デュマス・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デュマス・ガルシア
Dumas Garcia
基本情報
国籍  コロンビア
出身地 トゥリア
生年月日 (1983-07-07) 1983年7月7日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア
WBC 2013年

デュマス・J・ガルシアDumas J. Garcia1983年7月7日 - )は、コロンビアのトゥリア出身のプロ野球選手(投手)。

経歴[編集]

ピーナッツ時代[編集]

2007年に、この年アメリカ合衆国で発足した独立リーグであるサウス・コースト・リーグのサウスジョージア・ピーナッツと契約を結んだ[要出典]。この年は、20試合(14試合で先発)登板し、7勝4敗1セーブ、防御率3.44、71奪三振を記録した[1]。チームは優勝し、サウス・コースト・リーグで最初の優勝チームとなった[要出典]。しかし、このリーグは1年で解散となってしまう[要出典]

カブス傘下時代[編集]

2008年は、シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。この年は、傘下アドバンスAのデイトナ・カブス(現:デイトナ・トーテュガス)で開幕を迎えた。ここでは、19試合に登板し、3勝0敗5セーブ、防御率2.33、22奪三振を記録した[1]。その後、傘下AAのテネシー・スモーキーズに昇格した。ここでは、30試合に登板し、2勝2敗2セーブ、防御率2.89、36奪三振を記録した[1]。その後、傘下AAAのアイオワ・カブスに昇格した。ここでは、3試合に登板した[1]。同年限りで、カブスを退団した。

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2009年は、トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。この年は、傘下アドバンスAのダニーデン・ブルージェイズで開幕を迎えた。ここでは、38試合(1試合で先発)登板し、6勝2敗2セーブ、防御率2.20、36奪三振を記録した[1]。その後、傘下AAAのラスベガス・フィフティワンズへ昇格した。ここでは、2試合に登板した[1]

2010年は、前年同様に傘下アドバンスAで開幕を迎えた。ここでは、30試合(1試合で先発)登板し、3勝5敗1セーブ、防御率3.58、38奪三振を記録した[1]。その後、傘下AAのニューハンプシャー・フィッシャーキャッツに昇格した。ここでは、6試合に登板した[1]

2011年は、前年同様に傘下アドバンスAで開幕を迎えた。ここでは、32試合に登板し、2勝3敗、防御率3.00、43奪三振を記録した[1]。その後、傘下AAに昇格した。ここでは、2試合に登板した[1]。シーズン中に退団した。

レボリューション時代[編集]

2011年シーズン途中に、アトランティックリーグヨーク・レボリューションへ移籍した。ここでは、13試合(4試合で先発)登板し、2勝3敗、防御率4.70、34奪三振を記録した[1]

2012年は、27試合に登板し、1勝0敗、防御率6.00、35奪三振を記録した[1]。シーズン途中に、退団した。

ウィグナッツ時代[編集]

2012年シーズン途中に、アメリカン・アソシエーションのウィチタ・ウィングナッツへ移籍した。ここでは、3試合に先発登板し、0勝1敗、防御率11.68、14奪三振を記録した[1]。11月には、第3回WBC予選のコロンビア代表に選出された[2]

ホワイトウィングス時代[編集]

2014年は、ユナイテッドリーグ・ベースボールリオグランデバレー・ホワイトウィングスと契約を結んだ。この年は、5試合に先発登板し、4勝0敗、防御率1.97、25奪三振を記録した[1]

関連情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Baseball Reference (Minors)
  2. ^ 2012 Qualifier Roster[リンク切れ] WBC公式サイト (英語) 2015年2月24日閲覧