デュアンテ・ヒース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デュアンテ・ヒース
Deunte Heath
埼玉西武ライオンズ #68
DeunteRaymonHeath cp 20150505.JPG
広島時代(2015年5月5日 神戸第二サブ球場で撮影)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州アトランタ
生年月日 (1985-08-28) 1985年8月28日(33歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト19巡目(全体580位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 MLB / 2012年9月1日
NPB / 2014年8月24日
年俸 1,925万円+出来高(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デュアンテ・レイモン・ヒース(Deunte Raymon Heath, 1985年8月28日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2003年MLBドラフト27巡目(全体799位)でニューヨーク・メッツから指名されたが、レイクカウンティ・コミュニティカレッジ英語版へ進学した。

2004年MLBドラフト25巡目(全体735位)でタンパベイ・デビルレイズから指名されたが、契約には至らなかった。

2005年MLBドラフト23巡目(全体703位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名されたが、テネシー大学編入した。

ブレーブス傘下時代[編集]

2006年MLBドラフト19巡目(全体580位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、8月9日に契約。

2007年、A級ローム・ブレーブス英語版でプロデビュー。A級ロームでは16試合に登板し、7月にA+級マートルビーチ・ペリカンズへ昇格。A+級マートルビーチでは11試合に登板して2勝4敗・防御率5.82・47奪三振の成績を残した。

2008年はA+級マートルビーチとAA級ミシシッピ・ブレーブスでプレー。AA級ミシシッピでは13試合に登板して4勝5敗、防御率5.56・46奪三振の成績を残した。

2009年はAA級ミシシッピとAAA級グウィネット・ブレーブスでプレー。AAA級グウィネットでは7試合に登板して0勝1敗、防御率9.64・18奪三振の成績を残した。

2010年4月8日に放出された。

ホワイトソックス時代[編集]

2010年4月22日シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ。移籍後はAA級バーミングハム・バロンズでプレーし、39試合に登板して2勝4敗2セーブ・防御率3.12・84奪三振の成績を残した。

2011年はAAA級シャーロット・ナイツでプレーし、30試合に登板して4勝7敗1セーブ・防御率4.73・117奪三振の成績を残した。オフの11月18日にホワイトソックスとメジャー契約を結び[1]40人枠入りした。

2012年3月4日にホワイトソックスと1年契約に合意[2]3月19日にAAA級シャーロットへ異動し[3]、そのまま開幕を迎えた。7月4日ジェシー・クレイン故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格した[4]が、登板のないまま8日にAAA級シャーロットへ降格[5]。ロースターが拡大した9月1日に再昇格し[6]、同日のデトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。5点ビハインドの8回裏1死から登板し、0回2/3を無安打無失点に抑えた[7]。この年は3試合に登板して防御率4.50・1奪三振の成績を残した。

2013年2月22日にホワイトソックスと1年契約に合意[8]。3月19日にAAA級シャーロットへ異動し[9]、そのまま開幕を迎えた。4月12日にメジャーへ昇格[10]4月13日クリーブランド・インディアンス戦に登板したが、1.2回を投げ1安打1失点2四球と結果を残せず、17日にAAA級シャーロットへ降格した[11]4月28日ガビン・フロイドが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格[12]。3試合に登板したが、計3回で6安打6失点6四球と良い所が見せられず、5月18日にAAA級シャーロットへ降格した[13]6月6日ジェイク・ピービーが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格し[14]、19日のミネソタ・ツインズ戦に登板したが、2回2安打3失点の乱調で、翌20日に再びAAA級シャーロットへ降格[15]。その後メジャーへ昇格することはなく、この年は5試合に登板して0勝0敗・防御率11.74・3奪三振の成績を残した。

2014年2月7日に40人枠を外れる形でAAA級シャーロットへ配属された[16]。この年はAAA級シャーロットで22試合(先発8試合)に登板して5勝1敗・防御率3.22・73奪三振の成績を残した。7月17日に放出された。

広島時代[編集]

2014年7月24日広島東洋カープとの契約が合意に達したと発表された。[17]8月30日にNPBでの初勝利を挙げた。 シーズン途中加入ながら7試合に先発して3勝0敗・防御率2.38・35奪三振と好成績を残した。

2015年は抑えに転向した。3月27日東京ヤクルトスワローズとの開幕戦で初ホールドを記録し、3月29日の対ヤクルト戦で初セーブを挙げた。4月2日横浜DeNAベイスターズ3回戦で12回に登板し、梶谷隆幸にサヨナラ安打を打たれ、来日初敗戦投手となった。 3、4月は11回1/3を投げ防御率1.59を記録するも、WHIPは2.12と走者を許す投球が目立ち5月1日に登録抹消され再調整となった。6月4日に再登録されてからは、抑えではなくビハインド時や大量リード時での起用が中心となったが、6月から8月にかけて30回を投げ防御率1.80、WHIP0.80、奪三振率11.70、K/BBは5.57を記録した。しかし、9、10月には再び走者を許す場面が目立ち、8回1/3を投げ防御率5.40、WHIP1.68と数字を落とした。結果的にシーズン43登板で、4セーブ10ホールドとシーズン前に期待された抑えとしての役割には果たせなかった。

広島退団後[編集]

2016年2月から3月にかけ、韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの入団テストを受けるも不合格。4月15日メキシカンリーグラグナ・カウボーイズと契約。5月17日にトレードで、プエブラ・パロッツへ移籍した。

2017年1月2日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだが、スプリングトレーニング中の3月28日に自由契約となった。同日中に前年在籍したプエブラ・パロッツと契約した[18]

富山時代[編集]

2018年3月9日BCリーグ富山GRNサンダーバーズと契約[19]、7試合に登板し1勝4セーブ・防御率0.00の成績を残した。

西武時代[編集]

