デュークグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デュークグランプリ
欧字表記 Duke Grand Prix[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 (1991-05-02) 1991年5月2日[1]
死没 2018年10月16日(27歳没)
登録日 1993年11月4日
抹消日 1998年12月26日
スズカコバン[1]
ソブリンテスコ[1]
母の父 テスコボーイ[1]
生国 日本の旗 日本北海道静内町[1]
生産 静内フジカワ牧場[1]
馬主 石原春夫[1]
調教師 小西一男美浦[1]
競走成績
生涯成績 中央競馬22戦6勝
地方競馬4戦3勝
[1]
獲得賞金 2億9705万1000円
 
勝ち鞍
GII 東海菊花賞 1998年
GIII 武蔵野ステークス 1997年
GIII ブリーダーズGC 1997年
テンプレートを表示

デュークグランプリ[1]とは日本競走馬種牡馬。おもな勝ち鞍に東海菊花賞(1998年)、ブリーダーズゴールドカップ(1997年)、武蔵野ステークス(1997年)など。馬名の由来は冠名「デューク」に、「最高賞」を意味する「グランプリ」。

戦歴[編集]

1994年、4歳春のデビュー後、芝・ダートを問わず掲示板(5着以内)を確保し続ける安定した内容ながらも勝ち星までには届かないレースを続け、5歳まで条件馬として過ごす。

1996年、オープン昇級後もしばらく勝ち味に遅い内容が続いていたが、翌1997年ダイオライト記念を制し初の重賞タイトルを獲得すると、それまでの停滞ぶりを晴らすかのように武蔵野ステークスブリーダーズゴールドカップと重賞3連勝を記録。ダート長距離路線の中心馬に名乗りを上げたが、このころより脚部不安が深刻化しレース間隔が空き始める。

まる1年の長期休養を経た1998年東海菊花賞にて4度目の重賞制覇を成し、前年度からの目標と陣営が掲げていた東京大賞典を視野に調整がなされていたが、その直前に再度脚部を故障、高齢のためそのまま現役引退となった。

