デメトリオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

デメトリオス (Demetrios, Δημήτριος) は、ギリシア語人名でデメテルの男性形。古代ギリシアヘレニズム世界を中心に、多く同名の人物がいる。中世以降のギリシャ語ではディミトリオスが近い転写となる。

古典古代[編集]

[編集]

マケドニア王
バクトリア王
インド王
  • デメトリオス2世 (インド・グリーク王)英語版
シリア王
  • デメトリオス1世 (セレウコス朝)英語版
  • デメトリオス2世 (セレウコス朝)英語版、デメトリオス1世の子
  • デメトリオス3世エウカイロス英語版紀元前1世紀

哲学者[編集]

著述家[編集]

文法家[編集]

  • スケプシスのデメトリオス英語版紀元前3世紀の文法家、考古学者。
  • デメトリオス・イクシオン、紀元前2世紀
  • デメトリオス、21の書簡の書き方とその模範を書いた文法学者。
  • タルソスのデメトリオス

その他の古典古代のデメトリオス[編集]

  • アロペケのデメトリオス、彫刻家
  • 美公デメトリオス(デメトリオス・ホ・カロス)、デメトリオス1世ポリオルセテスの子
  • パロスのデメトリオス、イリュリアの支配者
  • ニコメディアのデメトリオス
  • デメトリオス、美文家
  • スニオンのデメトリオス
  • デメトリオス(デメトリオ) - 『新約聖書』で言及されている銀細工職人の名およびキリスト教徒の名。

他の時代[編集]

名前の変形[編集]

テサロニケの聖デメトリオスが正教会を中心に非常に崇敬されたため、この名はスラヴ語圏で好んで使われる。変異形は、ジミトリー(ジミトリイ)、ドミトリー(ドミトリイ)など。

関連項目[編集]