デュードネ・クイゼラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

デュードネ・クイゼラ(Dieudonné Kwizera named muvuduka 1967年8月6日- )はブルンジの陸上競技選手。専門は中距離走で主に800メートル競走で活躍した。

1987年ケニアナイロビで行われた第4回アフリカ競技大会で銅メダルを獲得、翌1988年のIAAFグランプリファイナルでもトム・マッキーン、セバスチャン・コーに次いで3位となった。世界のトップアスリートであったがIOCにブルンジが加盟していなかったため1988年ソウルオリンピック1992年バルセロナオリンピックには出場できなかった。アトランタオリンピックベヌステ・ニョンガボに出場権を譲られて1500m走に出場した。

日本では実業団チームのMDI、のちに日清食品に所属し、1989年第73回日本陸上競技選手権大会800mで優勝するなど活躍した。

自己ベスト[編集]

距離 結果 年月日 場所
400m競走 46秒49 ナイロビ 1987年8月2日
800m競走 1分45秒06 ローマ 1987年8月30日
1500m競走 3分40秒35 ブリュッセル 1994年8月19日
十種競技 5256点 Woluwe 1986年8月24日

関連項目[編集]