『ローズ・トゥ・ユダ英語版』はデスウィッシュから2011年4月に発売された[10]。この題名はデフヘヴンの故郷へのライトレール、N・ユダ英語版に由来し、歌詞はクラークの『イヤー・オブ・ザ・サブスタンス・アビューズ・アンド・ディボーチェリー』に関するものである[11]。『ローズ・トゥ・ユダ』はデシベルやRVAマガジン英語版から高い評価を受け[12][13]ナショナル・パブリック・ラジオピッチフォーク・メディアA・V・クラブ英語版などの雑誌やウェブサイトで数年に渡ってリストに載った[14][15][16]MSNミュージック英語版もデフヘヴンを2011年のベスト新人アーティストに指名した[17]

2012年にスペインのバルセロナでライヴを行っているヴォーカリストのジョージ・クラーク

『ローズ・トゥ・ユダ』をプロモートする為に、デフヘヴンは2011年3月にテキサス州オースティンサウス・バイ・サウスウエストで演奏を行い[2][11]、同年6月にはカナダのノイズロックバンド、ケンモード英語版と共にツアーを行い[18]、そして7月のカリフォルニアズ・サウンドやフューリー・フェスティバルで[19]、11月にはポストロックのバンド、ロシアン・サークル英語版とツアーを[20]、翌2012年2月にはヨーロッパ・ツアーを行った[21]。デフヘヴンはニューヨークのブルックリンのノースサイド・フェスティバル英語版で行われた2012年中頃のフェスティバル[22]やテキサス州オースティンで開催されたファン・ファン・ファンに参加した[23]

デスウィッシュのフリー・ライヴ・アルバムの一部として、デフヘヴンは2011年7月に『ライヴ・アット・ザ・ブラックトップ』を発売した。このアルバムにはカリフォルニア州のベルガーデンに在る、元はトラックヤードだった所が事件現場になったザ・ブラックトップで2011年1月15日に行われたライヴ全体が収められた[24]。2012年10月には、デフヘヴンはフレズナー・レコーズからアメリカのブラックメタルのバンド、ボッシュ・ドゥ・ネージュと共にEPを発売した。デフヘヴンはモグワイの「パンク・ロック」と「コーディ」をカヴァーし、シングル・トラックとして発売した[25]。この二曲はモグワイの1999年のアルバム『カム・オン・ダイ・ヤング英語版』に収められていた楽曲である。2012年にも、デフヘヴンは2010年に出していた『デモ』をサージェント・ハウス英語版からリマスターした限定盤のビニール・レコードをリリースした[26]

『サンベイザー』と新作[編集]

2011年9月の上旬に、デフヘヴンはEP、或いはフル・アルバムの為の楽曲を作っていたと発表した。この時に、マッコイは『ローズ・トゥ・ユダ』よりも「より早く、より暗く、非常に重くて遥かに実験的な曲になる」と述べていた[1]。しかし、2012年12月には、クラークは彼らの新しいアルバムはメランコリックさやブラックメタルらしさを小さくし、寧ろ「甘美でロック調、ポップ調でさえある」サウンドになったと述べた[27]。『サンベイザー』と名付けられた新しいアルバムはかつての『デモ』がそうだったように、結成当初のメンバーであるクラークとマッコイのみで書かれた[28]。しかし『ローズ・トゥ・ユダ』の時とは異なり、デフヘヴンは五人編成のバンドになっていた。クラークとマッコイは新しいドラマーのダニエル・トレイシーによってスタジオに缶詰になり[29]、トレイシー曰く「既に確立されていた楽曲の骨組みに彼独自のドラム・スタイルを導入した」[28]。アルバムの題名はクラークの完璧主義を反映させている。彼はこのアルバムについて「自然には達成し得ない豊かで美しく完璧な存在や、自分自身の失敗、人間関係の揉め事、家族の問題、死、その他によって処理しなければならない現実への闘争」を象徴とすると述べた[28]。デフヘヴンは2013年1月にジャック・シャーリーと共に『サンベイザー』を収録する為にスタジオに入り[27]、デスウィッシュから同年6月11日に発売した[30]

『サンベイザー』は発売直後から賞賛された。メタクリティックは100点満点注92点を付けた[31]。 『サンベイザー』はデシベル (雑誌)英語版[32]ノイズクリープ英語版[33]ザ・スキニー英語版スピン、そしてステレオガムによって2013年の期待されるアルバムに指名された[34]。このアルバムは同様にビルボード誌に載ったデフヘヴンの最初の作品となり、ビルボード200で130位にランキングされ、トップ・ヒートシーカーズでは2位になった[35]

