デュアン・カイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
デュアン・カイパー
Duane Kuiper
Duane Kuiper at 2012 Giants victory parade.jpg
ジャイアンツの優勝パレードにて(2012年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州ラシーン郡ラシーン
生年月日 (1950-06-19) 1950年6月19日(66歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 1972年 1月MLB二次ドラフト1巡目(全体21位)でクリーブランド・インディアンスから指名
初出場 1974年9月9日
最終出場 1985年6月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デュアン・ユージーン・カイパーDuane Eugene Kuiper, 1950年6月19日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ラシーン郡ラシーン出身の元プロ野球選手二塁手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入りとインディアンス時代[編集]

MLBドラフトでは高校時代から数えて計7度指名され、その7度目の1972年1月の二次ドラフト1巡目(全体21位)でクリーブランド・インディアンスから指名され、プロ入り。

1974年9月9日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビュー。翌1975年には途中から二塁手のレギュラーとなり、1977年に自己最多となる169安打・50打点を挙げた。またこの年8月29日シカゴ・ホワイトソックス戦でスティーブ・ストーンからメジャー生活で唯一の本塁打を放っている[1][2]1976年1979年には守備率1位を記録した[3]

ジャイアンツ時代[編集]

1981年11月14日エド・ウィットソン英語版とのトレードで、サンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍した。1985年に引退を表明した。

引退後[編集]

引退翌年の1986年よりジャイアンツ戦の解説を1992年まで務めた。翌1993年はこの年より創設されたコロラド・ロッキーズの実況アナウンサーに転じたが、1994年より実況アナウンサーとしてジャイアンツへ戻り、現在に至る[4]。現役時代もジャイアンツで同僚だった解説のマイク・クルーコウと通称「Kruk & Kuip(クルック&カイプ)」の名コンビとして親しまれている。ジャイアンツの選手が本塁打を放った時に発する「Outta Here!」のフレーズがトレードマーク。

家族[編集]

弟のグレン・カイパー英語版も実況アナウンサーであり、同じベイエリアオークランド・アスレチックスを担当している[5]

また、従兄弟に元メジャーリーガーのディック・ボスマン英語版がいる[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 CLE 10 24 22 7 11 2 0 0 13 4 1 1 0 0 2 0 0 2 1 .500 .542 .591 1.133
1975 90 388 346 42 101 11 1 0 114 25 19 18 4 0 30 0 8 26 9 .292 .362 .329 .691
1976 135 555 506 47 133 13 6 0 158 37 10 17 14 4 30 2 1 42 13 .263 .303 .312 .615
1977 148 679 610 62 169 15 8 1 203 50 11 11 21 4 37 1 7 55 9 .277 .324 .333 .656
1978 149 589 547 52 155 18 6 0 185 43 4 9 16 3 19 1 4 35 11 .283 .311 .338 .649
1979 140 528 479 46 122 9 5 0 141 39 4 9 8 0 37 7 4 27 14 .255 .313 .294 .608
1980 42 166 149 10 42 5 0 0 47 9 0 1 3 1 13 3 0 8 1 .282 .337 .315 .653
1981 72 219 206 15 53 6 0 0 59 14 0 1 4 1 8 2 0 13 1 .257 .284 .286 .570
1982 SF 107 257 218 26 61 9 1 0 72 17 2 2 4 1 32 0 2 24 8 .280 .375 .330 .706
1983 72 211 176 14 44 2 2 0 50 14 0 1 4 2 27 6 2 13 7 .250 .353 .284 .637
1984 83 130 115 8 23 1 0 0 24 11 0 1 2 1 12 5 0 10 2 .200 .273 .209 .482
1985 9 8 5 0 3 0 0 0 3 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 .600 .667 .600 1.267
通算:12年 1057 3754 3379 329 917 91 29 1 1069 263 52 71 82 17 248 27 28 255 76 .271 .325 .316 .641

背番号[編集]

  • 18(1974年 - 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ Cleveland Indians 9, Chicago White Sox 2”. Baseball-reference.com (1977年8月29日). 2017年3月3日閲覧。
  2. ^ Melissa Felkins (2014年7月18日). “Mike Krukow calls Duane Kuiper’s only home run”. Around the Foghorn.com. 2017年3月3日閲覧。
  3. ^ 出野哲也 『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』 言視社、2013年、104-105頁。ISBN 978-4-905369-67-7。
  4. ^ San Francisco Giants Broadcasters”. MLB Advanced Media. SFGiants.com. 2017年3月3日閲覧。
  5. ^ Ortiz, Jorge L. (2006年6月26日). “Work ethic makes for good TV from Kuipers”. USA Today. http://www.usatoday.com/sports/baseball/2006-06-21-kuipers-tv_x.htm 2017年3月3日閲覧。 
  6. ^ Duane Kuiper”. Baseball-reference.com. 2017年3月3日閲覧。

関連項目[編集]