2018年5月10日に埼玉西武ライオンズへの移籍が発表され[20]、5月15日に公示された[21]

投球スタイル・人物[編集]

最速154km/h[22]フォーシームツーシームスライダーカーブチェンジアップSFFが持ち球[23]

本人はスライダーに自信を持っており[23]、人差し指を折りたたんだナックルカーブの握りでカーブとスライダーを投げ分けている[24]

憧れの選手は、ジョン・スモルツグレッグ・マダックス

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 CWS 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 2.0 1 1 1 0 0 1 0 0 1 1 4.50 1.00
2013 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 41 7.2 8 2 12 1 0 3 1 0 10 10 11.74 2.61
2014 広島 7 7 0 0 0 3 0 0 0 1.000 171 41.2 29 3 20 0 0 35 2 2 11 11 2.38 1.18
2015 43 0 0 0 0 3 6 4 10 .333 205 49.2 43 3 19 1 0 59 2 1 14 13 2.36 1.25
MLB:2年 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 48 9.2 9 3 13 1 0 4 1 0 11 11 10.24 2.28
NPB:2年 50 7 0 0 0 6 6 4 10 .500 376 91.1 72 6 39 1 0 94 4 3 25 24 2.36 1.21
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

MLB
NPB投手記録
  • 初登板・初先発:2014年8月24日、対阪神タイガース19回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回2安打1失点7奪三振で勝敗つかず
  • 初奪三振:同上、2回表に岩貞祐太から空振り三振
  • 初勝利・初先発勝利:2014年8月30日、対中日ドラゴンズ19回戦(ナゴヤドーム)、6回1/3を3安打無失点
  • 初ホールド:2015年3月27日、対東京ヤクルトスワローズ1回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初セーブ:2015年3月29日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回無失点
NPB打撃記録

背番号[編集]

  • 60 (2012年)
  • 54 (2013年)
  • 70 (2014年 - 2015年)
  • 26 (2016年 - 同年途中)
  • 29 (2016年途中 - 2017年)
  • 43 (2018年 - 同年途中)
  • 68 (2018年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ White Sox Add Two Players to Roster”. MLB.com White Sox Press Release (2011年11月18日). 2014年7月29日閲覧。
  2. ^ White Sox Agree To Terms With 24 Players On 2012 Contracts”. MLB.com White Sox Press Release (2012年3月4日). 2014年7月29日閲覧。
  3. ^ White Sox make 14 roster moves”. MLB.com White Sox Press Release (2012年3月19日). 2014年7月29日閲覧。
  4. ^ White Sox place Jesse Crain on 15-day disabled list”. MLB.com White Sox Press Release (2012年7月4日). 2014年7月29日閲覧。
  5. ^ White Sox option Heath to Triple-A Charlotte”. MLB.com White Sox Press Release (2012年7月8日). 2014年7月29日閲覧。
  6. ^ White Sox announce six roster moves”. MLB.com White Sox Press Release (2012年9月1日). 2014年7月29日閲覧。
  7. ^ Scores for Sep 1, 2012”. ESPN MLB (2012年9月1日). 2014年7月29日閲覧。
  8. ^ White Sox agree to terms with 25 players on 2013 contracts”. MLB.com White Sox Press Release (2013年2月22日). 2014年7月29日閲覧。
  9. ^ White Sox make five roster moves”. MLB.com White Sox Press Release (2013年3月19日). 2014年7月29日閲覧。
  10. ^ White Sox Place Gordon Beckham On 15-Day Disabled List With Hamate Fracture In Left Hand; Recall Pitcher Deunte Heath From Class Aaa Charlotte”. MLB.com White Sox Press Release (2013年4月12日). 2014年7月29日閲覧。
  11. ^ White Sox recall Jordan Danks from class AAA Charlotte; option Deunte Heath to Charlotte”. MLB.com White Sox Press Release (2013年4月17日). 2014年7月29日閲覧。
  12. ^ White Sox place Gavin Floyd on 15-Day Disabled List; recall Deunte Heath from Class AAA Charlotte”. MLB.com White Sox Press Release (2013年4月28日). 2014年7月29日閲覧。
  13. ^ White Sox option Deunte Heath to Class AAA Charlotte”. MLB.com White Sox Press Release (2013年5月18日). 2014年7月29日閲覧。
  14. ^ White Sox make four roster moves”. MLB.com White Sox Press Release (2013年6月6日). 2014年7月29日閲覧。
  15. ^ White Sox option Deunte Heath to Class AAA Charlotte”. MLB.com White Sox Press Release (2013年6月20日). 2014年7月29日閲覧。
  16. ^ White Sox agree to terms with right-hander Mitchell Boggs”. MLB.com White Sox Press Release (2014年1月7日). 2014年7月29日閲覧。
  17. ^ デュアンテ・ヒース選手、選手契約合意!広島東洋カープ公式サイト
  18. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年4月28日閲覧。
  19. ^ 新入団選手のお知らせ
  20. ^ “西武、首位固めへ新助っ投 元広島のBC富山155キロ腕ヒース獲得”. スポニチアネックス. (2018年5月11日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/11/kiji/20180510s00001173384000c.html 
  21. ^ “15日の公示 中日・岡田、日本ハム・近藤ら登録”. スポニチアネックス. (2018年5月15日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/15/kiji/20180515s00001173184000c.html 
  22. ^ 広島新加入ヒース 3Aでゴメス斬ったぜnikkansports.com
  23. ^ a b デュアンテ・ヒース選手 入団記者会見!広島東洋カープ公式サイト
  24. ^ ヒース救世主だ! G3連戦3連敗ショック吹き飛ばす快勝”. スポニチ (2014年9月6日). 2014年12月17日閲覧。

関連項目[編集]