引退後の翌1999年から静内スタリオンステーションにて種牡馬供用開始となるも、活躍馬を出せず交配数は減少。2003年をもって種牡馬を引退し、その後は故郷静内フジカワ牧場に戻り功労馬として繋養された。2018年10月16日に亡くなった。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]地方競馬全国協会[4]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量(kg) 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム差 勝ち馬/(2着馬)
1994 3. 6 中山 新馬 12 7 10 2.0 (1人) 8着 柴田善臣 55 ダ1800m(良) 2:01.6 (45.3) 4.6 エリモハヤブサ
3. 19 中山 新馬 16 2 3 11.6 (3人) 4着 岡部幸雄 55 芝2000m(良) 2:05.2 (36.5) 1.0 ゲンパチムサシ
4. 9 中山 未勝利 16 1 1 7.5 (2人) 3着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1:50.6 (37.5) 1.1 イーストバウンド
5. 1 東京 未勝利 14 2 2 3.7 (2人) 3着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1:51.8 (36.3) 0.9 フォルスドラージュ
6. 11 東京 未勝利 16 8 16 2.3 (1人) 2着 岡部幸雄 55 芝2000m(良) 2:05.3 (37.0) 1.3 クイックウエイ
6. 26 福島 未勝利 16 8 15 3.8 (2人) 5着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1:51.4 (38.4) 0.7 インターユニーク
8. 7 札幌 未勝利 10 2 2 3.4 (2人) 1着 岡部幸雄 55 ダ1700m(良) 1:47.9 (39.1) -0.7 (タケショウボーイ)
8. 27 札幌 500万下 12 6 8 3.9 (2人) 1着 加藤和宏 55 ダ1700m(重) 1:45.5 (38.5) -0.5 (キョウエイチェリオ)
9. 18 函館 みなみ北海道S 900 12 7 10 3.7 (2人) 3着 加藤和宏 54 ダ2400m(良) 2:38.5 (41.2) 0.3 ナリタファースト
10. 16 東京 900万下 12 6 7 4.8 (2人) 9着 柴田善臣 55 ダ1600m(良) 1:40.6 (39.9) 2.0 メイショウセイザン
11. 26 東京 深秋特別 900 12 4 4 5.1 (2人) 2着 岡部幸雄 55 ダ2100m(良) 2:13.1 (38.2) 0.0 ノースロイヤル
1995 1. 5 中山 成田特別 900 9 5 5 1.8 (1人) 1着 岡部幸雄 56 ダ2400m(重) 2:33.2 (37.7) 0.0 (シルクルネッサンス)
9. 3 函館 大沼S 900 10 8 10 21.0 (7人) 7着 加藤和宏 57 芝2000m(良) 2:03.7 (37.6) 1.3 インターユニーク
9. 23 函館 噴火湾特別 900 12 5 6 4.6 (2人) 10着 横山典弘 56 ダ1700m(良) 1:48.3 (39.0) 0.8 スピードアラシ
10. 15 東京 900万下 13 5 7 19.1 (7人) 2着 柴田善臣 57 ダ1600m(良) 1:37.7 (37.4) 0.1 ヴァンダムシチー
11. 25 東京 深秋特別 900 14 7 12 2.4 (1人) 5着 柴田善臣 57 ダ2100m(良) 2:13.1 (39.2) 0.5 マックスウィンザー
12. 23 中山 霞ケ浦特別 900 16 6 12 2.2 (1人) 1着 岡部幸雄 57 ダ1800m(良) 1:54.4 (38.8) -0.2 (バーナードスター)
1996 2. 3 東京 金蹄S 1500 16 4 8 4.3 (2人) 1着 岡部幸雄 55 ダ2100m(良) 2:12.3 (36.8) -0.6 (スギノガイセンモン)
3. 9 中山 マーチS GIII 14 8 13 5.2 (2人) 3着 岡部幸雄 54 ダ1800m(良) 1:53.7 (38.1) 0.4 アミサイクロン
11. 17 東京 ブラジルC OP 11 6 7 22.7 (7人) 4着 柴田善臣 56 ダ2100m(良) 2:11.3 (37.2) 0.3 メジロモネ
12. 14 中京 ウインターS GIII 16 8 15 10.5 (5人) 2着 菊沢隆徳 56 ダ2300m(良) 2:25.4 (38.7) 0.5 トーヨーシアトル
1997 3. 5 船橋 ダイオライト記念 南関G1 9 8 9 (3人) 1着 岡部幸雄 56 ダ2400m(良) 2:35.0 0.0 キョウトシチー
5. 17 東京 武蔵野S GIII 15 5 9 3.8 (2人) 1着 岡部幸雄 56 ダ2100m(稍) 2:10.5 (36.1) -0.2 (メイショウアムール)
8. 20 旭川 ブリーダーズゴールドC GII 12 3 3 (1人) 1着 田中勝春 55 ダ2300m(良) 2:28.8 -1.2 エムアイブラン
1998 8. 20 旭川 ブリーダーズゴールドC GII 12 5 6 (1人) 2着 田中勝春 56 ダ2300m(稍) 2:31.3 0.3 メイショウアムール
11. 3 名古屋 東海菊花賞 GII 12 8 12 (1人) 1着 武豊 56 ダ2500m(稍) 2:43.5 -0.1 ナリタホマレ

血統表[編集]

デュークグランプリ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ニジンスキー系
[§ 2]

スズカコバン
1980 黒鹿毛
父の父
マルゼンスキー
1974 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
*シル Buckpasser
Quill
父の母
サリュウコバン
1974 鹿毛
*ネヴァービート Never Say Die
Bride Elect
モンテホープ *ライジングフレーム
トサモアー

ソブリンテスコ
1984 芦毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
母の母
サクラビクトリー
1977 芦毛
*シーホーク Herbager
Sea Nymph
*スワンズウッドグローヴ Grey Sovereign
Fakhry
母系(F-No.) スワンズウッドグローヴ系(FN:16-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Nasrullah 5×4・5 = 12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [6]
  3. ^ [5]
  4. ^ [5][6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n デュークグランプリ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月9日閲覧。
  2. ^ デュークグランプリの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年10月9日閲覧。
  3. ^ デュークグランプリ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月9日閲覧。
  4. ^ デュークグランプリ 出走履歴”. 地方競馬全国協会. 2019年10月9日閲覧。
  5. ^ a b c 血統情報:5代血統表|デュークグランプリ|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年11月26日閲覧。
  6. ^ a b デュークグランプリの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年10月9日閲覧。