デリバリーヒーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
デリバリーヒーロー
Delivery Hero SE
DeliveryHeroLogo.png
種類 株式会社
市場情報 FWBDHER
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
10117
Oranienburger Straße 70, ベルリン
設立 2011年(9年前) (2011
業種 サービス業
法人番号 9011001134001
事業内容 オンラインフードデリバリー
代表者 ニクラス・エストベリ(CEO
外部リンク コーポレートサイト
テンプレートを表示

デリバリーヒーローDelivery Hero SE)は、オンラインフードデリバリーサービスを提供する多国籍企業。ドイツベルリンに本社を置き、傘下ブランドを通じて世界40カ国以上でウェブサイトおよびモバイルアプリケーションを運営している。フランクフルト証券取引所上場企業(FWBDHER)。

沿革[編集]

2007年からオンラインフードデリバリー事業を試行していたスウェーデン出身の元経営コンサルタント、ニクラス・エストベリ(Niklas Östberg)を中心として[1]、ベルリンのインキュベーターであるTeam Europeの支援のもと、2011年5月にRPG International Holding GmbHの社名で会社を設立、デリバリーサイトLieferando.deの運営を開始した[2]。会社設立当初から国際規模でのフードデリバリー事業展開を目標とし[3]、翌2012年内にスウェーデンやイギリス、ドイツの同業を買収[4]、投資家から調達した資金により、2014年6月、ウルグアイの同業PedidosYaを買収しラテンアメリカ地域に進出[5]、12月には、韓国Baedaltongの主要株主となり、運営ブランドのヨギヨを傘下に加えた[6]

2015年2月から3月にかけ、ドイツのベンチャーキャピタルのロケット・インターネット(Rocket Internet)は、デリバリーヒーローの38.5%の株式を取得し大株主となった[7]。続いて同年5月にトルコに拠点を置くYemeksepetiを5億8,900万ドルで買収し、中東地域に進出した[8]

2016年12月、東南アジアに基盤を持つ同業のfoodpanda (フードパンダ)を、ロケット・インターネットとの株式交換により傘下に加えた[9]2017年5月、南アフリカの投資会社ナスパーズが、デリバリーヒーローの株式の1割を取得[10]、6月にデリバリーヒーローは株式上場企業となったが[11]、9月にナスパーズはロケット・インターネットの保有株式を買収し、デリバリーヒーローの最大株主となった[12]

2018年12月、ドイツ国内事業をオランダの同業テイクアウェイドットコムに売却した[13][1]2020年1月、韓国の同業ウーワ・ブラザーズを買収し、運営ブランドのペミンを傘下に加えた[14]

現在、各国のデリバリーヒーロー現地法人を通じ、傘下ブランドのデリバリーサービスを統括している[15]。地域別の売上では、アジアおよび中東地域が全体の4分の3を占めている[15]

主な保有ブランド[編集]

カッコ内はデリバリーサービスが利用できる国・地域を示す[16]

  • foodpanda(日本・台湾・香港・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン・カンボジア・ラオス・ブルネイ・バングラデシュ・パキスタン・ルーマニア・ブルガリア)
  • ヨギヨ(요기요)(韓国)
  • ペミン(配達の民族、배달의민족)(韓国)
  • FoodFly(푸드플라이)(韓国)
  • Talabat(クウェート・アラブ首長国連邦・サウジアラビア・カタール・バーレーン・オマーン・ヨルダン・エジプト)
  • Carriage(アラブ首長国連邦・サウジアラビア・カタール・バーレーン)
  • InstaShop(アラブ首長国連邦・エジプト・バーレーン・レバノン・ギリシア)
  • Hungerstation(サウジアラビア)
  • Yemeksepeti(トルコ)
  • Foody(キプロス)
  • Deliveras(ギリシア)
  • efood.gr(ギリシア)
  • Donesi.com(セルビア・モンテネグロ・ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
  • Pauza.hr(クロアチア)
  • NetPincér.hu(ハンガリー)
  • DámeJídlo.cz(チェコ)
  • Mjam(オーストリア)
  • foodora(スウェーデン・フィンランド・ノルウェー)
  • PedidosYa(ウルグアイ・アルゼンチン・チリ・ボリビア・コロンビア・パナマ・ドミニカ共和国)
  • Appetito24(パナマ)
  • Domicilios(コロンビア)

日本法人[編集]

日本では2020年5月、デリバリーヒーロージャパン株式会社(Delivery Hero Japan Co.,Ltd)が設立され、同年9月17日からfoodpanda (フードパンダ) のブランドでサービスを開始した[17]。東京(六本木)にオフィスを持つ。

脚注[編集]

  1. ^ a b In welche Richtung wird Delivery Hero in Zukunft gehen, Niklas Östberg?” (ドイツ語). Gründerszene (2019年10月23日). 2020年6月20日閲覧。
  2. ^ Kurzmitteilungen: Delivery Hero, commercetools, chocri, Startup Weekend Nürnberg, Niklas Zennström” (ドイツ語). Deutsche Startups (2011年11月14日). 2020年6月20日閲覧。
  3. ^ Team Europe gründet Delivery Hero Holding” (ドイツ語). Gründerszene (2011年11月8日). 2020年6月20日閲覧。
  4. ^ Claude Ritter und Nikita Fahrenholz über ihren Gründeralltag bei Lieferheld” (ドイツ語). Gründerszene (2014年5月19日). 2020年6月20日閲覧。
  5. ^ Online Food Delivery Moves in LatAm: Delivery Hero Acquires PedidosYa” (スペイン語). LAVCA (2014年6月26日). 2020年6月20日閲覧。
  6. ^ Delivery Hero Takes Majority Stake In Its Big Rival In Korea, Baedaltong” (英語). TechCrunch (2014年12月10日). 2020年6月20日閲覧。
  7. ^ Rocket Internet Puts $586M Into Delivery Hero, Buys 9 Other Food Startups” (英語). TechCrunch (2015年2月6日). 2020年6月20日閲覧。
  8. ^ Delivery Hero Eats Up Turkey’s Yemeksepeti For A Record $589M” (英語). TechCrunch (2015年5月5日). 2020年6月20日閲覧。
  9. ^ Rocket Internet、東南アジアで展開するフードデリバリー「Foodpanda」の事業を競合のDelivery Heroに売却”. BRIDGE (2016年12月13日). 2020年6月20日閲覧。
  10. ^ Naspers invests €387M in European food delivery business Delivery Hero” (英語). TechCrunch (2017年5月13日). 2020年6月20日閲覧。
  11. ^ Delivery Hero、取引初日に時価総額が50億ドルを突破”. TechCrunch Japan (2017年7月1日). 2020年6月20日閲覧。
  12. ^ Naspers invests another $775M in food take-out giant Delivery Hero” (英語). TechCrunch (2017年9月28日). 2020年6月20日閲覧。
  13. ^ Delivery Hero sells its German business to Takeaway.com in a $1.1B deal” (英語). TechCrunch (2018年12月21日). 2020年6月20日閲覧。
  14. ^ 独デリバリー・ヒーロー、韓国食品配達ウーワを40億ドルで買収へ”. ダイヤモンド・チェーンストア・オンライン (2019年12月13日). 2020年6月20日閲覧。
  15. ^ a b Annual Report 2019 (PDF)” (英語). Delivery Hero SE (2020年4月22日). 2020年6月20日閲覧。
  16. ^ Brands” (英語). Delivery Hero SE. 2020年6月20日閲覧。
  17. ^ 独料理宅配大手、日本進出 デリバリー・ヒーロー”. 日本経済新聞 (2020年9月17日). 2020年9月17日閲覧。