『サンベイザー』のレコーディングに参加していた新しいドラマーのダニエル・トレイシーに加えて、デフヘヴンはベーシストのスティーヴン・クラークやギタリストのシャイヴ・メーラを2013年のツアーの為に加入させた[3]。結成当初からのメンバー、クラークとマッコイはバンドを去った元メンバーについて、生活上の困難や金銭的利益が殆ど無かった事を理由に挙げた[5]。『サンベイザー』を引っ提げてのデフヘヴンの最初のツアーはザ・シークレットと共に2013年4月と5月にヨーロッパとロシアで行われ[36]、その後にマリッジと共に同年6月と7月にアメリカ合衆国で行われた[37]。2014年には、デフヘヴンは1月にオーストラリア[要出典]、2月と3月にビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミーイントロノート英語版ザ・キンドルド英語版と共にサポートする予定になっている[38]

メンバー[編集]

現在のメンバー
  • ジョージ・クラーク – ボーカル (2010年 – 現在)
  • ケリー・マッコイ – ギター (2010年 – 現在)
  • スティーヴン・クラーク – ベース (2013年 – )[3]
  • ダニエル・トレイシー – ドラムス (2013年 – )[3]
  • シャイヴ・メーラ – ギター (2013年 – )[3]
元メンバー
  • ニック・バセット – ギター (2010年7月 – 2012年2月)[39]
  • トレヴァー・ディシュライヴァー – ドラムス (July 2010年7月 – 2012年)
  • デレク・プライン – ベース (2010年7月 – 2012年)
ツアー・メンバー

