デュアルパケット定額

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

デュアルパケット定額(デュアルパケットていがく)とは、ソフトバンク第三世代携帯電話SoftBank 3G専用のパケット定額制サービスである。

概要[編集]

ソフトバンクモバイルのSoftbank 3G端末への割引サービスのひとつで、パケット定額制を実現するサービスであり、2005年6月1日より開始された。

ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)では2004年11月21日より、基本プラン「バリューパックシルバー」以上の契約者を対象に、Vodafone 3G(現SoftBank 3G)端末でVodafone live!(現Yahoo!ケータイ)やメールサービスを国内で利用する場合において、月額3,900円(税抜)で定額利用が可能な「パケットフリー」を提供してきた。

一方、auWINサービスにて、通信量に関わらない一律料金ではなく、料金と通信量について最低値と最高値を設定し、その間を従量課金とする「ダブル定額」サービスを提供し、通信量の比較的少ないユーザーでもパケット定額制サービスを気軽に利用でき、いわゆるパケ死の心配が無いとして好評となっていた。

そこでボーダフォンでは、パケットフリーをダブル定額のような課金方法のサービスに改定し、名称を「デュアルパケット定額」とした。その際、適用可能な基本プランの制限も撤廃された。

PCサイトブラウザPCサイトダイレクト開始後は、PCサイトブラウザを使用した月は自動的に上限5,700円(税抜)、PCサイトダイレクトを使用した月は自動的に上限9,800円(税抜)とする形で対応した。ただし、モバイルパソコン等に接続してのデータ通信や、海外での利用については、定額制の対象外である。

  • なお現在は、受付を終了している。
新規申込終了:2007年2月28日(水)
変更申込終了:2007年5月31日(木)

料金[編集]

  • 0~20,000パケット・一律1,000円(税抜)
  • 20,000超~78,000パケットは0.05円(税抜)/パケットの従量制(未契約状態では0.2円/1パケット)

 (SMSは75%オフ)

  • 78,000パケット超は一律3,900円(税抜)。これ以降は使い放題。
  • モバイルデータ通信での利用分は定額対象外でパケット単価の割引もない(0.2円/1パケット)。

デュアルパケット定額の料金

他社の類似するサービス[編集]

尚、デュアルパケット定額は

  1. 下限が他社サービスのうち最安の「ダブル定額ライト」と同じ
  2. 上下限間のパケット単価が他社サービスのうち最安の「ダブル定額」と同じ
  3. 上限が他社サービスのうち最安の「パケ・ホーダイ」と同じ

であるためどの使用量においても他社のどのサービスの料金も上回らないようになっていた。

関連項目[編集]