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム
  • ローズ・トゥ・ユダ英語版 (2011年)
  • サンベイザー (2013年)
  • ニュー・バミューダ英語版 (2015年)
  • オーディナリー・コラプト・ヒューマン・ラブ英語版 (2018年)
EPとシングル
  • デモ (アルバム)英語版 (2010年)
  • "Libertine Dissolves / Daedalus" (2011年)
  • Deafheaven / Bosse-de-Nage (2012年)
  • From the Kettle Onto the Coil (2014年)
ライヴ・アルバム
  • Live at The Blacktop (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Interviews: Kerry McCoy (Deafheaven)”. Punknews.org (2011年9月16日). 2011年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c d Hill, Ian (2011年4月9日). “Deafheaven's 'Violently Depressing' Sound Helps SF Act Build Momentum”. KQED. 2011年4月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e Kelly, Kim (2013年6月10日). “Gen F: Deafheaven”. The Fader. 2013年6月11日閲覧。
  4. ^ Miller, Robert (2012年3月19日). “On the Record with Deafheaven”. The Dropp. 2013年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月24日閲覧。
  5. ^ a b c Karim, Alee (2013年6月12日). “Interview: Deafheaven's George Clark & Kerry McCoy”. Invisible Oranges. 2013年6月22日閲覧。
  6. ^ a b c d Pessaro, Fred (2011年2月24日). “An Interview w/ Deafheaven (And a New Song & Dates Too)”. Brooklyn Vegan. 2011年2月24日閲覧。
  7. ^ Yancey, Bryne (2011年6月11日). “Whirr (Deafheaven) sign to Tee Pee Records”. Punknews.org. 2011年6月12日閲覧。
  8. ^ Yancey, Bryne (2010年12月17日). “Deathwish Inc. signs Deafheaven”. Punknews.org. 2011年4月11日閲覧。
  9. ^ Yancey, Bryne (2011年1月10日). “Deafheaven to release 'Libertine Dissolves b/w Daedalus' EP”. Punknews.org. 2011年2月24日閲覧。
  10. ^ Harris, Chris (2011年2月12日). “Deafheaven Debut Disc Due April 26”. Gun Shy Assassin. 2011年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月24日閲覧。
  11. ^ a b Macomber, Shawn (July 2011). “Deafheaven: By Demons (and Shoegaze) Be Driven”. Decibel (Philadelphia: Red Flag Media Inc.) (81): 26. ISSN 1557-2137. 
  12. ^ Mehling, Shane (June 2011). “Rock'n'Roll, Inverted”. Decibel (Philadelphia: Red Flag Media Inc.) (80): 78–80. ISSN 1557-2137. 
  13. ^ Scala, Graham (2011年4月1日). “Review: Roads to Judah”. RVA Magazine. 2011年4月25日閲覧。
  14. ^ Gotrich, Lars (2011年11月29日). “The Best Metal Albums of 2011”. NPR. 2011年12月2日閲覧。
  15. ^ Stosuy, Brandon (2011年11月28日). “The Top 40 Metal Albums of 2011”. Pitchfork. 2011年12月2日閲覧。
  16. ^ Heller, Jason (2011年12月7日). “Loud: December 7, 2011”. The A.V. Club. The Onion. 2011年12月7日閲覧。
  17. ^ Begrand, Adrien (2011年12月1日). “The Best New Bands of 2011”. MSN Music. Microsoft. 2011年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月10日閲覧。
  18. ^ KEN Mode, Deafheaven tour”. LambGoat (2011年4月4日). 2011年4月5日閲覧。
  19. ^ Kraus, Brian (2011年4月26日). “Sound And Fury Festival finalizes lineup”. Alternative Press. 2011年7月12日閲覧。
  20. ^ Kraus, Brian (2011年10月8日). “Deafhaven announce tour with Russian Circles”. Alternative Press. 2011年10月13日閲覧。
  21. ^ Kraus, Brian (2011年11月8日). “Deafhaven announce European tour”. Alternative Press. 2011年11月12日閲覧。
  22. ^ Pitckfork Staff (2012年6月14日). “Show No Mercy's Northside Showcase is Tomorrow”. Pitchfork. 2012年8月14日閲覧。
  23. ^ Paul, Aubin (2012年7月12日). “Full Fun Fun Fun Fest 2012 lineup revealed”. Punknews.org. 2012年8月14日閲覧。
  24. ^ Paul, Aubin (2011年7月28日). “Media: Deafheaven: 'Deathwish Live Series'”. Punknews.org. 2011年7月30日閲覧。
  25. ^ Okorley, Dre (2012年9月13日). “Deafheaven/Bosse-De-Nage Split EP”. AbsolutePunk. Buzz Media. 2012年9月13日閲覧。
  26. ^ Deafheaven - To Release Demo On Limited Vinyl, Writing New Album”. Metal Storm (2012年7月23日). 2013年4月3日閲覧。
  27. ^ a b Paul, Aubin (2012年12月11日). “Deafheaven to record in January”. Punknews.org. 2012年12月12日閲覧。
  28. ^ a b c Glaser, Anthony (2013年3月11日). “Interview: Deafheaven”. National Underground. 2013年4月16日閲覧。
  29. ^ Weingarten, Christopher R. (2013年4月16日). “Watch Deafheaven Record 'Sunbather,' One of 2013's Most Anticipated Metal Records”. Spin. Buzz Media. 2013年4月16日閲覧。
  30. ^ Adams, Gregory (2013年4月3日). “Deafheaven Unveil 'Sunbather'”. Exclaim!. 2013年4月3日閲覧。
  31. ^ Sunbather Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年8月28日閲覧。
  32. ^ Smith, Rod (February 2013). “The Top 20 Most Anticipated Albums of 2013”. Decibel (Red Flag Media Inc.) (100): 44. ISSN 1557-2137. 
  33. ^ Gitter, Mike (2013年1月14日). “2013: Most Anticipated Metal Albums”. Noisecreep. AOL. 2013年1月14日閲覧。
  34. ^ Staff (2012年12月24日). “The 50 Most Anticipated Albums Of 2013”. Stereogum. Buzz Media. 2013年1月14日閲覧。
  35. ^ Heaney, Gregory. “Sunbather – Awards”. Allmusic. Rovi Corporation. 2013年8月28日閲覧。
  36. ^ Paul, Aubin (2013年1月22日). “Tours: Deafheaven / The Secret (Europe)”. Punknews.org. 2013年1月23日閲覧。
  37. ^ Okorley, Dre (2013年5月14日). “Deafheaven U.S. Headlining Tour”. AbsolutePunk. Buzz Media. 2013年5月14日閲覧。
  38. ^ Adams, Gregory (2013年12月3日). “Between the Buried and Me Bring Deafheaven on North American Tour”. Exclaim!. 2013年12月4日閲覧。
  39. ^ a b c d McCoy, Kerry (2013年12月19日). “(untitled)”. Deafheaven's Blog. Tumblr. 2013年4月16日閲覧。